みなとみらいで動物と戯れる →

神奈川県立図書館に新しい本館がオープン、旧本館は前川國男館へ生まれ変わります

SPONSORED LINK

神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘にある神奈川県立図書館に新しい本館が、2022年9月1日(木)13:00オープンします。

新たにオープンする神奈川県立図書館本館の外観写真
新しい本館

日本のモダニズム建築を代表する建築家 前川國男氏によって設計された神奈川県立図書館“旧本館”は、前川國男館として新たに生まれ変わります。

SPONSORED LINK
目次

神奈川県立図書館に新しい本館がオープン

新たにオープンする神奈川県立図書館本館のロゴ画像
(引用:https://www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/teasersite/

神奈川県立図書館の専門性や広域性を活かしながら、新たな機能として、本を介して人と人が交流し、更なる学びにつなげていくことを支援していくとともに、紅葉ケ丘地区の近隣施設と連携することなどにより、社会参加や自己実現に結び付けていくきっかけとなるよう新たな「価値を創造する図書館」を創っていきます。

新たにオープンする神奈川県立図書館本館のフロアマップ
フロアマップ

新棟「価値を創造する図書館」

閲覧スペースを集約化

  • 蔵書の魅力を引き出す配架を行う「開架スペース」
  • 貴重な資料を目にすることができる「展示スペース」
  • さまざまな利用者ニーズに対応できる「貸出・レファレンスカウンター」
  • 本を介して利用者同士の交流を促進する「交流スペース」
  • ゆっくり読書を楽しめる「くつろぎスペース」
  • 利用者が快適に利用できる「ゆったりとした閲覧スペース」

本館「魅せる図書館」

一部は収蔵スペースとして活用

  • 前川國男氏が設計したモダニズム建築の魅力を活かし、開放感のある吹抜け空間を活用
  • 所蔵する記録フィルムの放映や、貴重な資料や蔵書の展示を行うスペースを整備

新館「収蔵庫」

  • 「収蔵庫」として改修し、収蔵スペースの不足を解消
  • 概ね20~30年分の蔵書増加に対応可能
SPONSORED LINK

神奈川県立図書館“旧本館”

神奈川県立図書館(紅葉ヶ丘)旧館の外観写真
本館の外観写真

1954年11月に開館した神奈川県立図書館本館は、日本のモダニズム建築を代表する建築家・前川國男によって設計され、2021年8月に神奈川県指定重要文化財に指定されました。

学びの場として親しまれてきたその役割を新たな「本館」へと継承し、これまでの本館は2022年4月から休館しています。

今後、改修工事を経て、竣工当時の趣を取り戻しつつ、装いを新たに「前川國男館」として生まれ変わります。

紅葉ケ丘地域の学びの中核を担う図書館として再出発する神奈川県立図書館に、ぜひご期待ください。

神奈川県立図書館 施設概要

SPONSORED LINK
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる