ドラマ・海外ドラマ

4月スタート「ストロベリーナイト・サーガ」のキャストや主題歌は?誉田哲也原作の大人気警察小説

原作は、累計400万部を突破し、今もシリーズが続く誉田哲也さんの大ベストセラー警察小説、姫川玲子シリーズ。2010年には竹内結子さん主演でスペシャルドラマ「ストロベリーナイト」が映像化され、続く連続ドラマ&映画もヒットした本格刑事ドラマが、6年ぶりにキャストを一新し、「ストロベリーナイト・サーガ」として戻ってきます。

ストロベリーナイトサーガのキャスト画像(引用:公式サイトより)

初回2時間スペシャルで、2019年4月11日(木)22:00スタート。

原作と前作のドラマ「ストロベリーナイト」

主人公は警視庁捜査一課・殺人犯捜査係の主任である警部補・姫川玲子。女性ながら警察の花形である職場に就いた彼女は男以上にタフな精神力をもち、個性あふれる刑事たちとぶつかり合いながら、立ちはだかる凶悪な難事件を解決していく…というストーリー。

原作小説(2006年〜)

映像化されたものは「ストロベリーナイト」という名前が主体になっていますが、これは2006年に発表された原作シリーズ第1作目「ストロベリーナイト」に由来。2019年3月現在、シリーズ第8作まで出ています。それには登場人物の中の一人、勝俣健作(通称ガンテツ)が盛り込まれたスピンオフ作品「感染遊戯」もあります。

これとは別に、誉田哲也さん著書の別シリーズ「ジウ」とのコラボシリーズ「硝子の太陽」もある、誉田哲也さんの代表作シリーズ。

SPONSORED LINK

前作ドラマ(2010年〜)

2010年にスペシャルドラマ「ストロベリーナイト」が竹内結子さん主演で初めて映像化。2時間ドラマのパイロット版という位置付け。そこで人気だったため、続く2012年の連続ドラマ版では、全話平均視聴率15.4%、最高視聴率16.9%という高い数字を獲得。
息をもつかせぬ斬新な展開の本格刑事ドラマとして話題となり、2013年には映画も公開され、興行収入21.5億円を記録しました。

前作ドラマのキャスティング

“姫川玲子像”というものがあるので、実写化されるときに竹内結子さんと聞いて「…え?イメージが全然違う…」と思いました。原作者の誉田哲也さんも同様だったみたいですが、警察小説の先駆者、今野敏さんとの対談でこう言っていました。

――ドラマの『ストロベリーナイト』では姫川玲子を竹内結子さんが演じました。イメージ的にはどうでしたか?

誉田:あ、全然違いました(笑)。でも、プロデューサーの方に「竹内さんでいきたい」と言われた時に、「いいですよ。竹内さんがいいって言えば」と返事しました。半分ぐらいは、竹内さんが断るんじゃないかなと思っていたんですが、竹内さんが原作を読んでくださってOKが出たということで、「へぇー」って逆にちょっとビックリしましたね。

原作の実写化って、どんなキャスティングでも「イメージが違う」という声は絶対上がると思います。でも結局のところ観ているうちに、実写の姫川玲子=竹内結子のイメージができてきたので、これはこれでありというか実写の特長でもありますね。

でも逆に、菊田和男役の西島秀俊さん、ガンテツ役の武田鉄矢さんは、キャスティングのイメージも合致してハマり役だったと思う。

ストロベリーナイト・サーガ(2019年)

そんな前シリーズのドラマから6年、2019年版ドラマでは、キャスト・スタッフを一新し、まだ映像化されていない最新エピソードを加えて再構成。「ストロベリーナイト・サーガ」として新たに生まれ変わります。

SPONSORED LINK

ストロベリーナイト・サーガ:キャスト

ストロベリーナイトサーガのキャスト画像(引用:公式サイトより)

キャストもスタッフも主題歌もすべて一新。

  • 姫川玲子・・・二階堂ふみ
  • 菊田和男・・・亀梨和也
  • 葉山則之・・・葉山奨之
  • 石倉保・・・宍戸 開
  • 湯田康平・・・中林大樹
  • 大塚真二・・・重岡大毅
  • 井岡博満・・・今野浩喜
  • 姫川瑞江・・・菊池桃子(特別出演)
  • 國奥定之助・・・伊武雅刀
  • 今泉春男・・・山口馬木也
  • 橋爪俊介・・・岡田浩暉
  • 勝俣健作・・・江口洋介

ザッと見ただけでイメージが合致したのはキモ刑事、井岡博満役の今野浩喜さん。例の事件以降は役者として見る機会が増えたから逆に良かったのかな。

監察医の國奥定之助を演じる伊武雅刀さんももいいですね。あと、岡田浩暉さんがいつの間にこんな役者っぽくなっていたんだ!?と驚きも。バンド「To Be Continued」の印象が強烈だったから…。あいかわらずカッコいいな。

ストロベリーナイト・サーガ:主題歌

前作の主題歌は、柴咲コウさんやGReeeeNが担当。
今回の主題歌は、亀梨和也さんの初ソロシングル「Rain」」。

公式サイトにあった、「もがき苦しみながらも懸命に生きてる全ての人たちを見守る、深い愛をテーマに制作。ドラマの世界観にリンクする、儚さと力強さが共存した楽曲に仕上がっております。」という情報のように、主題歌はまさに“世界観のリンク”だと思うので、期待したいですね。

亀梨さんの「Rain」、カップリングには、日テレ系プロ野球中継「FUN! BASEBALL!! プロ野球2019」及び「Going! Sports&News」のテーマソングとなる「手をのばせ」を収録ということで、発売は2019年5月15日(水)。初回限定盤1、初回限定盤2、通常盤の3パターンあるようです。

ちなみに、これまでで最もドラマとリンクしていたと感じる主題歌は、ドラマ「若者のすべて」で使用されていたMr.Childrenの「Tomorrow never knows」。イントロからしてヤバイ。

SPONSORED LINK

ストロベリーナイト・サーガのまとめ

「原作好き、前作ドラマ慣れ」した僕としてはキャスト一覧を見て「…え?」と思ったものの、2006年から数年しか年齢を重ねていない登場人物を考えると、実際の役者さんたちは加齢が進むのでむずかしいのか…と思って強引に納得。
そもそも再映像化する謎もありましたけども。。。

でも結局、やるんだったら楽しみたい!
ガンテツに江口洋介さんをキャスティングした時点で、“原作・前作のイメージ”を踏襲する気なんてサラサラないのだと思うし、映像化の魅力はいい意味で期待を裏切ることだから、「またリメイク(続編)でフジテレビ失敗したね」とならないことだけを切に切に祈っています。

今日から俺は!!」のように、いい意味で期待を裏切って欲しい!

↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です