みなとみらい・新港

みなとみらいホテル戦争勃発!建設工事が進む宿泊施設。関内や日本大通地区も

みなとみらい全景

横浜みなとみらい21や、横浜駅、横浜北仲・関内・日本大通地区の再開発スピードが最近すごい。その中でもずばり「ホテル」がすごい。

ホテル建設のゴールドラッシュ

(左)アパホテル、(中央)オークウッドが入るマンションの建設風景

2020年の東京オリンピックに向けて、日本は宿泊施設が足りないって叫ばれている……けども、こんなに建設ラッシュ重なる?!というくらいで、現在8棟 17棟のホテルが建設・建設予定中。どんな感じなんでしょう。

■追記(2019.02.22)
ちょこちょこ質問をいただいたので、みなとみらいに限らず、横浜駅・関内・日本大通地区も含んでみました。

・開業済みのビスタプレミオはカウントしていません。
・ベイコート倶楽部とカハラホテルは1棟とカウントしています。

■追記(2019.03.28)
53街区の事業予定者が決定。WEST棟にホテルが建設予定です。

ホテルビスタプレミオ横浜(オープン済み)

ホテルビスタプレミオ横浜の外観(引用:ホテルビスタプレミオ横浜公式サイトより)
ホテルビスタプレミオ横浜のロビー(20F)(引用:Googleマップより)

このホテルのみ、すでに開業済み。先日紹介したオーケーストアみなとみらい店の真横にあり、フロントはなんと20階の空飛ぶ受付。

住所 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6-3-4
最寄駅 みなとみらい線『新高島駅(3出口)』から徒歩7分
みなとみらい線『みなとみらい駅(2出口)』から徒歩9分
階数 20階(232室)
開業 2017年6月30日 開業済み
情報 【公式】ホテルビスタプレミオ横浜
オーケーストア(OKストア)みなとみらい店は僕をダメ人間にする(褒め言葉)横浜市のみなとみらいに本社を構えるオーケー株式会社さん。本社屋の低層部分に『オーケーディスカウント・センターみなとみらい店』という旗艦店...

ホテルリソル横浜桜木町

ホテルリソル横浜桜木町の完成予想図(引用:ホテルリソルプレスリリース)

秋葉原と同時オープン予定の『ホテルリソル横浜桜木町』。
道を挟んだ向かいにはモンスター級の建物、横浜市役所の新市庁舎が建設中。さらにその向こう隣りには、モンスター級のマンション&長期滞在型ホテルの「ザ・タワー横浜北仲」&「オークウッド」が建設中。ターゲット客層が異なるので、むしろライバルは「プレサンスホテル」とかになるのだろうか。

住所 〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町6丁目
最寄駅 みなとみらい線『馬車道駅(3出口)』から徒歩1分
JR根岸線&市営地下鉄ブルーライン線『桜木町駅』から徒歩3分
階数 10階(134室)
開業 2019年3月1日4月25日
情報 『ホテルリソル』公式サイト
ホテルリソル横浜桜木町(2018年11月の様子)
桜木町に建設中のリソルホテルの工事現場
ホテルリソル横浜桜木町(2019年3月の様子)
2019年4月に完成を控えるホテルリソルの外観写真

ヨコハマハンマーヘッドプロジェクト

「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT」ヨコハマ ハンマーヘッド プロジェクトのイメージ写真(引用:野村不動産ホールディングス㈱ PR TIMES[2017年10月4日付])

近年急増しているクルーズ船客のニーズに応えるべく新たな客船ターミナルを整備する「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT(ヨコハマ ハンマーヘッド プロジェクト)」にて、建物の一部にホテルが入居するそうです。

ホテル名などは不明ですが、事業予定者の構成企業の中に「株式会社横浜グランドインターコンチネンタルホテル」と、インターコンチネンタル東京ベイの運営会社社長を務めた堤猶二氏(西武グループ創業者のご子息)率いる「株式会社T・Yホールディングス」が名を連ねていることから、高級ホテルになるのでは。

このホテルも「株式会社T・Yホールディングス」が整備し、区分所有するとのこと。“Tsutsumi Yujiホールディングス”の意味かな。

住所 〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2丁目14-1
最寄駅 みなとみらい線『みなとみらい駅・馬車道駅』から徒歩12分
階数 5階(約200室)
開業 2019年
情報 野村不動産ホールディングス株式会社 PR TIMES[2018年6月4日付]
新たな客船ターミナル&商業施設「ヨコハマ ハンマーヘッド プロジェクト」がみなとみらい新港地区に! みなとみらいの新港地区に、新たな客船ターミナルが建設中です。「新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業」だったプロジェクト名も、...

