みなとみらいで動物と戯れる →

【自腹検証】アパホテル&リゾート横浜ベイタワーの眺望を比較!みなとみらいを一望できるのは?予約はアプリがおすすめ!

SPONSORED LINK

横浜みなとみらいの北仲通地区に巨大ホテル「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」が、2019年9月20日オープンしました。

「この1棟で周辺ホテルの勢力図を塗り替えるんじゃないの?」「駆逐されるホテルが出てくるんじゃないの?」と思える2,311室。ホテルが乱立するみなとみらいの中でも少し異質な存在です。

■追記(2021.04.19)
新型コロナウイルスの影響により、海外からの入国者・帰国者が一時的に待機・滞在する施設として行政に一棟貸しを行っているため、休業しています。
【休業期間】2021年4月19日(月)~当面の間

※1階レストラン「REVO BREWING」および1階カフェ「haishop cafe」は営業しています。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の外観写真

みなとみらいやベイブリッジを一望できます。絶景です。
せっかく泊まるならキレイな夜景や景色が見える部屋に泊まってみたいですよね?

だがしかし、眺望なしの部屋もあるので要注意
とにかく安く泊まりたい人にはおすすめですが、1,000円くらいの差なら、景色が見える部屋の予約をおすすめします。

このブログでは実際に自腹で宿泊してみて、どの方角の客室がおすすめか、また予約するときの注意点なども書いていきます。
※2021年3月現在、9部屋体験。全方角コンプリート。

アパホテル〈横浜ベイタワー〉をCHECK!

SPONSORED LINK
目次

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉とは

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉は、アパホテルグループが手がけるホテルブランドの1つで、横浜北仲通地区に地上35階・2,311室、1棟の建物では国内最大客室数のホテルとして開業しました。

みなとみらい線馬車道駅4出口(万国橋口)から徒歩3分、JR根岸線&市営地下鉄ブルーライン線桜木町駅から徒歩11分に位置します。

横浜ワールドポーターズや入園料無料の遊園地コスモワールド、新たな観光施設となる横浜ハンマーヘッドなどが徒歩圏内にあり、遊ぶ施設には不便しません。

ちなみに日本での最大客室数ホテルは、東京「品川プリンスホテル」で、2棟合わせて3,679室のモンスターです。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉とザ・タワー横浜北仲、横浜新市役所の写真
左から、アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉、ザ・タワー横浜北仲、横浜新市役所

この北仲通地区は、特定都市再生緊急整備地域に指定されて再開発が進んでいるエリアでもあり、地上58階建ての高級マンション「ザ・タワー横浜北仲(写真中央)」や、関内駅前から移転する横浜市の新しい市役所(写真右端)も建設が進んでいます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の客室

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の客室における方角イメージ

客室窓の向きは5方向
廊下をはさんで外周側(窓が外向き)内周側(窓が内向き)を存在させることで、1棟2,311室もの客室数を生み出しています。
※ランドマーク側は「みなとみらい側」という選択肢に統合されました。

上の図を見ると「あれ?4方向しかないじゃん!」と思うかもしれませんが、中央に吹き抜けがありますよね?
そうです、廊下に囲まれた内側の客室が5番目の向き(吹き抜け側)です。

アパホテル横浜ベイタワーの客室向き

■外周側/眺望あり
ランドマークタワー側 → 「みなとみらい側」に統合されました。
・みなとみらい側
・ベイブリッジ側
・シティ側(馬車道駅方面)

■内周側/眺望なし
・吹き抜け側
※一部外周側の眺望なし部屋も。

なので、予約するときには注意してください!
吹き抜け側には眺望がありません。吹き抜け側客室のお互いの窓しか見えません。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の予約はアパアプリがおすすめ

個人的には、じゃらんYahoo!トラベルを使うことが多いのですが、アパホテル横浜ベイタワーに宿泊する際は、アパホテル公式アプリがおすすめです。

なぜなら、アプリチェックインで、事前に階数や部屋も指定できるからです
※同じ料金プランの範囲の中で空室がある場合に選択可能です。

例えば、みなとみらい側の客室だとして、せっかく泊まるなら「1階でも高い階が良い!」「少しでも観覧車に近い方が良い!」とか思いませんか?

