WEBのこと

ホームページ制作会社を選ぶとき、もちろん相見積もりしていますよね?

会社や、店舗や、団体のホームページを作りたい!となったとき、どの会社にしていいか分からなくないですか?
「自称Webデザイナー」みたいなスキルの人も堂々と営業しています。僕も横浜にあるWeb制作会社にいますが、「これでこの金額とるのか…」みたいな事例はたくさん見ています。

でもピンキリの世界だからこそ、キリ(最低)もあればピン(最高)も存在するんです。
ホームページって安い買い物じゃないですよね。だからこそ制作会社の意見や提案を鵜呑みにするのは危険。

SPONSORED LINK

「ホームページはどこで作っても一緒」ではありません!

全然違います。全く違います。値段も違います。デザイン性も違います。その時代時代のWebの隆盛に対応しているかどうかによっても違います。

なので「ホームページを作成したいなぁ!」という時は、必ず2社以上に見積もりを出して下さい。ただ、相見積もりは必ず「同じ条件」で出して下さいね。じゃないと価格差が出るのは当然ですから。

SPONSORED LINK

相見積もりのデメリット

ちょっと面倒くさい。

制作会社の違い・姿勢・価格を知れる

あまり多いと逆に混乱すると思うので、最低2社、多くて4社くらいで相見積もりをしましょう。僕がいう相見積もりは「〜〜の場合でいくら?見積もり下さい」ではありません!

見積もり出すときに難しいのって、詳細な要件を詰められない状況で出すことです。分からなさすぎると概算で多めに見積もってしまうことも当然あります。僕がいう相見積もりは「会って直接打ち合わせ」を意味します。

まず会って話さないと、その人となりや、会社の考え方や、価格の詳細や、自分がやりたいことの詳細は伝わらないですよね?打ち合わせだけで何回も別々の人間と会うなんて時間の無駄…と考えるのは間違いです。これから安くない費用を払って、長期的に「お店の顔」として使っていくホームページです。ホームページは24時間稼働している営業マンです。制作会社の選択ミスをすると雲泥の差が出ますよ。

会って直接話し、信用に値するかを見極めて下さい。
僕は基本的に1回目のヒアリングのときに相見積もりを進めています。その方がお客さんのITリテラシーが上がるし、その上で選んでいただけた方が双方の理解度も上がるからです。

そして正直、他者に金額で負けて受注できないときもあります。そして「とにかく一番安いところ」で選んだお客さんは失敗している人が多いです。以前、相見積もりをしたときに、お客さんはうちの半額くらいの制作費用を提示した会社さんに決めました。納期もうちの半分以下だからと。

でもいざ蓋を開けてみると、納期は結局うちと同じくらい、出来上がりのクオリティはとても低いということがありました。もちろん安い方がいいという心理は分かりますけど、目先のことだけではなく「よりきちんと長期的に集客するには」という点を考えてから選んで下さいね。

「ホームページを作ればすぐ集客できる」という時代は終わりました。ガラケーが台頭してきた90年代後半から2000年代は、ある程度しっかりしたWebサイトを作ったらすぐ集客につながるというのはありました。...