ハイアット リージェンシー 横浜

ハイアットリージェンシー横浜ホテルの外観予想図(引用:ハイアットホテルズプレスリリースより)

みなとみらいから少し外れた、日本大通りのエリア。高級不動産のパイオニアであるケン・コーポレーションがフランチャイズ契約で開発をする、ハイアットホテルが横浜初進出。
ハイアットリージェンシー横浜』。
道はさんで向かいのJALシティホテルは、さぞかし脅威を抱いてるのでは。

住所 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町280番地
最寄駅 みなとみらい線『日本大通り駅(3出口)』から徒歩2分
みなとみらい線『元町・中華街駅(1出口)』から徒歩5分
階数 地上22階・地下1階(315室)
開業 2019年6月頃
情報 ケンコーポレーション プレスリリース
ハイアット リージェンシー 横浜(2018年10月の様子)
ハイアットリージェンシー横浜の2018年10月27日の様子

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉外観予想図(引用:【公式】アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉より)

アパが本気出しました。
1棟の建物として日本最大級のリゾートホテル。モンスターです。千葉県にある「アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉」は3棟合わせて2,007室とのことだが、この『アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉』は1棟で2,311室
モンスターです。
※横浜北仲通再開発のエリアです。

住所 〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通5丁目23-5
最寄駅 みなとみらい線『馬車道駅(4番・万国橋口)』から徒歩3分
JR根岸線&市営地下鉄ブルーライン線『桜木町駅(南改札&東口)から徒歩9分
階数 地上35階・地下2階(2,311室)
開業 2019年9月20日(金)
情報 【公式】アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉(2018年11月の様子)
北仲通地区に建設中のアパリゾートホテル
横浜北仲通地区にできるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
日本最大級『アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉』は2019年9月20日オープン。ホテル勢力図が変わる? 再開発が加熱する横浜北仲通地区。1棟では日本最大数の2,311室を誇る『アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉』が2019年9月...

東急REIホテル

47街区に建設予定のコーエーテクモゲームス本社ビルの外観写真(引用:https://www.koeitecmo.co.jp/news/2017/11/21-2.html)

47街区に、日吉にある株式会社コーエーテクモゲームス本社や2,000人収容のライブハウス型ホール「(仮称)KT Zepp Yokohama」が入居する複合ビルが建設中

そのビルの10F~15Fのフロアに、みなとみらいエリアでは「横浜ベイホテル東急」に次いで2番目の東急系列ホテルが誕生。

住所 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3 47街区
最寄駅 みなとみらい線『新高島駅(大通り高島口)』から徒歩3分
各線『横浜駅(東口)』から徒歩12分
JR京浜東北・根岸線『桜木町駅』から徒歩15分
階数 15階(ホテルフロアは10~15階/約230室)
フロント・ロビーは9階
開業 2020年1月
東急REIホテル(2019年3月の様子)
MM21地区 47街区開発計画の建設工事写真
みなとみらい47街区に建設中のビル(完成予想図)
みなとみらい47街区の複合施設は、コーエーテクモ本社・東急REIホテル・新Zeppの3本柱「(仮称)MM21地区 47街区開発計画」という名で建設が進む、「株式会社コーエーテクモゲームス」本社ビル。注目は、同じく入居するホテル...

オークウッド

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト(引用:「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」プレスリリースより)

先ほどの「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」のほぼ隣り。長期滞在型サービス付きの高級ホテル『オークウッド』。『ザ・タワー 横浜北仲』という58階建て(1,100世帯)の高層マンションに入居するようです。
モンスターです。
※横浜北仲通再開発のエリアです。

住所 〒231-0002 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2
最寄駅 みなとみらい線『馬車道駅』から徒歩1分
JR根岸線&市営地下鉄ブルーライン線『桜木町駅』から徒歩8分
階数 地上58階、地下1階(ホテルフロアは46~51階/175室)
開業 2020年2月頃
情報 (仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクトプレスリリース

■追記(2018.11.03)
完成予想図。
横浜北仲通地区に建設予定のザタワーキタナカ
右側の残像は横浜新市庁舎、左側の残像はアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉。

建設中のTHE TOWER KITANAKA
近くで見るとホント巨大です。まだ上に延びます。奥に見えるのはアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉。

プレサンスホテル横浜桜木町新築工事(仮称)

このホテル名って…不動産営業の電話をガンガンしてくるあの会社…?

