WEBのこと

2018年7月、Googleが開始したSpeed Updateに対してやるべきこと~超初級~

2018年のアタマ頃からGoogleが予告していた、”Speed Update”。開始されて約1ヶ月が経ちました。僕が勤務するWeb制作会社のお客様にも、検索順位が著しく変動した方がいらっしゃいました。

Speed Updateとは?
読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018年7月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用・・・

要するに、サイトの読み込み速度いかんではモバイル検索の表示順位に影響しますよ~ということ。厳密に、どのくらいの速さならどのくらいの表示順位といった規定はなく、著しく読み込みが遅いサイトが対象になっています。

冒頭にあるように、このアップデートにより検索順位がドンと落ちた(と思われる)サイトは、モバイル対策が弱く、ページの読み込み速度もとても遅いサイトでした。あ、うちの会社が作ったサイトが遅い・重いというわけじゃなくて、まだWeb案件未着手のサイト様です!と正々堂々言い訳しておきます!!!

では、このGoogleによるSpeed Updateに対して何をすればいいのか?

Googleがいつも推奨していることをしておけば問題ないと思います(今のところ)。Webのリテラシーが高くなくとも、手軽にできることを書いておきます。スマホ全盛の今だからこそ、ページを開いたときに読みこみが少しでも遅いと、離脱して他のページに行きがち。僕もそうですし。訪問した閲覧者を逃さないためにも簡単に出来ることくらいはしておきましょう。

SPONSORED LINK

自分のWebサイトの読み込み速度を知る

まずは自分のWebサイトが、どれくらいの読み込み速度なのかを知りましょう。
GTmetrix

自分のWebサイトURLを打ち込むだけ。この1201ブログを調べてみると…

こんな感じ。
2017年の開設から更新をこれでもかとサボり、対策という対策をしていない状態でこの数字なら悪くない。YSlow Score=Dは要改善。

画像を圧縮する

一番手っ取り早く対応できるのはコレ。先ほどのサイトで検証すると、下の方に改善提案が出てきます。

GTmetrixの提案内容GTmetrixの提案内容

この中でも「Optimize images」を見て下さい。1201ブログの場合、B(85)です。ブログだと写真の使用が頻繁なので、画像サイズに気を付けておかないと数年後、致命的になりますよ。ここがEとかFのWebサイトはザラに見ます。まず使用している画像サイズを見直しましょう。大きければ圧縮をする。

SPONSORED LINK

圧縮方法

2つあります。お好きな方を選んで下さい。

(1)アップロードすると自動でリサイズしてくれるプラグイン「Imsanity」

WordPressでブログやWebサイトを運営している方向け。勝手にサイズダウンしてくれるので楽ですよ。設定方法などは…「imsanity 設定」とかで検索をどうぞ。

(2)オンラインで画像圧縮できる「tiny png」

WordPress利用に限らず、単純に圧縮して保存しておきたいという時にも使えます。指定の画像をドラッグ&ドロップして「ダウンロード」するだけ。
https://tinypng.com/

先ほどの判定で、低い結果が出ていれば過去の画像を全部リサイズし直そう。そして、今後アップする画像も全部気を付ける。これだけでも違います。

キャッシュの適用

これは、提案内容の1番上にある「Leverage browser caching」の項目。
インターネットって、1度見たサイトの情報はパソコンやタブレット、スマートフォン機器に記憶されるんです。そして2度目に訪問した時、機器に記憶された情報をもとにページ表示をしています。これが「キャッシュ」と言われるもの。毎回サーバーにアクセスして全情報を表示するという手間を省ける=読み込み速度がアップ。

Leverage broswer caching=ブラウザのキャッシュを活用する

そのまま。
ただ、これは簡単に出来るとしたら(WordPressを想定すると)「WP Super Cache」とかのプラグインを入れるくらいかなぁ。使い方は当然…「WP Super Cache 設定」検索を…説明放棄。

もっとやりたい、またはWordPressじゃないやり方を!という方は、「.htaccess キャッシュ 設定」などで検索してみましょう。ただし重要なのは、一つ間違うとページが表示されなくなったりするので自己責任&事前のバックアップ必須です。

プラグインの見直し

WordPressで運営している人は、プラグインを見直してみましょう。よざらんプラグインが入っていたり、重複しているものはありませんか?あとは、すでに開発がストップして互換性がなくなったり、動作していなかったりしていませんか?
不必要そうなプラグインは削除しましょう。

まとめ

Webサイトやブログの読み込み速度を改善する方法は、まだあります。ページの読み込み速度を調べるサイトも他にありますが、結果がグラフ化されて分かりやすいので初心者の方にも見やすいはずです。あとこのグラフで、DとかEだったものが、BやAに変わる喜びはオススメ(笑)

それと独自ドメインを取得して、自分でサーバーを契約している人も、サーバーによっては速度に影響が出る場合もあります。継続的&安定的、かつ快適にサイト運営をするのであれば、安かろうサーバーを使うのではなく、吟味して契約しましょう。

ちなみにこの1201ブログは、設定不要の無料SSL標準装備でスペックが高いMixHostを使用。

まだ新しいながらも低価格で高スペック、アダルト利用もOKな新興サーバー。個人的にいくつかのWebサイト制作・運営をしていて、そこでもMixHostを使っているものの(約1年ちょい)、まったく不満はありません。