電車とか

京急ファミリー鉄道フェスタ2019初参戦。食事や物販も充実!混雑回避には事前応募がオススメかも

京急イベントの中でも、年に1度開かれるビッグイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」に初参戦してきたので、そのレポートをお届けします。今年は事前応募を一切しませんでしたが、来年はチャレンジしてみたい。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019

京急ファミリーフェスタ2019の様子

2019年5月19日(日)に開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」。京急電鉄の車両工場である久里浜工場を、年に一度開放して実施するイベントで、今年で20回目の開催。京急久里浜駅付近もあまり行く機会がないので、そういう意味でも貴重なイベントでした!

交通アクセスは、自家用車はNGで、京急久里浜駅から無料シャトルバスと事前応募制のお迎え臨時電車、乗車券で乗れるお帰り臨時電車が出ています。あとは徒歩。京急久里浜駅からは徒歩20分、北久里浜駅からは徒歩23分という感じ。

SPONSORED LINK

行き:あえて北久里浜駅から徒歩で

混雑の分散目的なのか、小学生以下のお子さま先着1,200名に「北久里浜駅から徒歩で来場すれば、けいきゅんアイロンワッペンをプレゼント!」というのがありまして。せっかくなのでやってみました。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の様子

北久里浜駅に係の人がいるので整理券をもらいます。会場の近くに、ワッペン引換所があるらしいのでそこを目指します。
さぁこっから23分歩くぜよ。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の様子

ありました、引換所。
暑い中、お姉さんポツンとご苦労様です。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の様子

けいきゅんアイロンワッペンGET。
あいかわらずカワイイのう。
徒歩23分の労力が、けいきゅんワッペンに早変わり。

ワッペン引換所から会場まではすぐ。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の会場入口写真

久里浜工場に到着。楽しむぞ。

会場:京急ファミリー鉄道フェスタ2019

入ってすぐのところに「佐川急便一時荷物預かりサービス(1個500円)」というコーナーがありました。荷物を預けてゆっくり回れますね。荷物の発送もやってたよ。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019のパンフレット(※クリックで拡大)

ヤバイ、見どころ三昧だ。
まずは……飲食コーナーへ(*´ω`*)

飲食コーナー・物販コーナー

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の飲食コーナー

京急ストア(弁当・焼き鳥)、カレーの街よこすか(カレー・から揚げ)、三浦市(まぐろトロちまき・とろまん)、京急ロイヤルフーズ(かき氷・焼きそば)、観音崎京急ホテル(カレー)、仕立屋(弁当)、京急油壷マリンパーク(貝焼き)、MASS TOKYO(かき氷フラッペ)…いろんな出店が群雄割拠。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の飲食コーナー

“チヂミ200円”
やっす。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の物販コーナー

物販コーナーの、けいきゅんと写真撮影には長蛇の列が。さすがけいきゅん。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の物販コーナー

京急に乗った絵を描いてくれる似顔絵屋さん。
他にも「赤い電車」や「おとどけいきゅう」などもありました。各鉄道会社のコーナーも。熱気むんむんです。

SPONSORED LINK

展示コーナー

京急ファミリーフェスタ2019の様子

検測車や探傷車(たんしょうしゃ)の展示や、

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の様子

バス車両なども展示されていました。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の様子

メインとなる保存車両展示や、京急のいろんな車両撮影に関しては…写真をほぼ撮っていないので紹介できません。すこぶる後悔。

人様のツイートをば、引用させていただきます。

京急歴史記念館

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の京急歴史記念館

京急の歴史がいっぱい詰まっています。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の京急歴史記念館 京急ファミリー鉄道フェスタ2019の京急歴史記念館 京急ファミリー鉄道フェスタ2019の京急歴史記念館

こういう歴史ものは好物ですね。

トイレ事情

京急ファミリー鉄道フェスタ2019

各所にトイレや臨時トイレがあり、オムツ交換・授乳スペースは前述の京急歴史記念館内にありました。ただし混雑は不可避。

SPONSORED LINK

帰り:無料シャトルバス

帰りは、疲れていたので無料シャトルバスを使うことにしました。最終に近かったため…

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の無料シャトルバス(帰り)

ここも長蛇の列。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の無料シャトルバス(帰り)

