SPONSORED LINK
みなとみらい・新港

無料エリアでも大満足!横浜アンパンマンこどもミュージアム体験記。施設もショーもパワーアップ!

2019年7月7日(日)、「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が移転新築リニューアルしたので遊びに行ってきました!

移転後の横浜アンパンマンミュージアムの外観写真

結論から言うと、全体的にパワーアップしていて、無料エリアでも大満足だったし、有料エリアなら超絶大満足でした。無料で観れるショーもパワーアップしていてオススメです。この記事では無料エリアでどれだけ楽しめるかに焦点を絞って紹介します。
※飲食物、物販品、ゲームはそれぞれ料金が発生します。

横浜アンパンマンこどもミュージアム

横浜アンパンマンこどもミュージアムの外観写真

新しい「横浜アンパンマンこどもミュージアム」は、旧施設から徒歩10分の距離に移転新築しました。建物構成は地上3F、地下1F。

移転後の横浜アンパンマンミュージアムのフロア構成(※クリックで拡大)©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

・B1=第1駐車場(128台収容可)
・1F=ショップ&フード・レストラン [無料エリア]
・2F=ミュージアム入口・チケット売場 [有料エリアの受付]
・3F=ミュージアム [有料エリア]

2・3Fのミュージアムは、入場料1人2,200円(1歳以上)。前売WEBチケットもあります。

≪営業時間≫
・ミュージアム 10:00〜17:00 ※最終入館16:00
・ショップ&フード・レストラン 10:00〜18:00

SPONSORED LINK

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアクセス

電車の場合

旧施設も移転後の新施設も最寄駅はみなとみらい線「新高島駅」です。ただし所要時間は8分→3分に短縮。そしてもう1つ大きな違いは、

横浜駅から、移転後の横浜アンパンマンミュージアムへのアクセスマップ(引用:横浜アンパンマンこどもミュージアム公式サイト)

横浜駅からの徒歩アクセスも短縮されたこと。これけっこう大きいかな。
そごうとスカイビルの間を通るルートの方が近いです。

車の場合
横浜アンパンマンミュージアムへのアクセスマップ(引用:横浜アンパンマンこどもミュージアム公式サイト)

第一駐車場(B1):128台
第二駐車場(富士ゼロックス1F):188台
料金:最初の1時間600円 以降300円/30分
高さ制限:2.1m
※サービス券(割引券)の発行はありません

長時間停めるなら、隣のオーケーストアの方が安いのかな。試していないので責任は持てません!

横浜アンパンマンこどもミュージアム1F(入場無料)

横浜アンパンマンこどもミュージアムの1F入口

旧施設と異なり、すべてが館内で利用できるようになり、雨の日でも気にせず過ごせるようになりました。またほとんどのお店が1階の同じフロアにあるので、お店の場所が分かりやすく移動も楽に感じます。

ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ
移転後の横浜アンパンマンミュージアムのドキンちゃんのドキドキおしゃれショップドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ

ドキンちゃんのお店はドキンちゃんグッズがメインになり、ピンクを基調にした店内はハート柄のアイテムなどかわいい雰囲気に包まれていました。もちろん他のキャラクターグッズも置いてあるので、ドキンちゃん好きじゃなくても楽しめる空間になっています。

バタコさんの手づくりハウス
移転後の横浜アンパンマンミュージアムのバタコさんの手づくりハウスバタコさんの手づくりハウス

バタコさんの店は手芸用品や雑貨が売っています。かわいいワッペンがたくさん置いてあり、見てるだけでもテンションが上がります。
お名前の刺繍サービスも行なっているようです。

アンパンマンテラス/アンパンマンフレンズ
移転後の横浜アンパンマンミュージアムのアンパンマンテラス/アンパンマンフレンズアンパンマンテラス/アンパンマンフレンズ

アンパンマンテラスはミュージアム内にあるお店の中で一番広く、お土産、おもちゃなどたくさんの雑貨が置いてあります。

移転後の横浜アンパンマンミュージアムのアンパンマンテラス/アンパンマンフレンズ

横浜限定のお土産もあるので、観光のお土産に買うと喜ばれそうです。

移転後の横浜アンパンマンミュージアムのアンパンマンテラス/アンパンマンフレンズ

横浜の文字が入ったTシャツも置いてありました。お土産に最適ですね。

移転後の横浜アンパンマンミュージアムのアンパンマンテラス/アンパンマンフレンズ

おもちゃのサンプルもあるので、触って遊んでお試しがでる、お子様にも人気のお店です。

SPONSORED LINK



アンパンマンカーニバル王国
横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンカーニバル王国

アンパンマンカーニバル王国は、いろいろなゲームで遊べる、ゲームセンターのようなお店です。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンカーニバル王国の写真

乗り物やガラポンなどがあり、ゲームによってはおもちゃがもらえるものもあります。「カーニバルゲーム」がオススメ。
※ゲームは有料です。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンカーニバル王国

券売機で券を購入します。
カーニバルゲームは、「3種類のゲーム+おもちゃ」がセットになっていて、もらえるおもちゃの種類によって料金や券の種類が変わります。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンカーニバル王国

カーニバルゲーム+ミニケース付き(キーホルダー)にしてみました。

キーホルダーは8種類のキャラクターの中から選べるのですが、メロンパンナちゃん好きの息子3歳がセレクトしたのは…

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンカーニバル王国のゲーム景品

まさかのばいきんまん!いつもながら息子の心変わりにはついていけません…w

早速3種のゲームをしましょう。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンカーニバル王国にあるカーニバルゲーム

(1)手元にあるボタンを押しながらボールをゴールまで転がすゲーム。小さな子でも手助けされながら最後まで頑張っていました。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンカーニバル王国にあるカーニバルゲーム

(2)アンパンマン号を走らせてアンパンマンを助けるゲーム。レバーを上下しながらアンパンマンの元に駆けつけます。「僕が助けたんだー!」と嬉しそうな息子でした。

(3)パンチ棒を使ってすべての的にパンチすると、ばいきんまんをやっつけることができます。お姉さんが助けてくれたり盛り上げたりしてくれるので、初めてのゲームも戸惑いながら楽しめます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンカーニバル王国

こちらはガラポン(500円)。でっかいガラポンがゴロゴロ落ちてくる、おもしろいやつ。

SPONSORED LINK



ショー「がんばれ!アンパンマンごう」

1番すごかったのはこのショーかな。もちろん無料。
アンパンマンとジャムおじさんたちが、アンパンマンごうに乗ってパンを配達中、大きなだだんだんに乗ってやってきたばいきんまんが。ジャムおじさんたちといっしょに、アンパンマンこどもミュージアムを守ろう!というショー。アンパンマンたちは出演しません。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのショー「がんばれ!アンパンマンごう」

1Fのひろばで行われます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのショー「がんばれ!アンパンマンごう」

旧施設の無料ショーは、屋外でアンパンマンたちが奮闘していましたが、屋内となった新施設では照明や吊りを使って今までにないアトラクションが可能に。

だだんだんがデカくて圧巻だった。
ハードル上げるとギャップが減るので、最初は期待値小で観てみて下さい。

参考:イベントスケジュールはこちら[PDF]

横浜アンパンマンこどもミュージアム1F:レストラン・フード

旧施設同様、アンパンマンミュージアムのフード系は充実していて楽しかった。インスタ映えしそう。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
圧倒する速さ NURO光

いろんなお店を楽しめるフードコート

横浜アンパンマンこどもミュージアムのフードコート

以前あったレストランが集まってフードコートができていました!子連れだとフードコートは魅力的ですよね。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのフードコート

奥にもたくさんの席があります。今までは食べる席も少なかったので、それに比べるとかなり利用しやすくなったのではないでしょうか。

奥にもたくさんの席があります。今までは食べる席も少なかったので、それに比べるとかなり利用しやすくなったのではないでしょうか。

ポップコーンやさん、ソフトクリームやさん、、ハンバーガーやさん、うどんやさん、ごはんやさん…と充実。

アンパンマンレストラン

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンレストラン

フードコートの隣にあるアンパンマンレストラン。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンレストランメニュー

旧施設同様、不二家が運営するレストランで、楽しそうなメニューに満ち溢れています。

ジャムおじさんのパン工場

横浜アンパンマンこどもミュージアムのジャムおじさんのパン工場

人気キャラクターのパンが買えるお店です。旧施設では土日になると大行列になっていたので、恐らくここもそうなるかと思います。この日は夕方の時間帯だったので、そこまで人は多くありませんでした。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのジャムおじさんのパン工場

とにかくキャラの再現性高いし、味も美味しいので人気。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのジャムおじさんのパン工場

ただこの日残っていたパンは、あかちゃんマンとアンパンマンとカレーパンマンのみ。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのジャムおじさんのパン工場

夕方になると並ぶ時間は少なくて済みますが、その分お目当てのパンが売り切れていることも…早めの利用がオススメ。

横浜アンパンマンこどもミュージアム1F:ファミリーステーション

移転後の横浜アンパンマンミュージアムのファミリーステーション

子育て中のママ・パパには必須の施設、授乳室・離乳食コーナー・オムツ交換室・キッズトイレを完備したファミリーステーション。

横浜アンパンマンミュージアムのファミリーステーション「キッズトイレ」
横浜アンパンマンミュージアムのファミリーステーション「キッズトイレ」
横浜アンパンマンミュージアムのファミリーステーション

1Fのひろば横にすべて揃っています。動線が少なくていい。

横浜アンパンマンミュージアムのファミリーステーション

コインロッカーもあるので、荷物はここに預けてノビノビ動き回ろう。また1FにはATMもあります。

SPONSORED LINK



横浜アンパンマンこどもミュージアムのまとめ

旧施設は既存の建物をアンパンマンミュージアムとして利用していましたが、今回は「アンパンマンミュージアムとして新築」してあります。当然ながら新施設の方が良かった。

完全屋内の全天候型になったし、天井を利用できることによる新たなショーも増えて一石四鳥くらいになっているのでは。

有料エリアは値上がりしたし、1歳以上から一律料金(前もそうだけど)ということで高く感じますが、これまでのアンパンマンたちが登場する無料ショーを有料エリアに振り分けたことで差別化できたかもしれませんね。アンパンマンが登場するショーの付加価値が高まるというか。アンパンマンが登場しないけれど、アンパンマンカーとだだんだんのショーは見ごたえありますから。

まだ1回しか行けていないので完全把握はしていませんが、これからも息子が興味ある限り行ってみたい!

横浜アンパンマンこどもミュージアム

住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-9(Googleマップで見る
最寄駅:●みなとみらい線 新高島駅4番出口から徒歩3分/●横浜駅東口から徒歩10分、きた東口Aから徒歩13分
駐車場:あり(第1:128台、第2:188台/富士ゼロックス1F)駐車場割引はありません
URL:http://www.yokohama-anpanman.jp

↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です