MENU

過去の記事

横浜新市庁舎に商業施設ラクシスフロント開業!

【開業延期】横浜駅「JR横浜タワー」が2020年誕生!NEWoManやCIAL、映画館T・JOYで活性化する横浜駅西口に期待

横浜駅の新たなシンボルとなる「JR横浜タワー」の2020年5月30日(土)開業に伴い、入居する商業施設「NEWoニュウManマン横浜」、「CIAシャL横浜」、映画館「T・ジョイ横浜」もドデカくオープンします。

横浜駅の新たなランドマーク「JR横浜タワー」の外観イメージ

駅前棟(JR横浜タワー)

JR横浜タワー開業により、横浜駅周辺の回遊性を高める近隣各所との接続や、待ち合わせや憩いの場となるオープンスペースなどの施設も使用開始となります。

横浜駅に建設中のJR横浜タワーとJR鶴屋町ビルの上空写真

(右)JR横浜タワー、(左)JR鶴屋町ビル

また同様に建設中の、宿泊特化型ホテル「JR東日本ホテルメッツ 横浜」および商業施設「CIAL横浜 ANNEX」が入居する「JR横浜鶴屋町ビル」は、2020年6月5日(金)にグランドオープンします。

ちなみに同時期に、お隣JR桜木町駅には「JR桜木町ビル」も開業予定です。

→【追記】JR横浜タワー(「NEWoMan横浜」、「CIAL横浜」、「T・ジョイ横浜」)およびJR横浜鶴屋町ビルは開業延期になりました。開業日が決定次第追記します。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画

駅前棟鶴屋町棟
正式名称JR横浜タワーJR横浜鶴屋町ビル
フロア構成B3F〜B1F CIAL横浜
1F〜10F NEWoMan 横浜
8F〜10F T・ジョイ横浜
12F〜26F オフィス
1F 駐輪場/自動二輪駐車場
1F〜3F CIAL横浜ANNEX
2F〜3F ジェクサー・フィットネス&スパ横浜
3F スターチャイルド(保育施設)
3F〜9F JR東日本ホテルメッツ横浜
4F〜9F JR横浜パーキング(547台/24時間営業)
階数(高さ)地上30F・地下3F(約132m)地上9F(約31m)
完成予定2020年5月30日 ※延期2020年6月5日 ※延期

かなり大掛かりな工事が横浜駅西口で繰り広げられています。
当計画は横浜駅西口直結の駅前棟と、そこからデッキで接続された鶴屋町棟の2棟で構成。

JR横浜タワーのフロアマップイメージ

こうやって見ると…「NEWMan横浜」の規模デカいね。

JR横浜タワーについて

開業にあわせて、横浜駅周辺の回遊性を高める近隣各所との接続や、待ち合わせや憩いの場となる複数のオープンスペースのほか、官民連携した「観光案内所」・「横浜駅周辺総合防災センター」といった施設も使用開始に。

なお、オフィスは2020年4月以降、順次稼働します。
また、働き方の変化に対応したワークスペース「STATION SWITCH」も設置されます。

SPONSORED LINK

JR横浜タワー主要施設:シァル横浜(地下3階~地下1階)

主要施設は地下3階~地下1階のシァル横浜、1階~10階のニュウマン横浜、8階~10階の映画館T・ジョイ横浜、12階~26階のオフィス
※オフィスの紹介は割愛します。

JR横浜タワーとJR鶴屋町ビルに入居するCIAL横浜のフロアマップ写真

CIAL横浜

シァル横浜は、1962年に誕生し、2011年に閉店した経緯がありましたが2020年、横浜駅西口に復活します。

地下1階は、スイーツ・グロッサリー・カフェなどちょっと上質なお買い物を気軽に楽しめるフロア、地下2階は上質な食材・惣菜・生鮮食品を揃えた食品売場、地下3階には、お気に入りの立ち寄りスペースとして利用できるフードホール「バル&キッチン ハマチカ」が誕生します。

JR鶴屋町ビルのイメージ写真横浜駅西口に「CIAL横浜」復活!鶴屋町には別館ANNEXも。テナント61店舗発表【JR横浜タワー】

JR横浜タワー主要施設:ニュウマン横浜(1階~10階)

JR横浜タワーに誕生するNEWoMan横浜のロゴ

NEWoMan横浜

バスタ新宿に入っている商業施設が横浜に初上陸。母体はルミネです。

【ショップ構成:合計116店舗】
■ファッション・ファッション雑貨…43ショップ
■レストラン・カフェ・食品…28ショップ
■コスメ…15ショップ
■ライフスタイル雑貨…17ショップ
■サービス…8ショップ
■NEWoMan Lab…5区画

JR横浜タワーに誕生するNEWoMan横浜のロゴニュウマン横浜が2020年5月30日オープン!全116店舗のテナント。ルミネの新商業施設NEWoManが横浜駅に上陸で求人も開始
SPONSORED LINK

JR横浜タワー主要施設:T・ジョイ横浜(8階~10階)

JR横浜タワーに誕生する映画館T・ジョイ横浜のイメージ図

T・JOY横浜

9スクリーン(合計1,230席:車椅子スペース18席含)のシネマコンプレックス。
最先端の映像技術と立体音響技術により、スクリーン上の世界にいるような没入感を体験できる「DOLBY CINEMA(ドルビーシネマ)」を導入。

T・ジョイ横浜とは…

  1. ライブ感が楽しめる演劇等の実演や最新の映像・音響システムを駆使した各種パブリックビューイングなどの幅広いコンテンツ展開
  2. 講演会、コンクールや発表会といった地元企業やコミュニティによるイベント等の幅広い利用
  3. JR横浜タワーに出店するショップとの連携による、バラエティー豊かなお弁当や各種惣菜、スイーツ等、食事を楽しみながらシネマを見るFOODシネマの提案

