WEBのこと

「iOS12.0.1」にアップデートしたら、アプリ終了の操作が1つ減ってストレスフリーになった話

ガラケーの後はAndroidを使っていたけれど、2年経たずして動作が激重くなり使えなくなったのをきっかけにiPhoneに切り替えて以来、iPhoneを使っている僕です。現在は、iPhone X。
ホームボタンがなくて最初は戸惑ったものの、10日間くらいで慣れました。

iPhoneXの画像

だけど、1個どうしても慣れなくて、イライラする操作があったんです…。

SPONSORED LINK

アプリの終了操作が1ステップ増えた

スマートフォンって“小さなパソコン”のようなもので、バックグラウンドでアプリをたくさん開き続けたままにしていたりするとあまりよくない(と思っている)。
なのでiPhone7時代は、気づいたらアプリを終了させていました。

iOS12.0.1で楽になったアプリ終了の操作

ホームボタンを「ダブルタップ 」→ 起動中のアプリをひたすら「上方向にスワイプ」して連打で消していました。

それがなんと、iPhoneXでは…

iPhoneXのアプリ終了操作方法

ホーム画面の「下部分を上方向にスワイプ」→ 起動中のアプリを「長押し」→ ×ボタンが表示されたら「上方向にスワイプ」して消すという動作に。長押しが増えとる。これが地味に面倒くさい!

iOS12.0.1にアップデートしたら

長押しが必要なくなりました。

めちゃくちゃストレスフリー。
地味だけど、近年のアップデートの中では一番うれしいかもしれない…。