横浜市の10万円給付は5/28~申請書順次発送

鶴屋町に再開発で43階高層ビル!横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

みなとみらい地区の再開発がラッシュしていますが、みなとみらいと馬車道のはざまで存在感が薄かった「北仲通地区」もこれから熱くなる予定。

と、同様に横浜駅西口に隣接する地区でありながら、首都高の高架下で薄暗いイメージもある「鶴屋町」がリブランディングされます!

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

2024年を完成予定とする横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業で、横浜駅西口の駅ビル建設と並行して、それらの施設とつながる形で鶴屋町に44階建ての高層ビルも誕生します。

→【追記】JR横浜タワー(「NEWoMan横浜」、「CIAL横浜」、「T・ジョイ横浜」)およびJR横浜鶴屋町ビルは開業延期になりました。開業日が決定次第追記します。

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業の概要

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

(引用:横浜市記者発表資料)

名称
横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

■住所
横浜市神奈川区鶴屋町1-3-1

■用途
住宅、ホテル、店舗、事務所、サービスアパートメント、グローバルスカイコモンズ、駐車場等

■建築規模
高さ179.9m、地上43F・地下2F
敷地面積:6,687㎡、建築面積:4,980㎡、延べ面積:79,420㎡
総事業費:約387憶円

■住戸数
459戸

■完成予定
2022年3月 → 2024年

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

(引用:横浜市記者発表資料)

SPONSORED LINK

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業の建設工事写真

2019年2月より工事開始となっていたので、完成までの写真を不定期に掲載していきます。

2019年3月の様子

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業の建設工事看板

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業の建設現場

本格的に始まるのはこれからですね。

横浜駅西口の再開発

横浜駅西口の駅ビル再開発計画

このビル建設計画とは別に、JR東日本によって駅ビルも建設中です。

(仮称)横浜駅西口駅ビル計画といって、駅前棟と鶴屋町棟に分かれています。この3棟は、すべて歩行者通路でつながるらしく鶴屋町もイメージが変わるのではないでしょうか。

JR横浜タワーの外観イメージ【開業延期】横浜駅「JR横浜タワー」が2020年誕生!NEWoManやCIAL、映画館T・JOYで活性化する横浜駅西口に期待JR横浜タワーに誕生するNEWoMan横浜のロゴニュウマン横浜が2020年5月30日オープン!全116店舗のテナント。ルミネの新商業施設NEWoManが横浜駅に上陸で求人も開始JR鶴屋町ビルのイメージ写真横浜駅西口に「CIAL横浜」復活!鶴屋町には別館ANNEXも。テナント61店舗発表【JR横浜タワー】JR横浜タワーに誕生する映画館T・ジョイ横浜のイメージ図横浜駅の「T・ジョイ横浜」は9スクリーンの新しい映画館。ドルビーシネマ導入やFOODシネマなどの試みも【JR横浜タワー】横浜駅西口の商業施設横浜モアーズの外観リニューアルのイメージ図横浜モアーズがリニューアル!JR横浜タワーと地下で接続、西口が活性化します。外観もLEDライティングに変身

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業まとめ

横浜駅西口というと、高島屋や相鉄ジョイナスが強くて、逆側だと横浜モアーズ、あとはヨドバシカメラくらいしかなくてちょっと弱い…。

でもこの3棟が完成して「鶴屋町」という新たな地域ブランドが確立できれば横浜駅西口もさらに活性化されるのでは…と期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です