SPONSORED LINK
日本大通・海沿い

横浜中華街の隣に「ハイアット リージェンシー 横浜」誕生。地上22階、スイートを含む315室

ハイアット ホテルズ コーポレーションと株式会社ケン・コーポレーションは、フランチャイズ契約を締結し、神奈川県横浜市中区山下町に「ハイアット リージェンシー 横浜」を開発。2020年春の開業を予定しています。
これにより、同地区初のインターナショナルブランドホテルが誕生することになります。

この関連記事もよく読まれています

ハイアット リージェンシー横浜が誕生

ハイアット リージェンシー横浜

「ハイアット リージェンシー 横浜」は賑わいをみせる日本最大の横浜中華街や、都心でありながら緩やかな時間が流れる山下公園まで徒歩圏内で、横浜・山下町の中心に位置しています。

地上22階、地下1階建てのホテルには、スイートを含む315の客室、オールデイダイニング、スペシャリティーレストラン、カフェ・バーラウンジ、リージェンシークラブラウンジやフィットネスのほか、最上階に横浜港や横浜ベイブリッジを一望するチャペルと宴会場が作られます。

SPONSORED LINK

ハイアット リージェンシー横浜の建設概要

ハイアット リージェンシー横浜
建築計画名称

(仮称)山下町A街区ホテル計画

建物名称

ハイアット リージェンシー横浜

所在地

神奈川県横浜市中区山下町280番1.2(地番)

建築規模

高さ約74.885m、地上22F・地下1F
敷地面積:3,307.41㎡/延床面積:27,737.06㎡

客室

315室
・スタンダード:297室(36㎡282室/40㎡15室)
・スイート:18室(72㎡)

施設

■1F
スペシャリティーレストラン(約230㎡)、カフェ・バーラウンジ(約220㎡)、ショップ

■2F
オールデイダイニング(約530㎡)

■3F
リージェンジークラブラウンジ(約160㎡)、フィットネス(約140㎡)

■20F(宴会施設)
・大宴会場(約500㎡/最大収容人数:着席250名、立食500名) ※ベイブリッジ展望
・中宴会場(約130㎡)

■最上階 
・チャペル ※ベイブリッジ展望
・スカイバンケット(約110㎡)
・ブライダル関連施設

■駐車場
お客様用機械式駐車場(108台収容可能)

ハイアット リージェンシー横浜建設工事写真

ハイアットブランドのホテルが誕生すると言うことで、この周辺地区でライバルといえば、老舗中の老舗「ホテルニューグランド」になるのかもしれません。

2018年10月の様子

ハイアットリージェンシー横浜の2018年10月27日の様子
SPONSORED LINK

2019年5月の様子

ハイアット リージェンシー 横浜(2019年5月の様子 ハイアット リージェンシー 横浜(2019年5月の様子
この関連記事もよく読まれています
■当記事内の文章・画像引用
ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ[2016年11月7日付]:ハイアット ホテルズが横浜初進出
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です