みなとみらいで動物から癒しをもらえる! →

みなとみらい臨港パーク先端部に人工海浜や展望ゾーン計画。2023年供用開始を目指し意見募集

SPONSORED LINK

横浜市は、未整備となっていた臨港パーク先端部などの整備に関する意見募集を開始することを発表しました。2021年7月8日~8月8日、はがきや電子申請システムで受付を行います。

みなとみらいにある臨港パーク先端部分の開発イメージ図

集まった意見をもとに、ゾーニング、導入施設などの設計を行い、併せて活用方法や管理運営の検討を行い、2023度の供用開始を目指していきます。

SPONSORED LINK
目次

臨港パーク先端部などの整備について

みなとみらいにある臨港パーク先端部分の開発イメージ図

パシフィコ横浜横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート/ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜に隣接する、広大な緑地の臨港パークですが、先端部は未整備となっており、みなとみらい21地区開発の総仕上げとして整備が進められています。

臨港パーク先端部、基本計画の概要

みなとみらいにある臨港パーク先端部分の開発イメージ図

臨港パーク先端部には人工海浜展望ゾーンを設置するほか、赤潮の発生原因となる窒素やリンを吸収し水質を改善させるアマモや貝殻の生息を促す藻場(もば)・浅場(あさば)を整備予定とします。

基本計画は、「景観・自然・新たな交流が楽しめる、賑わいある親水空間を創出」

  1. みなとみらい21地区の景観や都心臨海部の立地特性を最大限活かした、新たな観光スポットを形成
  2. 人が憩い、海に触れながら自然観察や環境学習を行えるエリアとして整備
  3. 新たな交流やライフスタイルが生まれる施設を導入
  4. 民間活力の導入により、より魅力的な活動・体験空間を創出

上記4つの視点にもとづいたアンケート結果は、2021年9月頃に公表し、整備計画へ反映させる見通しです。

臨港パーク内では、ほかにも民間業者によるカフェ・レクリエーション施設計画があり、みなとみらい先端にある臨港パークのさらに先端部がようやく有効活用されそうです。

臨港パークの関連記事

SPONSORED LINK
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる