SPONSORED LINK
横浜の歴史

【横浜の遺構】消防救急発祥之地…よりも存在感ある、隣の旧居留地消防隊地下貯水槽

みなとみらい、関内、日本大通り、横浜中華街、伊勢佐木町はすべて埋め立て地というのは有名な話。1859年に横浜が開港すると、大量の外国人が貿易しにやって来るのだが、それを疎ましく思っていた当時の幕府は栄えていた東海道沿い(横浜駅や東神奈川など)ではなく、貧しい漁村でしかない横浜村に「えーい、隔離しちゃえ!」と決断。

どんどん増える外国人の労働・居住地(居留地)を確保するため、現在の横浜中華街や日本大通りなどのエリアが埋め立てられて完成。外国人を居留地の中に入れ、居留地以外との境に設けた関所の内側を「関内」、関所の外側を「関外」と呼んだのが今の関内の由来。へぇー

消防救急発祥之地

そして、居留地内に居留地消防隊が設置され、

消防救急発祥之地消防救急発祥之地の石碑

今も残る『消防救急発祥之地』の石碑がこれ。
横浜スタジアムがある『横浜公園』から海側に3分ほど歩いた場所にあります。

消防救急発祥之地

だけど“発祥の地”って、石碑しかないからそれ以外の見所がないというのも本音。

旧居留地消防隊地下貯水槽遺構

旧居留地消防隊地下貯水槽遺構旧居留地消防隊地下貯水槽遺構

それよりも隣にある、『旧居留地消防隊地下貯水槽遺構』の方が刺さる。

それよりも隣にある『旧居留地消防隊地下貯水槽遺構』を覗くとこんな感じ透明版が張ってあるけど、覗けます

貯水槽遺構の中を覗くとこんな感じ。

消防救急発祥之地と旧居留地消防隊地下貯水槽遺構の写真消防救急発祥の石碑(中央右)と貯水槽遺構(手前左)

こういう風に並んでいます。日本で最初の消防車&救急車導入もここだそうです。
周辺には歴史風味あふれる建造物もたくさん。

かをり山下町本店老舗洋菓子店「かをり 山下町本店」

道路を挟んだ向かいには、日本で最初のホテル『ヨコハマ・ホテル』跡地に建つ洋菓子店『かをり山下町本店』も。「日本のホテル発祥の地」の碑もあり。

山下消防出張所のシャッターに描かれている日本初のポンプ車を備えた消防隊写真

ちなみに、民間消防隊の様子や、日本初のガソリンエンジン消防車が配置された当時の様子が、横浜市消防局山下町消防出張所のシャッターに描かれています。シャッターが下りているときしか見れません。
Googleマップで見る→ 横浜市消防局 山下町消防出張所

SPONSORED LINK

おすすめルート

「横浜公園」で子供を遊ばせる

「消防救急発祥之地」とか見る

「gooz」で昼飯ゲット

また「横浜公園」に戻って食べる(or そのまま「山下公園」で食べる)

gooz いちょう並木通り店gooz いちょう並木通り店

みなさん、コンビニ『gooz(グーツ)』はご存知ですよね?
選べるインスタントコーヒーの銘柄、おいしそうな手作り弁当、おいしそうな手作りパンが満開の、あのコンビニですよ?
神奈川県発祥のコンビニ『スリーエフ』の新業態で、コンビニ僕ランキング、ぶっちぎり1位の、あのコンビニですよ?
日本に3店舗ある、あのコンビニですよ?(2018.8月現在)

gooz

店内の食べ物すべてがおいしそうで、本当にいつも迷う!
2004年の1号店オープンから店舗数が増えたものの、神奈川県庁前とみなとみらいは、あえなく閉店。なぜこのお店が流行らないのか、時代が追いついていないのか…。
あまり昼過ぎてからだと商品も少なくなるので、少しお早めに!

「消防救急発祥之地」から「gooz」は歩いて2分くらいです。

消防救急発祥之地

住所 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町70
最寄駅 みなとみらい線『日本大通り駅(3出口)』から徒歩1分
JR・市営地下鉄ブルーライン線『関内駅』から徒歩9分
この関連記事もよく読まれています
【横浜の遺構】赤レンガ倉庫横の旧横浜港駅プラットホームは、郷愁感がハンパない『赤レンガ倉庫』って有名だけど、その横(みなとみらい側)にある、ポツンとたたずむ駅のホームの一部みたいなの見たことありますか?その見た目どおり、『横浜港駅』という昔あった駅の復元プラットホームなんです。...
【横浜の遺構】二代目横浜駅はこんなところにあった!そして今なお残る東横線高島町駅跡地今ある横浜駅は“三代目”で、初代横浜駅は、現在の桜木町駅の場所にあったというのは有名な話。では、“二代目”はどこにあるのか…ということで行ってみた。市営地下鉄ブルーライン線「高島町駅」近くの『高島町交差点』すぐそば。...
旧横浜居留地48番館の外観写真
【横浜の遺構】旧横浜居留地48番館は、現存する横浜最古の近大建築物。神奈川芸術劇場裏どんどん再開発が進む横浜市。とは言え開国によって真っ先に西洋文化が入ってきた横浜市には、2019年の現在でも歴史的遺構がいたるところにあります。明治期、紅茶やダイナマイトを扱う商人モリソンの事務所兼住宅として建てられた「旧横浜居留地48番館」もそのひとつ。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です