ようやく乗れました。
お疲れ京急。

ちなみに会場を出るときは、

京急ファミリー鉄道フェスタ2019のお見送り

京急の人達によるお見送り。

お帰り臨時電車には↓

京急、惚れてまうやろ。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019のまとめ

初めて京急ファミリー鉄道フェスタに参加した2019年。来年も同じようなコンテンツがあると想定して来年度の対策を勝手にやってみた。

・行きは、北久里浜駅から歩き(当選すればお迎え臨時電車)。
・帰りは、お帰り臨時電車。

が理想かな。帰りは自分も子供も疲れきっているので徒歩はナシ。シャトルバスに乗るとしても、イベント終了間際はかなり混雑するので避けた方がいいかも。

お迎え臨時電車(京急久里浜駅→会場)だけ事前応募制で、お帰り臨時電車(会場→京急久里浜駅)は乗車券があれば乗れます。

【お帰り臨時電車の注意事項(2019年)】

※会場内の乗車券売場にて乗車券を発売いたします。混雑するので事前に買うべし。
※京急久里浜駅までご乗車の場合は入場料金を、他の駅までご乗車の場合は京急久里浜駅からの普通旅客運賃をいただきます。
※京急久里浜駅からの乗車券もご利用できます。
※京急久里浜駅を区間に含む乗車券(企画乗車券、定期券など)もご利用できます。
※PASMOなどのICカード乗車券はご利用になれません。

京急ファミリー鉄道フェスタ2019では、こちらのイベントが事前応募制でした↓

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の事前応募イベント一覧(※クリックで拡大)

お迎え臨時電車はもちろんのこと、運転台撮影や信号機操作体験など、しっかり計画立てて来年は事前応募したいな。

他にも、1000名様限定で車両部品販売とかあったけど、これはプロの鉄道ファンの領域のような気がして…踏み込めない。

イベントを総括すると、京急を好きになる要素が詰まっていて、子供にも大人にも、とてもいいイベントでした。
そんな京急も、2019年にはみなとみとみらいへの本社移転が控えています。併設される企業ミュージアム(デハ230形が展示予定)が楽しみです。

みなとみらいの京急グループ本社に併設される京急ミュージアム(仮称)
ミュージアムも併設!京急グループ本社は2019年10月に移転完了[みなとみらい]みなとみらい21中央地区56-1街区において建設を進めている新本社ビル「京急グループ本社」の施設内には、京急グループの企業ミュージアム「京急ミュージアム(仮称)」、みなとみらい地区における子育て支援施設として「認可保育所」を併設します。...
京急の関連情報
「京急宴線 真夏のONE PIECE列車」のロゴ
京急宴線 真夏のワンピース列車運行!青物横チョッパー駅など7駅の駅名が変更!ラッピング電車も!「ワンピース」とのコラボ企画として「京急宴線 真夏のONE PIECE(ワンピース)列車」を実施。赤・青・黄の3色3編成の列車に「ワンピース」のラッピングを施し運行するとともに、青物横丁駅、生麦駅、黄金町駅、上大岡駅、YRP野比駅および三浦海岸駅の6駅のほか、シークレット1駅を加えた全7駅の駅名看板を「ワンピース」仕様に変更します。...
京急ファミリーフェスタ2019の様子
京急ファミリー鉄道フェスタ2019初参戦。食事や物販も充実!混雑回避には事前応募がオススメかも2019年5月19日(日)に開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」。京急イベントの中でも、年に1度開かれるビッグイベントに初参戦してきたので、そのレポートをお届けします。来年はお迎え・お帰り臨時電車や事前応募制のイベントにチャレンジしたい。...
みなとみらいの京急グループ本社に併設される京急ミュージアム(仮称)
ミュージアムも併設!京急グループ本社は2019年10月に移転完了[みなとみらい]みなとみらい21中央地区56-1街区において建設を進めている新本社ビル「京急グループ本社」の施設内には、京急グループの企業ミュージアム「京急ミュージアム(仮称)」、みなとみらい地区における子育て支援施設として「認可保育所」を併設します。...
日産本社ビルと京急グループ本社ビルをつなぐ歩道橋新設工事の標識
日産本社ビルから京急本社ビルまで、歩道橋新設工事がスタート。横浜駅東口までスムーズなアクセスにみなとみらい21地区に建設中の「京急グループ本社ビル」。現在は、横浜駅東口から日産本社ビルを抜けて「横浜グランゲート」や富士ゼロックスビルの方までペデストリアンデッキが続いています。そのデッキを「京急グループ本社ビル」側までつなげるための、歩道橋新設工事が行われています。...
京急線の電車をモロに感じられる、横浜駅から一番近い踏切はココじゃなかろうか京急線の電車を間近に感じられるスポットを発見。”モロ京急スポット”としてはココが横浜駅に一番近くて体感できる場所なのでは。横浜駅東口・みなみ東口から徒歩4分。ちょうどJR京浜東北・根岸線と交差する場所です。地下では市営地下鉄ブルーライン線も交差している、ここ「横浜第2踏切」。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です