基本的に、眺望なし・高層階・客室の向きで料金プランが分かれているため、「ヒマな時期だからいい部屋を割り当ててくれるかな」的な願望は叶いません^^;
良いお部屋は自分で取りに行きましょう!

筆者:1201

僕は、ホテルに到着する前に部屋指定してます。

アパホテルのアプリ(事前チェックイン)画面
アプリのチェックイン画面
アパホテルのアプリ(事前チェックイン)画面
階数と部屋番号を選択できる

アプリの「アプリチェックインを利用する」→下の方にある「お部屋を選ぶ」ボタンをタップ。

アパホテルのアプリ(事前チェックイン)画面

この画面では、客室番号と窓の向きを確認できます。

良さげな客室番号を覚えておいて「お部屋を選ぶ −号室」ボタンをタップし、次のページで、

アパホテルのアプリ(事前チェックイン)画面

宿泊したい客室番号を選択すれば万事OKです。

筆者:1201

事前チェックインの段階でアップグレード(有料)もできますよ♪

事前チェックイン段階のことなので、客室指定しても「100%確実」ではありません。もしかしたら入れない…という場合もあるかもしれないので念頭に置いてて下さい。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉に泊まってみて

では、僕が実際に自腹で宿泊した客室を紹介していきます。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のフロント写真

まずはチェックインしましょう。
カウンターにずらっと並んだタッチパネル式の自動チェックイン機。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のチェックイン機

タッチパネル操作のチェックイン機でアパホテルの会員証や名前、予約番号から検索し、手続き終了後にルームキーや朝食券などが自動発行されます。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のチェックイン機
カード払い専用の卓上タイプ

タッチパネルでの入力は少し面倒くさいので、入力不要のアプリや会員カードがあれば手間が省けます。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のチェックインレシート

1番左のレシートが朝食券です。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のルームキー

これがルームキー。
部屋番号は書いていません。

ちなみに別途清算がない限り、

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の自動チェックアウトボックス

チェックアウトのときはこのボックスに入れるだけで手続きが完了します。
アパホテルの好きなところの1つですね。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のフロント写真

高い天井にある大きなシャンデリアやゴールドの内装が高級感ビンビン。
高い部屋は高いけれど、安い部屋は安いので(平日5,800円〜)、そう考えるとリッチな装飾ですね。

アプリ会員になってクレジットでの事前清算を行いつつ、アプリチェックインするのがおすすめ。フロント行く前に宿泊予定の部屋番号もわかるし、フロントでは瞬殺でルームキーなどがもらえました。

チェックインが終われば、いざ部屋へ。
エレベーターは、低層階用(21階まで)と高層階用に分かれているのでご注意。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の館内施設紹介

各階のエレベーターホールと部屋への廊下は自動ドアで仕切られており、

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の館内施設紹介

ルームキーをかざさないと入れないシステムになっています。

すべてシングルの客室に泊まっているので、まずは共通設備などを列挙してみますね。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシングル客室紹介
シングル

窓の向きはマチマチですが、大きさや設備は当然ながらどの部屋も同じ感じ。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシングル客室紹介

いわゆる一般的なアパシングル。
部屋はせまいけれど、滞在時の快適性にこだわり、ベッドは快眠を追求したオリジナルベッド「クラウドフィットSP」。

横幅140cmあるので4歳の息子と寝ても余裕ありまくりだし、大人2名でも充分寝れる余裕があると思います。

未就学児までの添い寝は料金にカウントされないので、予約時に申請する必要ありません。
※アメニティやタオルなどは付きません。チェックインのときに子供用の朝食を追加することはできます。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシングル客室紹介

シャンプーやボディーソープのボトル置き場が、ちゃんとバスタブ側にせり出ていますね。これ地味に便利。

より快適性に重きを置いたアパ客室のいいところを抜粋してみようかな。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシングル客室紹介
ベッド下収納

収納スペースになっているベット下。大きめのキャリーケースでも複数収納できます。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシングル客室紹介

枕元に集約されている照明・空調スイッチ・コンセント。
部屋のすべての灯をここでON/OFFできるありがたさで、USBコンセントも完備。

電源コンセントは枕元の両サイドにあります。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシングル客室紹介

なにげに嬉しい紙コップ。
アメニティとしては位が低いかもだけど、個人的には紙コップが常備されていると素晴らしいと感じちゃいます。フル活用。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシングル客室紹介

あと何と言ってもテレビかな。
まずデカイ。
そしてベッドの足元の位置に壁設置。

大浴場の混雑状況やWi-Fi情報がすぐ分かるのもありがたい。
TOSHIBA製。個人的にテレビはTOSHIBA派。

では、僕が実際に泊まった客室の“向き”を紹介していきます。

アパホテル〈横浜ベイタワー〉をCHECK!