住所 〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町6-90-1
最寄駅 JR根岸線『桜木町駅』から徒歩5分
市営地下鉄ブルーライン線『桜木町駅(1出口)』から徒歩3分
階数 14階(263室)
開業 2020年3月31日完成予定
(プレサンスホテル横浜桜木町)2018年10月の様子
プレサンスホテル横浜桜木町の建設途中の様子(2018年10月20日)
2019年3月の様子
プレサンスホテル横浜桜木町(2019年3月の様子)

【1】横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート、【2】ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜

「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜(引用:横浜市発表資料)
横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜(引用:YOKOHAMA BAYCOURT CLUB HOTEL & SEA RESORT公式サイト)

「資料によってホテル名がなんで異なるのか…?」と思っていたけれど、ようやく分かった。同じ敷地に2つのブランドのホテルを建設するらしい。すごい勝負に出たと思うものの、このみなとみらい20街区は、MICE整備事業のため集客見込みが高いのかもしれません。

MICEとは…
Meeting(会議・研修)、Incentive(招待旅行、travel, tour)、Conference(国際会議・学術会議)またはConvention、Exhibition(展示会)またはEventの4つの頭文字を合わせた言葉である。ビジネスと関わりがあり多数の人の移動を伴う行事という、企業などの会議やセミナー、報奨・研修旅行、国際会議や総会・学会、展示会・見本市・イベントなど、観光および旅行の観点から着目した総称で、「ビジネスイベンツ」とも呼ばれている。

この2つのホテルの特徴は、会員制高級ホテルと一般高級ホテル、という“ラグジュアリー感”を押し出している点。隣接するパシフィコ横浜で大規模に開催される会議やセミナーなどにおいて、お偉方はこのままここに宿泊するフローができあがるのかもしれない…と、考えると他ホテルと差別感があっていいですね。

住所 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-8-1および1-8-9
最寄駅 みなとみらい線『みなとみらい駅(2出口)』から徒歩8分
『横浜駅(東口)』からタクシーで約6分
『新横浜駅』からタクシーで約20分
階数 14階
室数
横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
(完全会員制のハイエンドブランドリゾートホテル)
138室
カハラ・ホテル&リゾート 横浜
(会員制ではない、ハワイ州オアフ島にある名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」のブランドを冠したラグジュアリーホテル)
146室
開業 2020年夏頃
情報 【公式】横浜ベイコート倶楽部
「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」ならびに「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」建設工事着手のお知らせ
[2020年7月開業予定]横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート、ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜
「横浜ベイコート倶楽部ホテル」&「ザ・カハラ・ホテル横浜」が同時に誕生!パシフィコ横浜の既存施設に隣接する、みなとみらい20街区に「パシフィコ横浜ノース」が新たに建設されますが、さらに高級ホテルが誕生します。...
みなとみらい21の20街区に建設中の、パシフィコ横浜ノース
国内最大級のMICE施設に。『パシフィコ横浜ノース』が2020年春開業。高級ホテルも2軒みなとみらいの再開発が超絶に進んでいます。それに拍車をかけるようにパシフィコ横浜の隣、20街区に国内最大規模の多目的ホールを含む新施設が...

JR東日本ホテルメッツ 横浜

横浜駅西口の駅ビル:鶴屋町棟の外観写真(引用:JR東日本プレスリリース「(仮称)横浜駅西口開発ビル 鶴屋町棟の計画変更等について」)

横浜駅西口直結に建設中の商業施設JR横浜タワーとJR横浜鶴屋町ビル。鶴屋町ビルの方に、ホテルが入居予定。

JR横浜タワーには、CIAL横浜やバスタ新宿にもあるNEWoMan、さらには映画館もできるので、横浜駅西口の新たな目玉施設となるのではないでしょうか。
ホテルメッツは、桜木町駅にも建設されています。

