横浜駅

もはや最先端ウンタメ『うんこミュージアム』がアソビル横浜に誕生。2019年3月15日から期間限定

やってくれました。
2019年3月にオープンする、横浜駅東口郵便局裏の「アソビル」。テナントやイベント内容が順次発表されていますが、今回発表されたのはコレ。

固定観念を水に流せ!うんこを撮って、叫んで、戯れる「うんこミュージアム YOKOHAMA」

「なんじゃこれ……」と思った方は、ぜひ最後まで読んで下さい。

※当イベントは終了しています。1階に、うんこミュージアム公式ショップ「ナイスうんこ横浜店」がオープンしています。
横浜駅東口直通アソビル1階にできる、うんこミュージアム公式グッズショップ「ナイスうんこ横浜店」の写真スポット
うんこミュージアム公式ショップ「ナイスうんこ横浜店」が、アソビル1階にオープン。続くか心配…「ナイスうんこ横浜店」とは、うんこミュージアム発祥の地・横浜駅直通の複合型エンターテインメントビル「アソビル」1階のうんこミュージアム公式グッズショップのこと。「うんこネオン」「うんこミラー」が移設され、写真などを撮って楽しむこともできます。...

↓こちらの記事もよく読まれています。

新感覚の体験型展示「うんこミュージアム YOKOHAMA」

ここで言う「うんこ」とは、比喩でも、暗示でも、示唆でも、メタファーでもありません。
アノ「うんこ」です。
ヤツです。
茶色いアイツです。

アソビル2Fの常設体験イベントフロア「ALE-BOX (エールボックス)」にできる「うんこミュージアム」のポスター

「うんこミュージアム YOKOHAMA」は、2019年3月15日(金)から、アソビル2階「ALE-BOX (エールボックス)」内に期間限定でオープンする、「うんこ」をテーマにした世界初のアミューズメント空間です。
4つの空間で構成されていて、国籍や年齢に関係なく、うんこを通じた新しい体験を提供します。

THAT’S UNTERTAINMENT
ザッツ ウンターテイメント

この世に誕生した瞬間に流されて、消えていく。
そんな儚い運命を持つうんこが、
2019年、かつてないエンタメとして生まれ変わります。
うんこミュージアム YOKOHAMA
固定観念を水に流すこの場所で、
うんこを見て、触って、撮って、遊んで、
究極の“ウンターテイメント”をお楽しみください。

シュール。
徹底されたシュールさ。
アッパレあげたくなりますよ。

世間一般的には「うんこ漢字ドリル」でワンクッション挟んでるから、意外に受け入れられるんじゃないかと思ってます。

ただし常設ではなく、期間限定での開催となります。

開催期間:2019年3月15日(金)~7月15日(月)

SPONSORED LINK

うんこミュージアム展示エリアについて

「うんこミュージアム YOKOHAMA」の4つの空間では、様々なウンターテインメントコンテンツをご用意しております。うんこをただ見るだけではなく、触って、叫んで、戯れて、撮影もできる新感覚の体験型展示となっております。

  1. 巨大オブジェからうんこが飛び出す「うんこ広場」
  2. 可愛くてキラキラしたうんこが並ぶ「ウンスタジェニック エリア」
  3. うんこのゲームが楽しめる「ウンタラクティブ エリア」
  4. うんこの歴史や世界のうんこ事情を知ることができる「ウンテリジェンス エリア」

1番目の「うんこ広場」だけ何のヒネリもなく、直球で「うんこ広場」を名乗るあたり、ジワる。
「ウンテリジェンス」は名前ありきのコンテンツな気がするのは私だけ。

 うんこ広場(ボルケーノ)

アソビル2Fの常設体験イベントフロア「ALE-BOX (エールボックス)」にできる「うんこミュージアム」にあるうんこ広場のイメージ写真

巨大うんこオブジェからは定期的にうんこが噴火!

SPONSORED LINK

 ウンスタジェニック エリア

アソビル2Fの常設体験イベントフロア「ALE-BOX (エールボックス)」にできる「うんこミュージアム」にある、うんスタジェニックエリアのイメージ写真(引用:うんこミュージアム公式サイト)
うんスタ映えするスポットの数々。輝いたり飛び交ったり、十人十色のうんこに出会えます。
アソビル2Fの常設体験イベントフロア「ALE-BOX (エールボックス)」にできる「うんこミュージアム」にある、うんスタジェニックエリアのイメージ写真

ふつうのSNS映えでは満足できない人たちの心を満たす、フォトジェニックな空間。飛び交うシュールなうんこやカラフルに光り輝くうんこなど、さまざまなうんこを撮影してみましょう。

 ウンタラクティブ エリア

アソビル2Fの常設体験イベントフロア「ALE-BOX (エールボックス)」にできる「うんこミュージアム」にある、うんタラクティブエリアのイメージ写真(引用:うんこミュージアム公式サイト)
あなたのアクションにうんこが反応!うんこと戯れよう。
アソビル2Fの常設体験イベントフロア「ALE-BOX (エールボックス)」にできる「うんこミュージアム」にある、うんタラクティブエリアのイメージ写真

地面に映し出されたうんこを踏んづける体感ゲームや、レトロなクソゲーなど、子供心をくすぐるゲームをご用意しました。大人の方も、童心に返って全力でお楽しみください。

 ウンテリジェンス エリア

アソビル2Fの常設体験イベントフロア「ALE-BOX (エールボックス)」にできる「うんこミュージアム」にある、うんテリジェンスエリアのイメージ写真(引用:うんこミュージアム公式サイト)
世界のうんこの歴史や、著名人が描いた数々のうんこ絵画を鑑賞する知的空間。
アソビル2Fの常設体験イベントフロア「ALE-BOX (エールボックス)」にできる「うんこミュージアム」にある、うんテリジェンスエリアのイメージ写真

このアカデミックなエリアは、あなたの知的好奇心を刺激すること間違いなし。著名人の描いたうんこを鑑賞したり、自分のうんこを描いたり、世界のうんこグッズを眺めたりできます。

うんこミュージアムYOKOHAMAオリジナル楽曲

うんこミュージアムYOKOHAMA内でしか聴けないオリジナル楽曲を、水曜日のカンパネラとFrascoのタッグによる完全書き下ろしにて制作。

テーマソングのトラック制作は水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミが、ボーカルはFrascoの峰らるが担当しています。うんこミュージアムYOKOHAMAでの体験を盛り上げる、ハウスをベースとしたポップミュージックに仕上がっております。ぜひミュージアムにてお聴きください。

SPONSORED LINK

うんこミュージアムYOKOHAMA:番外編

 うんこミュージアム YOKOHAMA企画背景

アソビルは、初めて今まで見たこともない体験や、来場されたお客様に色々な「!(感嘆符)」を感じてもらう場所となることを目指しております。

一方、面白法人カヤックでは、時代を超えて普遍的な価値を持つ「うんこ」に大きなポテンシャルを感じ、2011年から「うんこ演算」、「UN高」、「うんこ名言カレンダー」などのサービスを提供しておりました。
当プロジェクトは、「うんこ」というテーマを通じて、お客様の固定観念を覆す、今までにはない体験をしてもらいたいという2社の思いが一致し、共同企画いたしました。

 ウンベルトと仲間たち

ウンベルトと仲間たち画像(引用:うんこミュージアム公式サイト)

うんこミュージアムのマスコットキャラクターのようです。
「メインのやつ、ちょっとリアリティあってキモいな…」と懸念していましたが、

うんこミュージアムの守り神、ウンベルト。便座の上で宇宙の真理に思いを馳せる哲学者でもあります。座右の銘は「漏らしても慌てない」。腰痛持ちで滅多に活動しないため、彼から生み出されたミニうんこたちが主にミュージアムの安全を守ってくれています。

>彼から生み出されたミニうんこたちが主にミュージアムの安全を守ってくれています。
でしょうね。
“かわいらしさ”がケタ違いだわ。ひと安心。

うんこミュージアム YOKOHAMA 開催概要

正式名称

うんこミュージアム YOKOHAMA(うんこミュージアム よこはま)

住所

神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9 アソビル2F ALE-BOX内

オープン日

2019年3月15日(金)~7月15日(月)

営業時間

平日(月~木)11:00~20:00 ※最終入場受付 19:30
金土日・祝前日・祝日 10:00~21:00 ※最終入場受付 20:30

定休日

不定休

展示内容

うんこ広場/ウンスタジェニックエリア/ウンテリジェンスエリア/ウンタラクティブエリア

入場方法

事前予約によるチケット制(※空き状況次第では当日券もあり)

