チャーミングセール2021秋は10月開催 →

水に入る瞬間が大興奮の水陸両用バス「スカイダック横浜」はクーポン使った予約がおすすめ!

SPONSORED LINK

新しい施設や建物ホテルの再開発などがすさまじい横浜みなとみらい21地区には、楽しい観光スポットがたくさんありますが、陸路と水路でみなとみらいの観光スポットを巡る水陸両用観光バス「SKY Duck(スカイダック横浜)」に乗ったことはありますか?

スカイダック横浜の水陸両用バス写真

水陸両用の名の通り、横浜三塔(横浜市開港記念館・神奈川県庁本庁舎・横浜税関)や赤レンガ倉庫・ワールドポーターズ周辺の道路を走ってから、水中にダイブし、今度は海からみなとみらいの街並みを眺める観光ルートです。

横浜、特に臨海部は横浜開港からの歴史がたくさん詰まっている街ですから、そんな歴史の宝庫を陸と海から巡ることができるのは大変に貴重な観光体験だと思います!

平日は当日受付に直接行けばまず乗船できるはず。
逆に週末などの繁忙期はWeb予約もあるので、事前予約がおすすめです。ネット検索をすれば500円割引クーポンなどが多く出てきます。有効活用して安くスカイダック体験をしましょう!

SPONSORED LINK
目次

SKY Duck(スカイダック横浜)の体験レポート

スカイダック横浜の日本丸チケットカウンター外観写真

スカイダック横浜の当日チケットは、JR桜木町駅前の日本丸チケットカウンターという場所に直接行って買うことができます。

希望の時間のチケットを購入して、出発時間になったらまたここに戻ってきます。そうなると待ち時間が発生する場合もありますし、特に週末は売り切れの可能性もあるので、事前にWeb予約しておくと安心かもしれませんね。

SPONSORED LINK

スカイダック横浜の集合場所

スカイダック横浜の集合場所の様子

日本丸チケットカウンターの目の前が集合場所(出発地点)です。

スカイダック横浜の集合場所の様子

出発時間の10分前には集合しましょう。

スカイダック横浜の車内の様子

時間になったので、乗り込みます。

オープントップですが天候次第でカバー仕様に。

スカイダック横浜の救命胴衣の写真

水陸両用バスだから救命胴衣も常備されています。

筆者:1201

スカイダック横浜史上、救命胴衣が必要になったシチュエーションはゼロなのでご安心を♪

いざ出発!

スカイダック横浜で、いざ観光体験!

スカイダック横浜のルートマップ
(引用:スカイダック横浜公式サイト)

スカイダック横浜は、水陸両用のバスですが、まずは陸路を走ってから海に飛び込みます。

スカイダック横浜の車内の様子
横浜三塔周辺

神奈川県横浜市中区の関内地区にあり、横浜では横浜三塔の愛称で親しまれているキングの塔(神奈川県庁本庁舎)・クイーンの塔(横浜税関)・ジャックの塔(横浜市開港記念会館)を横目に、陸路を走ります。

筆者:1201

横浜三塔は見慣れて日常の光景過ぎて、写真を1枚も撮っていなかった…

スカイダック横浜の車内の様子
よこはまコスモワールド周辺

その後は、横浜赤レンガ倉庫から横浜ワールドポーターズ、よこはまコスモワールド(観覧車がある遊園地)を通り、スプラッシュポイントで入水します!

ランドマークタワーの前あたりがスプラッシュポイントです。

スカイダック横浜の入水の瞬間

入水の瞬間!

だがしかし、写真では完全なる迫力不足だから動画をどうぞ↓

筆者:1201

入水の瞬間が一番のクライマックスと思うほど、想像以上のアトラクションでした♪

スカイダック横浜から見た景色

この角度からみなとみらいを見ることがないから新鮮ですね。

スカイダック横浜から見た景色

ガイドさんの解説を聞きながら、ゆらゆらと航行していきます。

スカイダック横浜から見た万国橋の裏側写真
万国橋

個人的に勉強になったのは、横浜ワールドポーターズとアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉をつなぐ万国橋の裏側。

現在の万国橋は、1940年に完成した二代目らしいのですが、当時のチョーク跡が橋の裏側に残っているそうで、全然知りませんでした。地味に感動。

そして、入水の瞬間以外のもう1つの見どころは、

スカイダック横浜から見た豪華客船飛鳥IIの写真

スカイダックから見える、豪華客船飛鳥 II

スカイダック横浜から見た豪華客船飛鳥IIの写真
大さん橋に停泊中の豪華客船「飛鳥II」

しかも、超至近距離!

これも動画のほうが伝わるかもしれません↓

停泊しているときじゃないと見れないので運もあるかと思いますが、至近距離、ましてはこっちはバスほどの大きさだと、巨艦すぎてちょっと恐ろしくなったりも…

スカイダック横浜から見た豪華客船飛鳥IIの写真

これは貴重な体験ですね。

スカイダック横浜から見たベイブリッジの写真
横浜ベイブリッジ

横浜ベイブリッジも見えます。

スカイダック横浜から見たみなとみらいの風景

あとは、横浜港から見るみなとみらいを満喫しながらゴールへ向かいます。

スカイダック横浜から見たみなとみらいの写真

臨港パークと新港パークをつなぐ女神橋をくぐり、

スカイダック横浜から見たみなとみらいの写真

よこはまコスモワールドへ。

スカイダック横浜の写真

入水したときと同じ場所から陸に上がります。と同時に、ここがゴールとなります。

スカイダック横浜 利用概要

■チケット販売所・乗り場
スカイダックチケットカウンター(日本丸)
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目1-1

■コース内容
日本丸メモリアルパーク→万国橋→横浜赤レンガ倉庫→さくら通り→海上→日本丸メモリアルパーク
※所要時間約50分

■料金
・大人:3500円
・小人:1700円

■事前予約
https://www.skybus-skyduck.jp/reserv/
※「ご利用バス」欄でSKY DUCKを選択、「ご利用コース」で【D801】スカイダック横浜 みなとハイカラコースを選択しましょう。

H.I.S.クーポン などもありますので参考に見てみてください。

↑H.I.S.クーポンの場合、ご利用日当日、日本丸メモリアルパークにてクーポン画面、または印刷されたものをご提示の上、当日チケットをお買い求め下さい。

SPONSORED LINK

スカイダック横浜のクーポン情報

「スカイダック横浜 クーポン」などのキーワードでネット検索すれば、500円割引のクーポンがいくつも出てきます。

H.I.S.クーポン などもありますので参考に見てみてください。

↑H.I.S.クーポンの場合、ご利用日当日、日本丸メモリアルパークにてクーポン画面、または印刷されたものをご提示の上、当日チケットをお買い求め下さい。

筆者:1201

ただし、時期によってはクーポンが掲載されていなかったりするので、複数サイトを見てみるのも手です。

スカイダック横浜まとめ

当記事では、横浜の街を巡る水陸両用観光バスのスカイダック横浜について書いてきました。

横浜市に長らく住んでいますが、みなとみらいに誕生したロープウェイYOKOHAMA AIR CABINのように、今まで見たことない視点から横浜の街を見ると、すごく新鮮です。

海からみなとみらいの街を見るのは、水上バスシーバスで何度も経験していますが、通ったことがないルートや陸路からそのまま水路…みたいな経験は当然ながら初めてなので、横浜市民にもおすすめです。

もちろん初めて横浜に旅行で来られる方にとっても断然おすすめ。
横浜市は、1859年の横浜開港によって鎖国が終わりを告げた場所でもあるため、歴史の名残が街のいたる所にあります。

そんな横浜の街をバスに乗って解説を受けながら観光できる体験はなかなかありません。少し値段は高いですが、この価格じゃないと運営存続はむずかしい(と経営側に知り合いがいる友人に聞いた…)とのことなので、せっかくの旅行と割り切って体験してみることをおすすめします。

筆者:1201

ただし、天候が悪いと中止になるし、天気が良くないと景色もくもり気味になるので…そこは運にまかせましょう!

SPONSORED LINK
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる