横浜駅

横浜駅東口「アソビル」4階に新時代のキッズパークが開業。2019年5月、郵便局の裏に!

2019年3月15日(金)にオープン予定の「アソビル」。横浜駅みなみ東口の通路直結の複合型エンタメビルです。建物4Fには、親子で楽しめるキッズアクティビティパークが誕生します!

ただし、フロアによってオープン日が少し異なり、4Fのキッズパークは2019年5月を予定。その他は、地下1Fのバーラウンジは2019年4月5日(金)予定。

2019年3月15日(金)オープン予定のフロア
・1F:横浜駅東口POST STREET ~横浜の食と音楽を楽しめるグルメストリート~
・2F:ALE-BOX ~厳選されたエンタメ体験のセレクトショップ~
・3F:MONOTORY ~日本最大級のものづくりワークショップスペース~
・屋上:マルチスポーツコート 〜使い方自由なスポーツスペース〜
※3Fおよび屋上階は、3月1日~3月14日がプレオープン期間です。

SPONSORED LINK

PuChu!(仮称)~親子で楽しめるキッズアクティビティパーク~

PuChu!(プチュウ)(仮称)~親子で楽しめるキッズアクティビティパーク~のイメージ画像
人工知能(AI)にはない、人だけが持つ2つのスキル、「好奇心」と「創造力」を磨き、子どもの可能性を花開かせる

人にはあって、AIにはないもの。それは、未知なるものを知りたいと思う「好奇心」と、新しいものを生み出そうとする「創造力」。今まで見たことも聞いたことも体験したこともない新しい価値観や概念に出会った時、その未知なるものに興味・関心を抱き、知ろうとして行動し、体験し、そして新しい気付きを得る。
私たち人間はいつの時代も、この「好奇心」と「創造力」を武器に、既存の概念を超えるという学びのプロセスを通して、拡大・成長・発展を続けてきました。

-中略-

世界は自分で創造できる。宇宙の可能性は無限に広がっている。私たちは本来、創造的な動物です。そして生きたい人生を今この瞬間に自分で選択できます。自分の可能性を忘れてしまいがちなこんな時代だからこそ、人間本来のワクワクや好奇心(curiosity)を高め、創造力(creativity)が育まれる場作りをしたいと思い生まれたのが、このキッズパークです。

「7つの星を旅して、遊んで、創って」常識の違う宇宙・世界観に触れ、遊びながら学ぶ

子ども1人1人が宇宙を旅する冒険家となり、テーマの異なる7つの星を回って遊ぶことで、親子が一緒になって好奇心のままに楽しむことができるよう、目的をもってデザイン設計されたキッズパークです。

-中略-

枠にとらわれない、柔軟で無限の発想を生み出すために、心や知性・感性の豊かさを育てていくことの重要性が増している今、子どもの頃から本物や本質に触れることがとても大切だと考えています。そのため、当キッズパークでは、世界で活躍する一流のアーティストやクリエイター、アスリートなどを招聘し、子どもたちと共創するイベントを開催するなど、先進的な学びの場も提供していく予定です。

親目線で徹底的にこだわったパパママフレンドリーな機能設計

当キッズパークが入るアソビルは、横浜駅みなみ東口より直通、横浜駅東口から徒歩2分。駅至近でアクセスもよく、館内はベビーカー置き場やベビールームも広く設計しているためパパママフレンドリーな施設となっております。

また、事前にWEBでチケットを購入すれば、当日列に並ばずに優先入場ができる「エクスプレスパス」の導入や、キッズパーク内でも美味しいカフェやコールドプレスジュースなどが楽しめるくつろぎスペースを設けるなど、これまでのキッズパークにはないホスピタリティを重視し、お子さまだけでなくパパもママも嬉しい場づくりを目指しています。
もちろん、おむつや離乳食など子どもの物が買える自動販売機や、授乳室やおむつ替えができるスペースも、キッズパークと同フロアにご用意しているので、小さなお子様連れでも安心です。

SPONSORED LINK

今後の情報解禁について

上述のコンテンツ内容が抽象的な案内であるように、まだ具体的な詳細は公表されていません。
最初のプレスリリースのときと名称も変わっているので、(仮称)状態です。

今後の詳細については、3月以降に発表があるようなので乞うご期待ですね!楽しみです。
「アソビル」自体は、3月15日(金)オープンですが、4Fのキッズパークは5月を予定しています。

アソビルとは

横浜駅東口にある郵便局の裏の場所にできる新たな遊び施設。大人も子供も集える場所になるようです。
横浜駅周辺では、「エキサイトよこはま22」と銘打って、さまざまな場所の再開発や工事が行われています。この「アソビル」も開発想定エリア(オアシス計画エリア)に位置付けられているようで、プレスリリースの中に“事業化に支障のない期間での暫定活用を予定”と書いてあったけれど…定期建物賃貸借契約とかではないですよね…?どうなんだろ。

横浜駅東口、郵便局裏にできる「アソビル」
3月15日オープン!横浜駅直通エンタメ施設『アソビル』。リアル脱出ゲームも登場! 横浜駅直通、東口にできる複合型エンターテインメントビル『アソビル』の開業日が、2019年3月15日(金)に決定しました。 ...
横浜駅直通!東口に複合型エンタメ施設『アソビル』2019年春、誕生。子供も楽しめるエンタメ施設。横浜駅東口に横浜中央郵便局があるのをご存知ですか? その裏手に「横浜中央郵便局 別館」という建物があります。 現在、この...

 

横浜駅東口のアソビルマップ
■当記事内の文章・画像引用
アカツキライブエンターテインメント:「好奇心」と「創造力」を高める新時代のキッズパーク誕生