入場時間

金土日・祝前日・祝日のみ下記時間で入場指定(入れ替え制ではありません)
(1)10:00~14:00
(2)14:00~17:00
(3)17:00~20:30

入場料金

・大人(中学生以上) ¥1,600
・子供(小学生以上) ¥900
・小学生未満 無料
※税込価格

施設面積

612.2㎡(185.2坪)

URL

https://ale-box.com/unkomuseum/

Twitter

@unko_museum2019

運営会社

株式会社アカツキライブエンターテインメント/株式会社カヤック

うんこミュージアム YOKOHAMA まとめ

この「うんこミュージアム」、すっごいバカでしょ(笑)
最初ニュースを見たときに「あれ、アソビルちょっとやらかしたのかな…」と思いました。

でも共同企画社として“面白法人カヤック”の名前を見て120%納得。
「なるほど、そういうことか」と。
本気でバカなことをする、バカなことを仕事に“できる”スピリッツはカッコいいです。業界では有名な会社なので期待しています。

「うんこミュージアム」。
さしづめ、時代を先取るウンターテイメント
オープンしたら、是非「うんこ」を体感してみたいです。

唯一の懸念点は、(事前情報だけから見るに)入場料が高い気がする…。
「うんこ1,600円は高くない!」と思える体感を期待して、オープンしたら是非とも一回行ってみたい。3歳のうんこ…むすこと。

体調に関することでもないのに、こんな「うんこ」を連発するブログは二度と書くことはないでしょうね。

↓こちらの記事もよく読まれています。

横浜駅東口アソビルの外観壁画
横浜駅からアソビルの行き方。ベビーカーや車椅子のアクセス方法も3月のオープン以来、連日の人気が続く横浜駅の新しい体験型エンタメ施設「アソビル」ですが、横浜駅からのアクセスについて何度か問い合わせとかをいただいたのでアクセスページを独立させてみました。入口は2ヶ所で、横浜駅みなみ東口通路 or 高島町側(万里橋・帷子川)になります。...
横浜駅直通アソビルで開催される「OCEAN BY NAKED(オーシャン バイ ネイキッド) 光の深海展」のイメージ画像
体験型デジタルアート「光の深海展 オーシャン バイ ネイキッド」が、横浜駅アソビルで開催!世界で連日人気を博している、デジタルで創り出す海のエンターテインメント「OCEAN BY NAKED(オーシャン バイ ネイキッド)光の深海展」が、横浜駅直通のアソビル2F ALE-BOX/エールボックスにて、期間限定開催されます。...
屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像
横浜駅のキッズパーク「プチュウ!」体験レポ!施設や予約方法、料金を紹介[アソビル4階]横浜駅みなみ東口直通の新しい体感型エンターテイメント施設「アソビル」4Fのキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」。実際に行って遊んできたので、料金や利用方法(予約方法)、アクセスについてご紹介します。...
横浜駅直通アソビル1F「横浜POST STREET」のイメージ画像
アソビル1F:横浜駅東口ポストストリート!崎陽軒シウマイBAR、丿貫新店舗など18店舗!横浜駅の、みなみ東口通路が工事で慌ただしいです。中央郵便局の裏にある別館。複合型エンタメビル「ASOBUILD(アソビル)」が2019年3月15日(金)、オープンするそうな。大人も子供も楽しめる施設になる様子で、1Fには『横浜駅東口 POST STREET』という飲食店街(18店舗予定)ができます。そしてこのたび、飲食テナント一覧が発表されたので紹介します。...
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のロゴ
【体験レポ】アソビル横浜に行ってきた!アクセスやオムツ交換場所、注意点など徹底攻略!横浜駅東口にできた、体感型エンターテイメント施設「アソビル」は絶好調じゃないでしょうか。連日オープン前から列ができています。平日もでさえも。営業時間前(オープン前)に並ぶ場所とかもご案内。当日券を持っている人と当日券売り場に並ぶ人(当日券を持っていない人)が並ぶ場所は異なります。...
アソビル

住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9 アソビル(Googleマップで見る
最寄駅:●各線 横浜駅みなみ東口通路から直通/●各線 横浜駅東口から徒歩2分
駐車場:なし
URL:https://asobuild.com/

↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です