SPONSORED LINK

 ー客室:吹き抜け側シングル

宿泊フロア:26階

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の吹き抜け側客室写真
シングル客室(吹き抜け側)

「みなとみらいの夜景を独り占めだぜ」的な期待で行くと打ちのめされます。
いわゆる内周側にある客室なので景色がありません

「あれ?右側にちょっと開放感あるんじゃない?」
この画像を見た方は思うかもしれません。

カメラを右に振ると、

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の吹き抜け側客室写真
シングル客室(吹き抜け側)

閉塞感。

すいません、おもしろおかしく書いてしまいましたが、こういう部屋も事前に認識していれば悪くないと思います。他の部屋より安いので、とにかく安く泊まりたい人にはおすすめ。

景色が欲しい人は、予約するときに【眺望なし】を避けて、きちんと外周側を予約しましょう。

 ー客室:ランドマークタワー側シングル

部屋から見える範囲として考えると、個人的にこの部屋が一番いいのでは?

宿泊フロア:21階

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のランドマーク側客室から見える景色
シングル客室(ランドマーク側)右端:昼
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のランドマーク側客室から見える景色
シングル客室(ランドマーク側)右端:夜
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のランドマーク側客室から見える景色
シングル客室(ランドマーク側)中央:昼
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のランドマーク側客室から見える景色
シングル客室(ランドマーク側)中央:夜
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のランドマーク側客室から見える景色
シングル客室(ランドマーク側)左端:昼/ザ・タワー横浜北仲
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のランドマーク側客室から見える景色
シングル客室(ランドマーク側)左端:夜/ザ・タワー横浜北仲

晴れている日には、

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の客室から見た富士山の写真

富士山も見えますよ。

SPONSORED LINK

 ー客室:みなとみらい側シングル

こちらもみなとみらいの夜景は見えます。
むしろベイブリッジ方面も見えるためお得な方角です。

宿泊フロア:20階

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のみなとみらい側客室から見える景色
シングル客室(みなとみらい側)右端:昼
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のみなとみらい側客室から見える景色
シングル客室(みなとみらい側)右端:夜
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のみなとみらい側客室から見える景色
シングル客室(みなとみらい側)中央:昼
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のみなとみらい側客室から見える景色
シングル客室(みなとみらい側)中央:夜
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のみなとみらい側客室から見える景色
シングル客室(みなとみらい側)左端:昼
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のみなとみらい側客室から見える景色
シングル客室(みなとみらい側)左端:夜

■追記(2019.11.09)===
ランドマークタワー側とみなとみらい側は「みなとみらい側」という選択肢に統合されました。予約したらどちらかに自動で振り分けられます。
===

 ー客室:ベイブリッジ側シングル

20階に泊まったみなとみらい側やランドマークタワー側に比べると半分の高さなので、角度的な違いもあるのはご了承ください。

宿泊フロア:11階

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のベイブリッジ側客室から見える景色
シングル客室(ベイブリッジ側)右端:昼
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のベイブリッジ側客室から見える景色
シングル客室(ベイブリッジ側)右端:夜

中央にそびえるのは神奈川県警察本部。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のベイブリッジ側客室から見える景色
シングル客室(ベイブリッジ側)左端:昼
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のベイブリッジ側客室から見える景色
シングル客室(ベイブリッジ側)左端:夜

