みなとみらいのロープウェイが良かった! →

トリケラトプスの実物全身骨格が日本初上陸「恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~」みなとみらいパシフィコ横浜で開催

SPONSORED LINK

ソニーグループ9社からなるDinoScience 恐竜科学博製作委員会は、2021年7月17日(土)から9月12日(日)まで、「Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~」を、みなとみらいのパシフィコ横浜にて開催します。

Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~のイメージ画像
イラストレーション 恐竜くん ©Masashi Tanaka

全長7m×高さ3mの“世界で最も完全で美しい”と言われる、トリケラトプスの実物全身骨格が日本初上陸!

会場では、最新の研究で明らかになった恐竜の体の造形から質感、動き方、さらには当時の植生にいたるまで精緻に再現したCG映像なども体感できます。

会場とは違う新たな発見や感動を味わえるオンラインツアーも実施予定です。

Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~とは?

見るだけではなく五感で感じる今までにない体験型エデュテインメント(教育:Education+エンタテインメント:Entertainment)として、子どもから大人まで自然科学への気づきや学びの体験を提供する恐竜科学博です。

開催期間:2021年7月17日(土)~ 9月12日(日)
開催場所:パシフィコ横浜(駅からのアクセスはこちら→

SPONSORED LINK

Sony presents DinoScience 恐竜科学博について

Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~のイメージ画像
※ヒューストン自然科学博物館所蔵

恐竜(Dinosaur)× 科学(Science)=“DinoScience(ディノサイエンス)”に込めた想い
それは、ソニーが科学の視点で生み出す、まったく新しい恐竜体験のこと。欧米の博物館では、恐竜を骨格標本として展示するだけではなく、生き物として科学的視点で捉え、その不思議さやおもしろさを解くことで、ワクワクする知的好奇心を満たすよう工夫されており、恐竜は”科学の扉“の一つとして位置づけられています。

ソニーのクリエイティビティとテクノロジーの力を活用した“新しい恐竜展”「DinoScience 恐竜科学博」は、見るだけではなく五感で感じる今までにない体験型エデュテインメント(教育:Education+エンタテインメント:Entertainment)として、子どもから大人まで自然科学への気づきや学びの体験を提供します。

SPONSORED LINK

DinoScience 恐竜科学博の見どころ

ララミディア大陸は、現在のアラスカからメキシコまで、西側一帯に相当する縦に長い大陸で、白亜紀の終盤、北アメリカ大陸ができるとともに消滅しました。地層からは、現在もティラノサウルスやトリケラトプスをはじめ、数多くの化石が次々と発見されています。

今回は、このララミディア大陸にフォーカスし、そこに確かに息づいていた様々な恐竜たちの驚きと感動の物語に迫ります。

“世界で最も完全で美しい”と言われているトリケラトプスの実物全身骨格が日本初上陸!

ララミディア大陸は、現在のアラスカからメキシコまで、西側一帯に相当する縦に長い大陸です。白亜紀の終盤、北アメリカ大陸ができるとともに消滅しました。地層からは、現在もティラノサウルスやトリケラトプスをはじめ、数多くの化石が次々と発見されています。 今回は、このララミディア大陸にフォーカスし、そこに確かに息づいていた様々な恐竜たちの驚きと感動の物語に迫ります。
※ヒューストン自然科学博物館所蔵

全長7m×高さ3m、ほぼ全身の骨格、大型皮膚痕が残る非常に貴重なトリケラトプスの実物化石「レイン」。

「DinoScience 恐竜科学博」では、ヒューストン自然科学博物館に展示されてから門外不出であったトリケラトプスの実物化石「レイン」を日本で初めて公開します

トリケラトプスは、その長い角や複雑な頭骨の形から、化石になる過程で変形や欠損が起きることが多く、ほぼ完璧な形状を保って発掘された「レイン」は奇跡的な標本と言われています。

「レイン」の他にも、恐竜では世界で唯一「脳腫瘍」の痕跡が確認されたほか、全身に渡り、激しいけがや病気による変形の痕が数多く見られるゴルゴサウルスやティラノサウルス、モササウルス、ケツァルコアトルス、トリケラトプスとティラノサウルスの幼体など、日本初展示を含む数多くの復元全身骨格を展示します。

また、標本として最大かつ最高の保存状態だったと言われるティラノサウルス「スー」や今回展示するトリケラトプス「レイン」・ティラノサウルス「スタン」を発掘、恐竜発掘・研究・標本作成の世界トップクラスの「ブラックヒルズ地質学研究所」が特別協力しています。トリケラトプスの実物化石「レイン」の貸し出しも、この協力により実現しました。

SPONSORED LINK

ソニーのクリエイティビティとテクノロジーが実現する新たな映像体験

Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~のイメージ画像
:画像は製作段階の映像です。

会場では、最新の研究で明らかになった恐竜の体の造形から質感、動き方、さらには当時の植生にいたるまで精緻に再現したCG映像が、超高精細で圧倒的な迫力の大画面に映し出されます。

床からの振動や風、臨場感あふれる音響など、ソニーの様々な独自技術によって、まるで恐竜がいた時代にタイムスリップしたかのような興奮を味わえます。

さらにXperia™スマートフォンを活用した、リモートで楽しめるオンラインツアー“Xperia True Remote EXperience”も実施予定です。

恐竜の研究が盛んなアルバータ大学で古生物学を中心に広くサイエンスを学んだ恐竜くん(田中真士氏)が企画・監修を行い、日向坂46小坂菜緒さんが公式アンバサダーに就任、ヴァイオリニスト宮本笑里さん、ギタリストDAITAさんによるテーマ曲も完成しました。

SPONSORED LINK

DinoScience 恐竜科学博の開催概要

■名称
Sony presents DinoScience 恐竜科学博
~ララミディア大陸の恐竜物語~ 2021@YOKOHAMA

■会期
2021年7月17日(土)~ 9月12日(日)
※会期中無休
※土・日・祝日・特定日は、事前予約/日時指定入場制(先着順)
※特定日:8月7日(土)~8月15日(日)

■会場
パシフィコ横浜 展示ホールA(駅からのアクセスはこちら→

■時間
月火木日=9:00~18:00(最終入場 17:30)
水金土・祝日・特定日=9:00~21:00(最終入場 20:30)

■料金チケット ※3歳以下入場無料
(平日)
大人2,800円、中学生~18歳2,000円、4歳~小学生1,400円

(土日祝、特定日)
大人3,000円、中学生~18歳2,200円、4歳~小学生1,600円

(水曜・金曜限定)
ナイトミュージアムペアチケット5,000円
 ※ナイトミュージアムペアチケット…18:00以降は、ナイトミュージアムとして会場内の照明を少し暗くし、落ち着いた雰囲気でゆっくりとご鑑賞いただけます。

■公式サイト
https://dino-science.com/

SPONSORED LINK