SPONSORED LINK
横浜駅

横浜駅西口に駅ビル『JR横浜タワー』NEWoMan!映画館!CIAL横浜!JR横浜鶴屋町ビルも

横浜駅の新たなランドマーク「JR横浜タワー」の外観イメージ駅前棟(JR横浜タワー)

横浜駅の新たなランドマークになるべく、「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」が絶賛進行中ですが、このたび建設中2棟の建物名が正式に決まりました。

その名もズバリ、「JR横浜タワー(駅前棟)」と「JR横浜鶴屋町ビル(鶴屋町棟)」!

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画

かなり大掛かりな工事が横浜駅西口で繰り広げられています。
商業施設ですね、完全に!

駅前棟 鶴屋町棟
正式名称 JR横浜タワー JR横浜鶴屋町ビル
フロア構成 ・B3F〜B1F CIAL横浜
・1F〜10F NEWoMan 横浜
・8F〜10F T・ジョイ横浜
・12F〜26F オフィス
・1F 駐輪場/自動二輪駐車場
・1F〜3F CIAL横浜ANNEX
・2F〜3F ジェクサー・フィットネス&スパ横浜
・3F 保育所
・3F〜9F JR東日本ホテルメッツ横浜
・4F〜9F JR横浜パーキング
階数(高さ) 地上30F・地下3F(約132m) 地上9F(約31m)
完成予定 2020年3月31日 2020年3月31日

個人的な目玉は、バスタ新宿に入っている商業施設「NEWoMan(ニュウマン)」と映画館「T・ジョイ横浜」。
「NEWoMan」はバスタでの印象がカッコよかったし、「T・ジョイ横浜」は一般的な映画館と一線と画しているようだし期待値高め。圧倒的に駅前棟の方が楽しみじゃない?

「T・ジョイ横浜」というのは、全9ホール1,300席による映画上映を核としたエンタテイメント・コンプレックスを展開予定。桜木町コレットマーレにある「ブルク13」と同じ系列かしら。

T・ジョイ横浜とは…

  1. ライブ感が楽しめる演劇等の実演や最新の映像・音響システムを駆使した各種パブリックビューイングなどの幅広いコンテンツ展開
  2. 講演会、コンクールや発表会といった地元企業やコミュニティによるイベント等の幅広い利用
  3. JR横浜タワーに出店するショップとの連携による、バラエティー豊かなお弁当や各種惣菜、スイーツ等、食事を楽しみながらシネマを見るFOODシネマの提案

特に3番目の、“JR横浜タワーに出店するショップとの連携による〜〜”というのがワクワクしそうで楽しみ。これまでに例を見ない施設の予感。

SPONSORED LINK

JR横浜タワー(駅前棟)とJR横浜鶴屋町ビル(鶴屋町棟)

横浜駅の新たなランドマーク「JR横浜タワー」の外観イメージ(引用:東日本旅客鉄道株式会社[2018年11月22日付])

「JR横浜タワー(駅前棟)」と「JR横浜鶴屋町ビル(鶴屋町棟)」は接続通路でつながる。いずれも2010年東京オリンピック前の開業を目指しています。

横浜駅の新たなランドマーク「JR横浜タワー」の外観イメージ(引用:東日本旅客鉄道株式会社[2018年11月22日付])

こうやって見ると…「NEWMan 横浜」の規模デカいね。

建物間の移動がより楽に?!

JR横浜タワーは、これまでの計画に加えて、隣接する3ヶ所と繋がることで、各鉄道路線、周辺施設、地下街、広場等への円滑な移動ルートを形成し、横浜駅西口周辺の利便性向上をはかるそう。その3ヶ所はこちら。

横浜駅と駅前棟間の移動
横浜駅の新たなランドマーク「JR横浜タワー」の外観イメージ(引用:東日本旅客鉄道株式会社[2018年11月22日付])
南北連絡通路(B2F)

地下2Fレベルで、みなとみらい線や東横線とつながります。
とてもありがたい。

横浜モアーズ(B1F)

建物同士での接続ではないけれど、地下1F通路を介してつながります。
とても助かる。

JR横浜駅中央北改札内(B1F、改札新設)

新たにJR中央北コンコースに改札ができ、地下1Fレベルでつながります。
とても嬉しい。

地上43階建ての高層ビルが鶴屋町に誕生!横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業みなとみらい地区の再開発がラッシュしていますが、みなとみらいと馬車道のはざまで存在感が薄かった「横浜北仲地区」もこれから熱くなる予定。と、同様に横浜駅西口に隣接する地区でありながら、首都高の高架下で薄暗いイメージもある『鶴屋町』がリブランディングされる…予定!...
横浜駅西口の駅ビル建設工事。3棟建設予定って知ってた?横浜駅西口に、でっかいビルが建設中なのはご存知でしょうか?「(仮称)横浜駅西口駅ビル計画」と銘打たれているこの開発。僕も最近知りましたが、横浜駅西口の駅ビル開発計画は、全部で3棟あるらしい。正確に言うと、・(仮称)横浜駅西口駅ビル計画=2棟・横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」=1棟の合計3棟。...

横浜駅西口開発ビル計画建設中の写真

SPONSORED LINK

2018年12月の様子

建設中の「JR横浜タワー」(駅前棟)

モアーズの高さをと比べると圧倒的な存在感。

建設中の「JR横浜タワー」(駅前棟)

横浜駅西口、ひいては横浜駅のにぎわいは確実に盛り上がると思います。

2019年2月の様子

建設中のJR横浜タワーの様子(駅前棟)
建設中のJR横浜タワーの様子(駅前棟)

ジョイナス屋上から見た感じ。

2019年3月の様子

JR横浜タワーの建設工事看板(2019年3月の様子)(駅前棟)
JR横浜タワー2019年3月の様子

つい先日まで覆われていましたが、「NEWoMan」と「T・JOY」のサインが出現!

横浜駅西口開発ビルの連絡通路が予定される場所連絡通路が建設予定の横浜駅きた西口

こうやって見ると、駅前棟と鶴屋町棟の連絡通路ってかなり長くなりそう。

こちらが鶴屋町棟↓

横浜駅西口鶴屋町棟の建築現場写真(鶴屋町棟)
鶴屋町棟の建設現場看板(鶴屋町棟)
横浜駅西口鶴屋町棟の建築現場写真環状1号側から見た鶴屋町棟
この関連記事もよく読まれています

↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
SPONSORED LINK

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です