左奥にはベイブリッジ、左手には横浜赤レンガ倉庫も見えます。

はめ殺しの窓のため撮れませんでしたが、実際にはもっと左右まで景色が見えます。
赤レンガ倉庫の左側には新たな商業施設の横浜ハンマーヘッドも徒歩圏内。

 ー客室:シティ側ツイン

宿泊フロア:20階

アパホテル&リゾート横浜ベイタワー ツインルームの様子
ツイン

なぜかツインルームにグレードアップされてました。
シティ側だから余裕があったのだろうか。何はともあれ超絶ラッキー。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシティ側客室から見える景色
ツイン客室(シティ側)右端:昼
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシティ側客室から見える景色
ツイン客室(シティ側)右端:夜

目の前にそびえ立つのは横浜市最高層・最大規模の超高層「横浜北仲タワー」。約200mもあり、この一帯では横浜ランドマークタワー(約296m)に次ぐ高さ。

※この周辺は、横浜ランドマークタワーを頂点としたスカイラインになるよう配慮されています(みなとみらい21中央地区都市景観形成ガイドライン)。

 
タワーの奥には、JR桜木町駅や商業施設のコレットマーレも見えます。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシティ側客室から見える景色
ツイン客室(シティ側)左端:昼
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のシティ側客室から見える景色
ツイン客室(シティ側)左端:夜

目の前に見えている棟は横浜第二合同庁舎。
庁舎の向こう側(写真で言うと棟の左横あたり)が、最寄りのみなとみらい線馬車道駅です。

シティ側だけ、携帯を買い換えてiPhone11で撮影。
ナイトモードが格段にキレイ。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のプール・大浴場

客室にお風呂はありますが、大浴場はかなり良かったのでオススメです!
大浴場とプールはともに4階にあります。

4階:ベイサイドプール

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の4階ベイサイドプールの写真

プール利用(遊泳)は、夏季のみ営業(有料)。
遊泳期間外はプールサイドテラスを無料で使うことができます。

■営業時間
・遊泳期間中/9:00~18:00、18:00~22:00はプールサイドテラスのみ無料で利用可能。
・遊泳期間外/9:00~22:00

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の4階ベイサイドプールの写真
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の4階ベイサイドプールの写真

お昼もいいけれど、夜は夜で雰囲気があります。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の4階ベイサイドプールの写真
プールからの眺め(昼)
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の4階ベイサイドプールの写真
プールからの眺め(夜)

お風呂上がりに湯涼みするのもいいですね。
季節によるけど。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の4階ベイサイドプールの写真

寝そべりながら本を読んだりするのもおすすめ。

4階:大浴場「玄要の湯」

男女ともに同じ6種類(内湯3種類・露天風呂3種類)の湯があって、シングル客室の価格帯でこれだけの大浴場を利用できるのは満足度ヤバめです♪

■営業時間
6:00~10:00、15:00~26:00(入場は30分前まで)

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の大浴場
大浴場「玄要の湯」女湯

広々とした内湯はイオン化作用が強いとされる光明石を採用した「準天然光明石温泉」(人工温泉)を導入。開放的な露天風呂もあります。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の大浴場
大浴場「玄要の湯」女湯

内湯には炭酸のように細かい泡が出るマイクロバブル湯、横の気泡噴射でマッサージ効果があるジェットバス湯、下から細かい気泡が出ているバイブラ湯があります。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の大浴場
大浴場「玄要の湯」女湯

露天風呂は外からの目隠しで景色は見えないものの、寝湯や壺湯を含め3種類の温泉が楽しめます。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の大浴場
大浴場「玄要の湯:壺湯」女湯

陶器でできているので、体の芯から温まることができるんだとか。
定期的に湯が出てきて、あふれた分を補充&温度を維持しています。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の大浴場
大浴場「玄要の湯:洗い場」女湯

洗い場には仕切りがりますが、中には写真のように半個室のような場所もありました。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の大浴場「玄要の湯」脱衣所の写真
大浴場「玄要の湯」女湯

広々とした脱衣所には洗濯機や乾燥機も。ロッカーになっているので安心ですね。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の大浴場「玄要の湯」脱衣所の写真
大浴場「玄要の湯」女湯

仕切りがあり、クレンジング、化粧水、乳液などが自由に使えます。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉館内にあるコンビニ(ファミリーマート)

ちなみに大浴場の横には24時間のファミリーマートがあります。
というわけで、お風呂あがりにそのままお酒やおつまみやお菓子を買いに流れるお客さんが多かった。

僕も無意識にコンビニへ直行しましたからw

すぐコンビニに寄れるので、大浴場には財布を持って行くのがおすすめ!お風呂は鍵付きのロッカーだから安心です。また4階のお風呂には部屋着や館内スリッパのまま行っても大丈夫です。

4階にはなぜかファミリーマートが2店舗あります。WESTとEAST(大浴場側)の2店舗。
WESTの方にはお土産が多めにあって、大浴場も近くにないため比較的空いています。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉館内にあるコンビニ(ファミリーマート)

いずれにせよ館内でこういうお泊まりグッズも完璧に手に入る&ATMもあるなんてのは便利以外の何物でもない。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の館内ショップ案内板

他にも、ホテル館内にはいろんなお店が入っています。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉にあるフィットネスジムの写真

宿泊者が無料で利用できるフィットネスジム(6:00~22:00)も。
トレッドミル2台、ローイングマシン1台、クロストレーナー1台

隣にはエステもありましたね。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉駐車場

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐車場入口マップ

駐車場は、敷地内にある地下駐車場。
(駐輪場もあります)

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐車場入口写真
正面入口

万国橋通りの正面入口を入ってすぐ右折すると地下駐車場への入口があります。ここは入口専用。

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐車場入口写真
駐車場出入口

巨大マンション、ザ・タワー横浜北仲側には入口・出口が。

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐車場入口写真

宿泊者は1泊最大2,000円で駐車できますが、駐車台数は219台分しかありません。先着順&予約不可。

満車の場合は近隣の提携パーキングをご利用ください。
1)タイムズみなとみらい第2駐車場
2)タイムズ海岸通3丁目第2駐車場
24時間最大1,500円
・途中出庫の際は、都度料金が発生します。

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐車場入口写真
平面ブース駐車場

ちなみに、平面ブース(車高2.3m/151台)の方が満車具合が早い。当然か。

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐車場写真
機械式ブース

機械式ブース(車高1.55m/68台)は、車高制限があるのでご注意。

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐車場にある精算機写真

地下の事前精算機の横には、エクスプレスチェックアウトの箱が。
部屋から直接下りてきて、ルームキーを投げ入れて(チェックアウトして)そのまま車って…最高ですね。

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐車場案内版写真
(※クリックで拡大)2019年10月時点の情報

駐車場利用料金とかはこんな感じ。

駐輪場もありますよ

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐輪場写真

「観光地のホテルに自転車で来る人なんかいるのかな…あ!従業員用か!」と思っていましたが、

みなとみらいにあるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の駐輪場写真

一般利用でした。
よく考えたらカフェ・レストラン利用や、大浴場だけの利用者もいるので、近隣の方の駐輪場需要はあるかも。

アパホテル〈横浜ベイタワー〉をCHECK!

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の朝食バイキング

最後に朝食について。
個人的に朝食はバイキングが好き。その日の状況や体調によっていろいろ選べるから。

3階にあるバイキングレストラン「ラ・ベランダ」と大規模宴会場「横浜ベイタワーホール」が朝食会場です。会場が分かれる基準はよく分からないものの、

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の朝食会場の様子

僕が泊まったときは宴会場の方でした。2回とも。
宴会場は円卓の相席。

朝イッパツめ、寝起き顔の相席は気まずいというか恥ずかしい…。
特に女性はちょっとかわいそうかも。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の朝食バイキングの様子

これがなかなかの混雑。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の朝食バイキングの様子

朝食は6:30開始の、9:45終了。
初日、9:00過ぎに行ったら料理がスカスカで売り切れ続出。
2回目、6:30に意気揚々と先頭のつもりで行ったらすでに行列。

想像以上に混雑しますよ。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の朝食バイキングの様子

とはいえ、バランスのいい和洋食で種類は50種類以上とかなり豊富。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の朝食バイキングの様子

マグロのお茶漬けやアクアパッツァなど朝食メニューとしてはめずらしい料理も置いてあり、とても豪華です。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の朝食バイキングの様子

デザートにハーゲンダッツがあった。
すげぇ。

→【追記】ハーゲンダッツ、2回目に泊まったときはなかったので開業初日だけだったのかもしれません。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のカフェ・レストラン