住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目の一部
最寄駅 各線『横浜駅(西口)』から徒歩3分
階数 9階(ホテルフロアは3~9階/-室)
開業 2020年
東京2020オリンピック・パラリンピック前の開業予定
JR東日本ホテルメッツ 横浜(2019年2月の様子)
建設中のJR横浜タワーの様子※2019年2月の様子

JR東日本ホテルメッツ 桜木町(仮称)

桜木町駅の関内側に建設中の新改札口とホテル

JR横浜鶴屋町ビルに入る「JR東日本ホテルメッツ 横浜」と同時?に建設中。

先ほど挙げた「オークウッド」(=58階建て超高層マンション)と「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」、さらにはそのすぐ近くに建設中の横浜市役所新市庁舎を加えた3つの巨大建築物によって、建設地の横浜北仲通地区がこれからくるのではと言われています。

必然的に労働・居住人口増加が予想されるため(利用者が4万人増予想とか)、JR桜木町駅に新たな改札口(南側・関内側)を整備して混雑緩和を促そうという流れ。その改札に直結して、ホテルや子育て支援施設を併設するというのが当案件です。

蛇足ですが、桜木町駅は国内初の鉄道駅(初代横浜駅)なんです。

住所 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-1-93
最寄駅 JR根岸線『桜木町駅(新改札口/予定)』から直結
階数 12階(274室)
開業 2020年度中
情報 東京新聞「JR桜木町駅に新改札 20年度中、市役所移転など利用客増」

■追記(2018.09.29)
JR東日本がプレスリリースで、テナントや子育て支援施設などは「CIAL桜木町 別館(仮称)」、宿泊施設は「JR東日本ホテルメッツ桜木町(仮称)」となることを発表しました。
2018年10月上旬より、新築工事着手予定。
プレスリリース→ JR東日本グループニュース

JR桜木町駅に新改札!建設中の複合施設名も仮決定。2020年度開業予定。 横浜北仲地区に、横浜市役所の新市庁舎が建設中。僕が勝手に呼んでいる「横浜北仲3兄弟」。 https://1201.yoko...
野毛と横浜新市庁舎を結ぶ『(仮称)大岡川横断人道橋』。北仲通地区への北仲動線が誕生 みなとみらい線「馬車道駅」が最寄駅となる、北仲通地区の再開発が爆進中というのは以前書きました。実際、(僕が勝手に呼称する)横浜北...

(仮称)アーバンネット横浜 建替計画

(仮称)アーバンネット横浜建替計画の完成イメージ写真完成イメージ

みなとみらい線「日本大通り駅」に直結予定の建物。1Fには店舗が入り、サービスレジデンスとしてのホテルや住宅も入る予定。

サービスレジデンスとは…ホテル設備に加え、長期滞在型にも対応しキッチンや洗濯機などの日常機能も備えた施設。ウィークリーマンションの高級版のようなイメージ。

住所 〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通5-2
最寄駅 みなとみらい線『日本大通り駅』直結
階数 19階(ホテルは低層部/-室)
開業 2021年6月予定
日本大通り駅に新たな出口?ホテルも入る『アーバンネット横浜 建替計画』。横浜港郵便局の隣り 高級マンションや高級ホテルが建設中の日本大通エリア。 坪単価もすごいことになっている(らしい)。 日本大通り駅の目の前、...

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業(引用:横浜市記者発表資料)

横浜駅西口で大規模な再開発が行われていて、その中の1棟にホテルが入居予定。
新たにできる「JR横浜タワー」にもホテルメッツが入るそうで、横浜駅西口は完全に生まれ変わりますね。鶴屋町はいまだに薄暗い印象が強いので、これで完全に払拭できるんじゃないかと期待。

住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目および2丁目の一部
最寄駅 各線『横浜駅(西口)』から徒歩2分
階数 44階(ホテルフロアは-階/-室)
開業 2022年3月頃

ウェスティンホテル横浜

ウェスティンホテル横浜の外観イメージ写真(引用:マリオット・インターナショナルプレスリリース[2018年11月30日付])

世界最大のホテルチェーンが、みなとみらいのホテル戦争に参戦。
外国人ビジネス客・インバウンド等、多様化する宿泊需要に対応するハイグレードな宿泊施設を提供ということで、ラグジュアリーなホテルに仕上がるようです。