特に3番目の、“JR横浜タワーに出店するショップとの連携による〜〜”というのがワクワクしそうで楽しみ。

桜木町駅にある映画館横浜ブルク13も運営する東映グループです。

JR横浜タワーに誕生する映画館T・ジョイ横浜のイメージ図横浜駅の「T・ジョイ横浜」は9スクリーンの新しい映画館。ドルビーシネマ導入やFOODシネマなどの試みも【JR横浜タワー】

JR横浜タワー1〜4階:アトリウム

横浜駅の商業施設JR横浜タワーのアトリウム吹き抜け写真

アトリウム

横浜駅の新しい顔となる、4層吹き抜けの明るく開放的な空間。
歩行者ネットワークの起点となり、様々な場所にアクセスできます。

2階はライブやトークショーなどのイベントが行える約100㎡の「ライブステージ」を整備。

2~4階はコンコースやステージ、駅を出入りする電車を見下ろせる「街のラウンジ」としても利用が可能に。

壁面には約5m×9mの超大型ビジョンを設置し、プロモーションなどで利用するほか、ステージで行われるイベントと連動し、ライブ感のある体験を提供します。

SPONSORED LINK

JR横浜タワー2階:観光案内所

JR横浜タワーに設置される観光案内所のイメージ写真

観光案内所

アトリウムの2階には、ラウンジと一体で利用することができる観光案内所を横浜市が設置。
外国人観光客にも対応し、常時3か国語以上での案内を実施します。
Wi-Fiも整備。

JR横浜タワー12階:屋上広場「うみそらデッキ」

JR横浜タワーの12階にできる屋上広場「うみそらデッキ」のイメージ写真

屋上広場「うみぞらデッキ」

横浜港や横浜ベイブリッジが一望できる屋上広場「うみぞらデッキ」。

ベンチやテーブル、カウンターなどを配置し、幅広い世代が憩える場所です。また桜や紅葉などの木々を植えることで、環境に優しいまちづくりを行います。

JR横浜タワーの12階にできる屋上広場「うみそらデッキ」のイメージ写真

屋上広場「うみぞらデッキ」

広場のアイコンとして「YOKOHAMA」の文字を象ったオブジェを設置し、横浜駅の新たなシンボルとなる場所を目指します。

JR横浜タワー12・13階:ワークスペース「STATION SWITCH」

JR横浜タワーにできるワークスペース「STATION SWITCH 」のイメージ写真

法人や個人を対象とした会員制の個室、ブース席、ラウンジ席などを設けた「STATIONステーションSWITCHスイッチ」も。

働き方の変化に対応したワークスペースとなっています。

他にも3階には、横浜駅周辺の混乱防止や来街者の安全を確保するための活動拠点「横浜駅周辺総合防災センター」も設けられます。

JR横浜鶴屋町ビル

JR鶴屋町ビルのイメージ写真

JR横浜タワーからほど近くに誕生する「JR横浜鶴屋町」ビルでは、宿泊特化型ホテル「JR東日本ホテルメッツ 横浜」および商業施設「CIAL横浜 ANNEX」が2020年6月5日(金)にグランドオープンします。

横浜駅西口の駅前棟から、鶴屋町棟へつながるペデストリアンデッキ

(引用:JR東日本プレスリリース「(仮称)横浜駅西口開発ビル 鶴屋町棟の計画変更等について」)

また同日より、フィットネスクラブ「ジェクサー・フィットネス&スパ 横浜」では、お客さま向け内覧会をスタートし、6月17日(水)より開業します。

なお先行して、2020年4月1日(水)に保育所が開所し、4月中旬に駐車場・駐輪場「JR横浜パーキング」が営業開始します。

JR横浜タワーからJR鶴屋町ビルは、デッキでつながります。

横浜駅西口開発ビル計画建設中の写真

2018年12月の様子

建設中の「JR横浜タワー」

(駅前棟)

モアーズの高さをと比べると圧倒的な存在感。

建設中の「JR横浜タワー」

(駅前棟)

横浜駅西口、ひいては横浜駅のにぎわいは確実に盛り上がると思います。

2019年2月の様子

建設中のJR横浜タワーの様子

(駅前棟)

建設中のJR横浜タワーの様子

(駅前棟)

ジョイナス屋上から見た感じ。

2019年3月の様子

JR横浜タワーの建設工事看板(2019年3月の様子)

(駅前棟)

JR横浜タワー2019年3月の様子

つい先日まで覆われていましたが、「NEWoMan」と「T・JOY」のサインが出現!

横浜駅西口開発ビルの連絡通路が予定される場所

連絡通路が建設予定の横浜駅きた西口

こうやって見ると、駅前棟と鶴屋町棟の連絡通路ってかなり長くなりそう。

こちらが鶴屋町棟↓

横浜駅西口鶴屋町棟の建築現場写真

(鶴屋町棟)

鶴屋町棟の建設現場看板

(鶴屋町棟)

横浜駅西口鶴屋町棟の建築現場写真

環状1号側から見た鶴屋町棟

2019年6月の様子

JR横浜タワーの建設途中写真

当初の開業日は5月末でしたが、新型コロナウィルスの影響により開業延期に。
建物自体は開業準備万端です。

待ち遠しい。

JR横浜タワーまとめ

横浜駅西口のは高島屋、ジョイナス、モアーズなどありますが、勢力図が変わるかのようなJR横浜タワーが誕生します。

個人的には、映画館のT・ジョイ横浜が楽しみです。
横浜駅周辺には映画館が本当にないので…。
とは言え、唯一の映画館ムービルにもまだまだ頑張ってほしいとも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です