元町チャーミングセールは9.19~9.27開催 →

みなとみらい「日産パビリオン」入場無料の体験型エンターテインメント施設として期間限定オープン!

SPONSORED LINK

日産自動車株式会社は、2020年8月1日~10月23日まで、同社が描く未来のモビリティ社会をインタラクティブに体感できる、体験型エンターテインメント施設「ニッサン パビリオン」を期間限定で、グローバル本社近隣のみなとみらい21中央地区60・61街区の一部にオープンしました。

みなとみらいに期間限定でできる日産の「ニッサン パビリオン」の外観イメージ写真
(引用:日産自動車株式会社公式サイト)

敷地面積約1万平方メートルからなる「ニッサン パビリオン」は、2019年8月に、日産自動車と横浜市で締結した連携協定の一環として、横浜市や地域企業・団体等との連携、協力のもと開設するものです。

さらに、パビリオン内には日産が目指すエネルギーのエコシステム「Nissan Energy(ニッサン エナジー)」を導入した「NISSAN CHAYA CAFE(ニッサン チャヤ カフェ)」を併設しています。


このNissan Energyは、電気自動車で来場された方が、カフェ横の駐車スペースに駐車すると、電気自動車の電力がカフェへ給電、その電力はカフェで使用する電気となる、という画期的な仕組みです。駐車料金無料という特典に加え、カフェで使用できるコーヒークーポンもサービス。なお、NISSAN CHAYA CAFEでは、地産地消にこだわって開発したオリジナルメニューを提供します。

「ニッサンパビリオン」は位置関係でいうと、横浜アンパンマンこどもミュージアムオーケーストアみなとみらい店の間ですね。

SPONSORED LINK
目次

ニッサン パビリオン コンテンツ

「ニッサン パビリオンは」、同施設のコンセプト「人間の可能性を拡張する」をキーワードに、技術のイノベーションを通じて日産が描く近未来の暮らしを、エンターテインメント、アート、メディアなど各種コンテンツ、インスタレーション制作で活躍するクリエイターの視点や解釈により具現化しています。

尚、本パビリオンで使用する電力は、100%水力由来の電力(アクアプレミアム)を使用し、CO2排出のないゼロエミッションを実現。

SPONSORED LINK

新型クロスオーバーEV「日産 アリア」展示・乗車体験

「日産 アリア」をダイナミックに展示。アリアに乗って、敷地内の専用路を同乗体験することもできます(事前予約制)。排ガスを一切出さない100%電気自動車の「日産 アリア」は、敷地内でも快適に走行。最先端のコネクテッドも体験可能です。

THE THEATER(ザ シアター)

幅32m×高さ6mの4Kプロジェクション大型スクリーンと、ソニーのハプティクス技術(触覚提示技術)による振動する床など、迫力の空間でクルマの先進技術を応用した3つのコンテンツを楽しめるエンターテイメントショーです。

(1)ARIYA SHOW(アリア ショー)
走行する「日産 アリア」と映像がリンクする、まるで本当に街を走り抜けているような臨場感あるエンターテイメントショーをお楽しみください。

(2)FORMULA E THE RIDE(フォーミュラE ザ ライド)
100%電動フォーミュラカーに乗って、レースさながらに世界の都市を駆け巡るバーチャルライドアトラクション。お手元のコントローラーでコースを選んで、他にはない大迫力のレースゲームを体感できます。ナビゲート役は声優の櫻井 孝宏。

(3)NAOMI BEATS(ナオミ ビーツ)
見えないものを可視化する日産の新技術「I2V(アイツーヴイ)」を駆使し、日産ブランドアンバサダー・大坂 なおみ選手の200km/hのサーブを打ち返し、ラリーを繰り広げる白熱のバーチャルテニス(事前予約制)。

SPONSORED LINK

THE LIFE (ザ ライフ)

家族や恋人をテーマに、「プロパイロット」をはじめとした先進運転支援技術が可能にする未来を描いた2本のショートムービーを上映します。ストーリーの展開に合わせて照明の色が変化し、鑑賞する人をより深く作品に引き込む空間で鑑賞になれます。

(1)ハンズフリーラブ
「ジャッジ!」「帝一の國」「恋は雨上がりのように」などを手掛けた映画監督・永井 聡が送る、約10分のラブストーリー。少し未来のストーリーをお楽しみください。

(2)コネクティッド・ファミリー
大ヒットアニメ「君の名は。」をはじめ多くの新海 誠監督作品を手掛けたプロデューサー・伊藤 耕一郎による、クルマがつなぐ未来の家族物語。約6分半のアニメです。

THE CITY(ザ シティ)

