【公開決定】動く実物大ガンダム12/19始動★ →

【2020年】カーシェア大手3社を比較!タイムズ・オリックス・カレコの中で一番のおすすめは!?

SPONSORED LINK

レンタカーの新たな形態として勢力拡大中のカーシェアリングサービス。各社いろいろ内容が異なり、複雑そうに感じていませんか?

2012年からカーシェアを使い始めた僕が、大手3社(タイムズカーシェア・オリックスカーシェア・カレコ)の気になったポイントだけをシンプルに比較してみました。

SPONSORED LINK
目次

カーシェア大手3社を比較してみる

日本のカーシェアリング事業を見てみると、大手3社と言えるのはオリックスカーシェア、タイムズカーシェア、カレコの3社。

オリックス自動車株式会社が2002年4月に始めたオリックスカーシェアが日本で最初のカーシェアリング事業です。

その後、2005年にタイムズ24株式会社がタイムズカーシェア(当時の名称はタイムズカープラス)をスタートし、一気に勢力拡大。全国47都道府県に設置しているのは、タイムズカーシェアのみです。前身の実験または事業まで遡った開始時期。

カーシェアリングサービス「カレコ」の駐車場イメージ

カレコの専用車室

そこから遅れをとること4年、2009年に三井不動産リアルティ株式会社がカレコ・カーシェアリングクラブ(careco)をスタートさせます。

個人的に、2018年に日産カーレンタルソリューション株式会社が始めた電気自動車のNISSAN e-シェアモビは、まだ拠点数が少ないですが、他社のレンタルとは毛色が異なるので注目しています。

関連:タイムズカーシェアもいいけど「カレコ」も便利すぎて最高

SPONSORED LINK

カーシェア大手3社の比較一覧表

月額有料プランを比較してみました。
オリックスとカレコに関しては、これ以外に月額会員費無料プランもあります(その分、利用料が少しだけ高い)。

↓2020年1月時点の情報です。

タイムズ
【個人プラン】
オリックス
【個人Aプラン】
カレコ
【ベーシックプラン】
ステーション数 ※
11,745拠点

1,790拠点

2,102拠点
利用料金 使った分だけ 予約した分だけ 使った分だけ
月額無料プラン なし あり あり
キータイプ 専用カード 専用カード アプリ
自分のSuicaやPASMOをカードキーとしても使える
メリット ■ステーション数1位
■お得なタイムズカーレンタル
■管理画面の分かりやすさ
■使った分しか請求されない
■月額無料プランあり
■パック料金が安い
■利用時間15分前から使える(非課金)
■ステーションページの案内が親切
■カードキーの便利さ
■月額無料プランあり
■平日プランがある
■使った分しか請求されない
■ステーションページの案内が親切
■キャンピングカープランがある
デメリット ■月額無料プランがない ■PC管理画面が分かりにくい
■予定時間より早く返却しても差額返金なし
■ステーション数が少ない
■予約段階で料金表示がない
■ステーション数が少ない

※…交通エコロジー・モビリティ財団より(2019年3月時点)

ステーション数

圧倒的にタイムズカーシェアのステーション数が多い。
全国展開しているのもタイムズだけですし、地方に行くとオリックスカーシェアやカレコはなかなか辛いものがある。

そして一番重要なのは「家の近所にあるか」ですね。

SPONSORED LINK

利用料金

これ重要。
10分単位、15分単位など細かい利用料金は各社によって異なります。

がしかし、「予定時間より早めに返却した場合はどうなるの?」と思いませんか?
「3時間予約したけれど、2時間で予定が終わっちゃった」みたいなことは使っているとゼッタイある。

この例でいうと、タイムズカーシェアとカレコは2時間分の請求で、オリックスカーシェアは3時間分の請求となります。

オリックスカーシェアの(個人的な)デメリットは、使った時間分が請求されるのではなく予約した時間分が請求されるという点ですね。これは個人的に大きなデメリットポイントです。

やたら多めに予約する人がいると、次に予約を検討している人ができない…みたいなことも発生するなど各社事情があると思いますが、早めに終了した場合でも、使った分だけの請求をしてくれるのはありがたいです。

※パック利用の場合は早く返却しても料金は変わりません。

月額無料プラン

月額料金は、利用料金に充当されるので”実質無料”…とは言うものの、「いざという時に使いたい人」にとっては月額無料プランはありがたい。
かくいう僕も、月額無料プランを使っています。

ただその分、月額プランに比べると利用料金は上がります。

キータイプ

これに関しては、カレコのひとり勝ち!
クレジットカードほどの厚さがあるカードが送られてきて、それを車のウィンドウにかざすとロック解除される…のがタイムズカーシェアとオリックスカーシェア。でもカレコはふた味も違う。

アプリ(またはスマホでWEB上の管理画面に入って予約画面)から開錠ができるんです。カード発行料とかカード紛失の問題がありません。

使っている時に「返却時とかに携帯の充電きれたらどうするの…」と不安になったものの、なんと自分のSuicaやPASMOを紐づけてカードキーとしても使えるんだって(Felica搭載のカードに限る)。完璧。

SPONSORED LINK
カレコ・カーシェアリングクラブ

カーシェア大手3社のメリット・デメリット

カーシェアリング大手3社をシンプル比較

特徴的なメリット

唯一、この会社だけのメリットは?と問われたときの回答はこんな感じ。

タイムズカーシェア

「タイムズカーシェア=カーシェアリング」「タイムズカーレンタル=一般的なレンタカー」と分けられます。

基本的にカーシェアリングって1泊以上のレンタカーには向いていないのですが(金額的に)、タイムズ会員になると「タイムズカーレンタル」がお得に利用できます。常時20%OFFとか、朝借りても前夜17:00から借りても金額一緒とか…いろいろお得。

タイムズカーシェアはステーション数がダントツ。
あとアプリなどで予約をするときの分かりやすさも間違いなく一番。
ステーションを探しやすいし、車も探しやすい。

あと予約確定前の段階で利用料金が表示されるのはとてもありがたい。
「これくらいの時間予約したら何円くらいかな…」とシミュレーションしながら予約時間を決められます。他社にこの機能がないのが逆に不思議です。

オリックスカーシェア

特になし。

月額会員費無料プランは魅力ですが、カレコにもあるので唯一のメリットではないかな。

カレコ

前述と同じ、キータイプですね。
自分のスマホから解錠・施錠ができるのはすこぶる便利。カーシェアのキーカードって厚みがあるから、財布の中も地味にかさばるし…。

平日が仕事休みの人にとっては最高の「平日プラン」もおすすめ。
通常の月額プラン(ベーシックプラン)よりも利用料が安い(割高になるものの、休日も使うことは可能です)。

カレコには、キャンプグッズ付きのキャンピングカー利用やウィークリー/マンスリープランといった差別化プランもあります。

特徴的なデメリット

唯一、この会社だけのデメリットは?と問われたときの回答はこんな感じ。

タイムズカーシェア

月額会員費無料プランが存在しない。
このプランを希望していない人にとっては問題ないデメリットかな。

正直、この小さなデメリットを補って有り余るくらいの使いやすさです。

オリックスカーシェア

2002年にサービス開始した当初のUIですか?と思うほど、パソコンの管理画面が分かりにくい。
オリックスともあろう会社が、このダサさはどうかなと思う。
パソコンを使って予約する人がほぼいないのかな…。

予約時間より早く返却しても予約時間分の料金を取られる点はちょっと好きじゃないオリックスカーシェアですが、利用前は(前の利用者がいなければ)15分前から課金なしで利用スタートできます。

あと、スマホで予約するとき特に思いますが、予約完了してからじゃないと利用料金が表示されないのは不親切。

カレコ

カレコの場合は、利用時間を決めて「予約する」ボタンを押すと、最終確認ページで利用料金なども表示されます。

オリックスカーシェアと少し似ていますが、利用予定時間を選んでいるときに想定金額が表示されると最高に嬉しいんですけど…システム的にむずかしいのかな。

SPONSORED LINK

カーシェアを選ぶときのポイント

(1)近所にステーションがあるか
何と言ってもこれでしょう。近くになければ意味がない。
オリックスカーシェアやカレコは大都市圏に多いですが、全国展開でいうとタイムズカーシェアの一人勝ち。

(2)自分の利用シーンはどうか
実際に使ってみてから変わることもありますが、まずは自分の利用シーンを思い浮かべましょう。
「月に1回以上、使うなら」→月額有料プラン
「いざ必要な時に備えておきたい」→月額会員費無料プラン

子供の急な発熱で病院に行ったり、雨の日の送迎をしたり、電車やバスで行けないようなところへ行ったり、荷物が多いときにレンタルしたり、赤ちゃんの夜泣きがひどい夜に30分だけ借りて好きなだけ泣かせたり…利用シーンは千差万別です。

カーシェア大手3社比較まとめ、おすすめの利用方法

「大前提:自宅近くにステーションがあるか」
人におすすめするときのカーシェアリング会社はタイムズカーシェアです。
ステーション数も多い、スマホアプリも使いやすい(ステーションや車を探しやすい)。

おすすめの利用方法は、
■メイン:タイムズカーシェア
■サブ:オリックスカーシェア or カレコの月額会費無料プラン

カーシェアリング初めてで不安な人は、まずオリックスカーシェアかカレコの月額費用がかからないプランを登録してみて、何度か利用した後、月額有料プランに変更するのもいいかもしれません。

なぜメインとサブを登録するのか?
いざ使おうと思うときに、いつも使っているステーションに空きがないということはたまにあります。

時間をずらしたり別のステーションを選択できればいいですが、急ぎの場合などはサブのカーシェアをセカンドオプションとして持っておくべきです。

使わない限りお金は発生しないので登録しておいてマイナスは1つもありません。

おすすめや比較をいろいろ書きましたが、実際に僕が使っているのは…
■メイン:カレコの月会費無料プラン
■サブ:オリックスカーシェアの個人Bプラン(月額会費無料プラン)

タイムズ使ってねぇじゃん!

という言葉が口から出たかもしれませんが…
僕が住んでいる横浜市にもタイムズカーシェアはたくさんあるものの、自宅近くにはないんです…。

そして一番近いのはオリックスカーシェアとカレコ。必然的にタイムズカーシェアの選択肢がなくなってしまいました。

やはり比較と言えど、自宅近くにステーションがあるかが一番の課題ですね。

SPONSORED LINK
カレコ・カーシェアリングクラブ

カレコの月会費無料プランが便利すぎて最高。カーシェアリングの中でも個人的には一番

【2020年版】カーシェア歴8年。カーシェアリングとレンタカーの比較を書いてみた

SPONSORED LINK

コメント

コメントする

目次
閉じる