横浜駅

横浜駅東口のアソビルに「えんとつ町のプペルVR」が期間限定で登場!街並みを360度で完全再現

アソビル内に期間限定で誕生するえんとつ町のプペル VRのイメージ写真

横浜駅直通複合型エンターテインメントビル「アソビル」2階の常設体験イベントフロア「ALE-BOX/エールボックス」内にて、キングコング西野亮廣さん著書の絵本「えんとつ町のプペル」のストーリーをVRで楽しめる『えんとつ町のプペル VR』を2019年3月15日(金)より期間限定で開催することが発表されました。

開催期間:2019年3月15日(金)~6月14日(金)予定

アソビル2Fのうんこミュージアムの写真
お金払ってウンチ浴びて来た「うんこミュージアム」体験レポ。混雑でチケット予約が確実。当日券可横浜駅東口(みなみ東口直通)にできた「アソビル」。今日は2Fエールボックス内の「うんこミュージアム YOKOHAMA」に行って“ウンチに...

関連:お金払ってウンチ浴びて来た「うんこミュージアム」体験レポート

関連:【徹底解剖】アソビルとは?___横浜駅ASOBUILDフロア紹介

「えんとつ町のプペル」とは?

アソビル内に期間限定で誕生するえんとつ町のプペル VRのイメージ写真

キングコング西野亮廣さんによる絵本『えんとつ町のプペル』は、制作期間4年半、総勢35人のクリエイターによる分業制で、キャラクターはもちろん、街並み、風景、小道具に至るまで緻密に描き込まれた作品です。

「えんとつ町のプペル VR」とは?

アソビル内に期間限定で誕生するえんとつ町のプペル VRのイメージ写真

「えんとつ町のプペル」の美しいイラストの世界を、そのまま立体的な360度VR空間で再現したもの。
参加者は絵本の世界に入り込み、光り輝く美しい街並みを堪能したり、ゴミ人間プペルと少年ルビッチをはじめとしたキャラクターの生き生きとした掛け合いを楽しむことができます。

体験者はVR空間でかぼちゃアバターとなり、体験者全員でえんとつ町の世界に入る“共有体験”ができるコンテンツにもなっています。スタンドアロンVR HMD Lenovo Mirage Soloを使用した国内初の多人数同時接続システムと、立体感のある外部音響のもと、物語の中に入り込める次世代のバーチャル体験が可能です。

 

SPONSORED LINK
NURO光画像

絵本を読んでないと楽しめないの?

アソビル内に期間限定で誕生するえんとつ町のプペル VRのイメージ写真

このVRコンテンツは絵本『えんとつ町のプペル』を読んだことがない方でもお楽しみいただけますが、物語の世界感をより理解いただけるよう、絵本『えんとつ町のプペル』の物語をルーム内にて展示いたします。

絵本を読んでいなくても楽しめるけど、読んでいたらもっと楽しめるということでしょうね。
この絵本、家にあるけどキッチリ読んでいないから、これを機会に読んでから参戦したいな。

SPONSORED LINK

「えんとつ町のプペル VR」開催概要

正式名称

えんとつ町のプペル VR

住所

神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9 アソビル2F ALE-BOX内

開催日程

2019年3月15日(金)〜6月14日(金)予定

定休日

不定休

営業時間

・平日(月~木)11:00~20:00 ※最終入場受付 19:30
・金土日・祝前日・祝日 10:00~21:00 ※最終入場受付 20:30

上映時間

各回約15分(所要時間約30分)

年齢制限

7才以上

席数

24席

入場方法

事前予約によるチケット制(※空き状況次第では当日券もあり)

入場料金

・大人(13歳以上)1400円
・小人(7〜12歳)700円
・大人ペア2500円
※いずれも税込表記

予約URL

https://reserve.ale-box.com/reserve/122

アソビル2Fのうんこミュージアムの写真
お金払ってウンチ浴びて来た「うんこミュージアム」体験レポ。混雑でチケット予約が確実。当日券可横浜駅東口(みなみ東口直通)にできた「アソビル」。今日は2Fエールボックス内の「うんこミュージアム YOKOHAMA」に行って“ウンチに...
アソビルの外観写真
【徹底解説】アソビル横浜とは?___横浜駅東口 ASOBUILDフロア別まとめ横浜駅東口側、横浜中央郵便局別館がフルリノベーションされて、新感覚のエンターテインメントコンテンツを体験できる施設「アソビル」に生まれ変...

参考:【徹底解剖】アソビルとは?___横浜駅ASOBUILDフロア別まとめ

関連のある記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です