ホームセンターのセキチュー(アルカエフ)があった場所で、道はさんで海側隣にはニトリ、桜木町川隣には建設中の「ぴあアリーナMM」があります。

住所 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-2-4
最寄駅 ・みなとみらい線『新高島駅(2出口)』から徒歩5分
・みなとみらい線『みなとみらい駅(1出口)』から徒歩5分
・JR各線「桜木町駅」徒歩12分
・各線「横浜駅」徒歩15分
階数 24階(373室)
長期滞在対応型ホテル201室も予定
開業 2022年5月(予定)
情報 自然志向・健康志向を体現する外資系ラグジュアリーホテル「ウェスティンホテル横浜」2022年春に開業
みなとみらい44街区『ウェスティンホテル横浜』が誕生。ハイグレードな宿泊施設を提供 新たなラグジュアリーホテルがみなとみらいに誕生します。 世界40ヵ国・地域に200軒ものホテルを展開する世界最大のホテルチ...

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画の外観写真(引用:2018年5月8日付け建設通信新聞より)

パナソニックホームズ、ケネディクス、鹿島建設の3社で構成する合同会社KRF48による計画。AKBみたい。
37街区というのは、三菱重工横浜ビル隣りの敷地で現在は戸建てのモデルハウスが建ち並んでいます。三菱重工横浜ビルと同じくらいの高さのビルが建設予定。

  1. 「国際都市」横浜の魅力に貢献する複合用途の開発
  2. 風格ある沿道景観を形成する超高層建築
  3. にぎわいのある歩行者ネットワークの整備

この3つをコンセプトとし、1・2階に商業施設、3階にカンファレンスルームやコワーキングスペースなどのオフィスサポート、4~18階にオフィス、20~28階にホテル予定。工事の着工が2020年4月なので、始まるまで少し不安な部分もあります。

この土地は2017年3月に三菱重工業から売却されているものの、隣の三菱重工横浜ビルも一緒に761億円で売却されていました。驚き。「三菱みなとみらい技術館」とか含めて、譲渡後も賃貸で入居を続けているということで一安心。

住所 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3
最寄駅 みなとみらい線『みなとみらい駅(1出口)』から徒歩5分
みなとみらい線『新高島駅(3出口)』から徒歩8分
JR京浜東北・根岸線『桜木町駅(東口)』から徒歩10分
階数 地上28階、地下1階(ホテルフロアは20~28階/-室)
開業 2023年3月予定

Kアリーナプロジェクト

Kアリーナプロジェクト全体予想図(引用:横浜市記者発表資料)

この名称はプロジェクト全体の仮称です正式名称になりました。まだ詳細な情報が発表されておらず、再開発公募結果の横浜市記者発表資料から抜粋。むかしマリノスタウンがあった場所に、2万人規模の音楽専用アリーナ、ホテル棟、オフィス棟、展示施設棟を建設する予定とのこと。

そして事業予定者は、前述の「ハイアットリージェンシー横浜」を建設しているケン・コーポレーション。ケン・コーポレーションの勢いがエグすぎる。

「ぴあ」も1万人規模の音楽施設をすぐ近くに建設しているし、こちらも群雄割拠の様相。

■追記(2019.02.22)
当事業が国土交通大臣の民間都市再生事業計画の認定を受けました。

世界最大級の音楽アリーナとインターナショナルブランドホテル、オフィスを整備する計画。音楽アリーナの前面にペデストリアンデッキを整備し、歩車分離を図りながら賑わいを創出する広場空間を設けるようです。

住所 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-2
最寄駅 みなとみらい線『新高島駅』から徒歩7分
みなとみらい線『みなとみらい駅(2出口)』から徒歩9分
階数 21階(-室)
開業 2021年 → 2023年10月竣工
情報 (横浜市記者発表資料)みなとみらい21 地区60・61・62街区及び53街区の公募審査結果等について
マリノスタウン跡地に建設予定のKアリーナプロジェクトイメージ図
みなとみらいに、世界最大級の音楽アリーナ誕生!ミュージックパークを形成:Kアリーナプロジェクトマリノスタウン跡地の再開発が発表されていた「Kアリーナプロジェクト」ですが、2019年2月22日、ようやく国土交通省から民間都市再生事業...

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発事業

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発事業の外観イメージ(引用:横浜市記者発表資料)

代表企業は大林組で、構成企業にはヤマハ株式会社や京浜急行電鉄株式会社などが参画。

WEST棟とEAST棟に分かれ、オフィス、商業施設、にぎわい施設、オープンイノベーションスペース、ホテルなどが新設されます。

住所 〒220-0021 神奈川県横浜市西区みなとみらい5丁目1番1
最寄駅 みなとみらい線『新高島駅』から徒歩1分
階数 28階(ホテルは25階~28階/-室)
開業 2023年11月完成予定
(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発事業の外観イメージ
みなとみらい53街区の事業者が決定!オフィス・商業施設・ホテルで2棟建設!ゲントヨコハマ跡地ゲームセンターや109シネマズが入居していた「ゲントヨコハマ」跡地で、これまで3回の公募においても事業者が決まらなかった、みなとみらい2...

横浜文化体育館再整備事業におけるホテル

横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像(引用:横浜市記者発表資料[2017年9月14日付])

横浜文化体育館が2020年末に閉館し、新たなアリーナ(メインアリーナ)として生まれ変わります。隣接する、旧横浜総合高校跡地には「横浜武道館(サブアリーナ)」も誕生。

メインアリーナ敷地内に、ホテル、飲食店、店舗などが入居する予定。

住所 〒231-0032 神奈川県横浜市中区不老町2丁目7
最寄駅 JR根岸線『関内駅(南口)』から徒歩3分
市営地下鉄ブルーライン線『伊勢佐木長者町駅(出口1)』から徒歩3分
市営地下鉄ブルーライン線『関内駅(北口5)』から徒歩5分
階数 地上7階(ホテルフロアは-階/-室)
開業 2024年4月予定
横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像
横浜文化体育館、2020年12月閉館!『横浜ユナイテッドアリーナ』として生まれ変わる[文体] 横浜市は、横浜文化体育館の施設老朽化に伴い再整備事業を実施し、2024年4月を完全開業予定とする『横浜ユナイテッドアリーナ(メイ...

まとめ

みなとみらいは建設ゴールドラッシュです。空き地がなくなり神奈川新聞花火大会が中止になったのはすこぶる悲しいけれど、もうここまで来たらその名の通り、未来性のある都市形成を期待しています。

ホテル乱立するも、アパリゾートは「一般人向けのちょっと贅沢リゾート」、オークウッドは「ぜいたくに長期滞在したい人に特化」、横浜ベイコート倶楽部&カハラは「(MICE層の)VIP」という客層を絞る差別化は大きいのだろうと思う。むしろそこまでの特徴を持たないホテルは、既存ホテル含めオリンピック後、岐路に立たされなければいいなぁ。

まぁ早い話、ド素人が心配することじゃないか(笑)

横浜駅・みなとみらい・北仲通地区の再開発マップはコチラ
みなとみらいの再開発写真一覧
【横浜駅・みなとみらい・北仲通地区】再開発一覧マップ最終更新日:2019.04.18 宿泊施設、オフィスビル、商業施設、コンサートホールを中心に、さまざまな再開発事業がいたるところで行わ...

POSTED COMMENT

  1. たっこりん より:

    はじめまして、横浜から、鉄道まで色々なジャンルの記事に興味深く見させていただいています。
    ホテルの建設ラッシュすごいですよね。ご指摘のようにこんなに沢山共存は難しそう。。と思い、開発は嬉しい一方で心配しちゃいますね。
    日本大通り駅側のアーバンネット横浜ビル建替え計画でも低層部にホテルが入るようですね。
    62街区もホテル容認に開発条件も改められたようで、ここもホテルが含まれるのでしょうかね。

    更新、楽しみにしています!

    • 1201 より:

      はじめまして、たっこりんさん。コメント、ありがとうございます。

      本当びっくりすぐるくらいホテルが作られていると思います。経営のプロがまだまだ密集してもホテルはいけると判断したのか、再開発公募で一斉にホテル建設に動き出したらカブっただけなのか…。

      日本大通りのところは確かにそうで、みなとみらいエリアから離れるからあの記事に含まない方がいいか、かと言ってハイアットリージェンシーは含んじゃったしで書こうか迷っていたんですが、、、書いてみます(笑)

      62街区はそうなんですね!なるほど〜。
      まさにKアリーナの横で、ホテルがもし決まったら、まさに密集ですね。

      個人的には映画館のあった53街区が全然決まらないのが寂しいです。(用地面積不足で無理なんですが)コストコ来てくれたらテンション上がっちゃうんですが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です