ホテル館内にはカフェ・レストランが5軒あります。

1階:haishop cafe(ハイショップカフェ)

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉1階にあるhaishop cafeの写真

ソフトドリンクやアルコールなどのドリンク類、パスタなど軽食メニューが楽しめるナチュラルな雰囲気のカフェでした。

1階:創作和食レストラン「和善」

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉1階にある創作和食レストラン「和善」の入口写真

少し高級感がただよう和食レストランですが…

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉1階にある創作和食レストラン「和善」の入口写真

ランチの定食メニューはリーズナブルだったので機会があればぜひ食べてみたい。

1階:ブルワリーレストラン「REVO BREWING(レボ・ブルーイング)」

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のブルワリーレストラン 「REVO BREWING(レボ・ブルーイング)」入口写真

クラフトビール醸造所併設のアメリカンな雰囲気のレストラン。常時20種類の生ビールを楽しむことができ、ビールに合うメニューも豊富です。

3階:レストラン「ラ・ベランダ」

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のレストラン「ラ・ベランダ」

朝食会場にもなっているブッフェレストラン。
他のレストラン同様、宿泊せずにレストランだけの一般利用も可能で、ランチはシェフ自慢のビュッフェ、ディナーは地域の食材を使用したビュッフェやアラカルトのメニューとなっています。

ガラス張りの店内からはみなとみらいの景色が一望できます。

■追記(2019.10.19)==
平日ディナーで利用してみました!ちょっと辛口かもですが期待しています!

35階:KITCHEN MANE by NAOKI OKUMURA(キッチンメイン)

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のKITCHEN MANE by NAOKI OKUMURA(キッチンメイン)入口写真

祇園おくむら奥村直樹氏監修の横浜洋食を堪能できる、35階展望レストラン。

圧巻のパノラマビューが強烈なスパイスとなり、デート利用にも家族利用にも最上のレストランとなりうるかも。

アパホテルのポイントは5000円に換金できる!

アパホテルの会員になって宿泊をしていると、アパホテルポイントが溜まっていき、5000ポイントになったら現金5000円に換金ができるんです!

これはホテルのカウンターに行って申請しないとできません。
※一部ホテルのカウンターでは対応していません。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のフロント写真
1階フロント

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の場合、1階フロントにある19番以降のカウンターで換金対応してくれます。

ただ宿泊しているだけで5000円ゲットできるのは、すごい得した気分になります。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のまとめ

■追記(2019.11.09)===
ランドマーク側やベイブリッジ側の選択は高層階プランのみに変更になりました。 またランドマークタワー側とみなとみらい側は「みなとみらい側」という選択肢に統合されました。どちらになるかはお楽しみ。
===

施設滞在の快適性を求めるならオススメです。
大浴場もあるし。
きちんと「外周側」の客室を予約すれば景色も素晴らしいし。

未就学児の添い寝が無料で、しかも予約時の申告が不要なのもありがたい。
大人2名、4歳の子1名とかなら「大人2名」で予約すればOKです。
(※アメニティやタオルなどは付きません。チェックインのときに子供用の朝食を追加することもできます。)

あと、予約はアパアプリがおすすめですよ。
便利だし、チェックインも瞬殺で終わります

ちなみに〈横浜ベイタワー〉特有のものではありませんが、近しい人へのお土産はコレが鉄板ですよ。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のアパ社長カレー

アパ社長カレー。
ネタにもなるし、1個390円と安いし、なんと言ってもおいしい。
いろんな意味でハズれないお土産だと思います。

アパホテル〈横浜ベイタワー〉をCHECK!

スクロールできます
所在地〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通5丁目23-5(Googleマップ→
最寄駅・みなとみらい線馬車道駅(4番・万国橋口)から徒歩3分
・JR根岸線桜木町駅(新南口/市役所口)から徒歩9分
駐車場・地下駐車場219台(先着順)12:00〜翌12:00=2,000円
・提携駐車場266台:タイムズみなとみらい第2 24時間=1,500円
※いずれも出庫の都度料金が発生。また、一度出庫するとその場所は確保されません。
客室全2,311室/地下2階〜地上35階
開業日2019年9月20日(金)

アパホテル関連&周辺の記事

SPONSORED LINK
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる