横浜駅

地上43階建ての高層ビルが鶴屋町に誕生!横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

みなとみらい地区の再開発がラッシュしていますが、みなとみらいと馬車道のはざまで存在感が薄かった「北仲通地区」もこれから熱くなる予定。

と、同様に横浜駅西口に隣接する地区でありながら、首都高の高架下で薄暗いイメージもある『鶴屋町』がリブランディングされる…予定!横浜駅西口に駅ビルが建設中であることと並行して、その施設とつながる形で鶴屋町に44階建ての高層ビルが建設されています。

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業の概要

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業(引用:横浜市記者発表資料)
名称

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

住所

横浜市神奈川区鶴屋町1-3-1

用途

住宅・店舗・事務所・ホテル・サービスアパートメント・集会場

建築規模

高さ179.9m、地上43F・地下2F
敷地面積:6,687㎡、建築面積:4,980㎡、延べ面積:79,420㎡

住戸数

459戸

完成予定

2022年3月

SPONSORED LINK

「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」完成イメージ

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業(引用:横浜市記者発表資料)

このエリアに、この高さってなかなか目立ちます。

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業(引用:横浜市記者発表資料)

「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」建設工事写真

2019年2月より工事開始となっていました。

2019年3月の様子

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業の建設工事看板 横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業の建設現場

本格的に始まるのはこれからですね。

横浜駅西口の再開発

横浜駅西口の駅ビル再開発計画

このビル建設計画とは別に、JR東日本によって駅ビルも建設中です。(仮称)横浜駅西口駅ビル計画といって、駅前棟と鶴屋町棟に分かれています。この3棟は、すべて歩行者通路でつながるらしく鶴屋町もイメージが変わるのではないでしょうか。

JR横浜タワーの外観イメージ
横浜駅西口『JR横浜タワー』2020年開業!NEWoMan・映画館・CIAL横浜・JR横浜鶴屋町ビルも横浜駅の新たなランドマークになるべく、「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」が絶賛進行中ですが、このたび建設中2棟の建物名が正式に決まりました。その名もズバリ、「JR横浜タワー(駅前棟)」と「JR横浜鶴屋町ビル(鶴屋町棟)」!率直に、キャ~、ダサーい!...

まとめ

横浜駅西口というと、高島屋や相鉄ジョイナスが強くて、逆側だと横浜モアーズ、あとはヨドバシカメラくらいしかなくてちょっと弱い…。でもこの3棟が完成して「鶴屋町」という新たな地域ブランドが確立できれば横浜駅西口もさらに活性化されるのでは…と期待。

この関連記事もよく読まれています

↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/
ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です