SPONSORED LINK
日本大通・海沿い

[18mの実物大]動くガンダム、横浜の山下埠頭に登場!2020年夏、1年間限定で公開予定

一般社団法人ガンダムGLOBAL CHALLENGEは、2019年にTVシリーズ放映開始40周年を迎える『機動戦士ガンダム』のさらなる飛躍に向けて、2020年に18mの実物大ガンダムを動かし一般公開することを目指すプロジェクト「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を横浜市と連携し、実施に向けて計画を進めています。

この関連記事もよく読まれています

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」とは?

GUNDAM FACTORY YOKOHAMAプロジェクトのイメージ画像※画像はイメージです

ガンダムというコンテンツと、「ものづくり・技術力」の融合により、「18m実物大のガンダムを動かす」という究極の夢を実現する具体的なプロジェクトの場。

各分野の有識者で、技術監修を行うGGCリーダーと、新たに加わった設計開発スタッフとともに、究極の夢の実現を目指します。
そして現在、横浜市と連携し、2020年夏から約1年間、横浜・山下ふ頭で「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」というタイトルのもと、プロジェクトを実施する計画を協議中。

単なるエンターテインメントだけではなく、学術研究・文化教育・観光促進などに寄与できるような様々なプログラムも開発予定です。

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」実施概要

実施期間

2020年夏~ ※約1年間実施予定

実施場所

横浜市 山下ふ頭

公式サイト

https://gundam-factory.net

SPONSORED LINK

「ガンダムGLOBAL CHALLENGE」とは?

2009年に登場した18mの実物大ガンダム立像。大地を踏みしめるその姿は、数多くの人々の心を捉え夢の可能性を表現しました。そしていま、2019年に40周年を迎えたガンダムが、日本を、そして世界を動かします。

夢に挑戦、ガンダムが動く、世界が動く

究極の夢、18mの実物大ガンダムを、動かすことに挑戦!壮大なる夢の実現のためにプロジェクトチームを結成し、世界中から幅広くアイデアやプランを募集し、日本が軸となってグローバルなプロジェクトを推進してきました。オープンイノベーションを通じて様々な意見、智慧と技術を取り入れながら、一つのプランへと集約。基本設計から実施設計、検証実験を重ねて、いよいよ製作へ…。2020年、夢が現実のものとなります。

正式名称

一般社団法人ガンダムGLOBAL CHALLENGE

設立者

株式会社創通、株式会社サンライズ

代表理事

宮河 恭夫(株式会社サンライズ 代表取締役社長)

公式サイト

http://gundam-challenge.com

東京オリンピック開催中に実施されるホテルシップ
【東京五輪】客船が宿泊施設に!山下埠頭にホテルシップが登場!オリンピック開催中の限定プラン横浜市はJTBとともに、東京2020オリンピック競技大会期間の2020年7月23日から8月9日において、プリンセス・クルーズの客船「サン・プリンセス」を宿泊施設として活用するホテルシップを、横浜港の山下埠頭で実施すると発表しています。...
この関連記事もよく読まれています
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/
人気ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です