日産自動車が目指す、交通事故のない社会。そして、クルマに乗っているときも乗っていないときも、クルマと街がより便利につながる社会。その双方の実現に必要なセンシング技術やクルマからエネルギーや情報が行き渡る様子をモチーフに、仕上げられたデジタルインスタレーション作品。フォトジェニックな空間に没入しながら、直感で作品とコミュニケーションできます。

NISSAN CHAYA CAFE (ニッサン チャヤ カフェ)

横浜ビールと共同開発した「日産オリジナルビール」やキリンビールとコラボしたオリジナルビアカクテルなど豊富なドリンク類に加え、地元神奈川の食材を使ったサラダ、パスタ、サンドイッチ、弁当、スイーツなどこだわりのメニューを用意したカフェです(テイクアウトドリンクも提供)。


さらに、運転支援技術「プロパイロット」を応用した無人給仕ロボット「プロパイロットウエイター」テーブルに置くだけでお手持ちのケータイを充電できるワイヤレス充電、そしてパナソニックと共同開発した、お皿のICチップに反応してエネルギー情報がアニメーションでテーブル天板に流れる「インタラクティブテーブル」など、食事だけでなく目でも楽しめるハイテク体験でお客さまをおもてなしいたします。

またパビリオンでは、カフェの屋根に設置された太陽光パネルで発電した再生可能エネルギーを「日産リーフ」に蓄電し、そのリーフに溜めた電力をこのカフェの一部の電力として使用しています。Nissan Energy Shareで謳う「つくる」「ためる」「つかう」を体現した、ゼロエミッション電源を実現したオフグリッドカフェです。「日産リーフ」のリユースバッテリーも活用することで、安定的な電力供給を可能にしています。

カフェ営業時間:
月〜木11:00~19:00、金11:00〜20:00、土10:00〜20:00、日祝10:00〜19:00
休業日:パビリオン休館日に順じる
価格帯:400円〜1,800円レシピ開発

ニッサン パビリオンの展示車

  • 日産アリア 4台(うち1台をARIYAライドに利用)
  • 日産リーフ 2台
  • アイスクリーム移動販売車のコンセプトカー(e-NV200) 1台
  • フォーミュラE 1台
  • NISSAN GT-R 1台
  • NISSAN GT-R NISMO 1台

ニッサン パビリオン 概要

■名称
ニッサン パビリオン

■URL
https://www.nissan.co.jp/BRAND/PAVILION/

■住所
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-1

■オープン期間
2020年8月1日(土)〜10月23日(金)
平日11:00~19:00、土日祝10:00〜19:00
休館日:不定期

■料金
無料

■建築規模
敷地面積:10100㎡(3,055坪)
構造規模:鉄骨造1階建(ファサード:ETFE膜)
延床面積:4003.75㎡(1,211坪)

■主催
日産自動車(協力:横浜市、横浜みなとみらい21)

ニッサン パビリオンができるまで

日産パビリオンの工事の様子を、不定期に撮影していたので完成まで完成までの様子を当時のコメントともに掲載。

2019年12月の様子

日産パビリオン横浜の建設工事写真

なんか建設工事が始まっていたのでよくよく見たら、“NISSAN PAVILION Yokohama”の看板が。

日産パビリオン横浜の建設工事写真
横浜アンパンマンこどもミュージアム側から
日産パビリオン横浜の建設工事写真
オーケーストアみなとみらい側から

日産自動車の展示場ができるのかな?

2020年4月の様子

日産パビリオンの工事の様子(2020年4月撮影)

順調に進んでいるようですが、2020年初夏の完成とは言え、新型コロナウィルスの余波が心配です。

2020年6月の様子

日産パビリオンの外観写真

外観はもう完成している感じ?

日産パビリオンの外観写真

期間限定の建物というのがもったいない。

日産パビリオンの外観写真

夏の一般公開が楽しみ。
でも日産、、、新車のラインナップが…あまり……。

ニッサンパビリオンの外観写真

というかこれだけの施設、本当に3か月間だけの期間限定なのだろうか…。

あわせて読みたい
みなとみらい62街区に水族館やフォーシーズンズホテルが誕生!オーケーストアの裏側に2026年予定
みなとみらい62街区に水族館やフォーシーズンズホテルが誕生!オーケーストアの裏側に2026年予定再開発事業の公募が何度か繰り返されてきた、みなとみらい21中央地区62街区の事業予定者がついに決定しました。事業予定者は、マレーシアのBerjaya Corporation Berhad...
NISSAN PAVILION Yokohama

住所:横浜市西区みなとみらい6-2-1(Googleマップ→
最寄駅:●みなとみらい線 新高島駅から徒歩3分
URL:https://www.nissan.co.jp/BRAND/PAVILION/

SPONSORED LINK

コメント

コメントする

目次
閉じる