みなとみらい・新港

横浜・みなとみらいの観光に!京急が2階建てオープントップバスを開始

京浜急行電鉄株式会社は、横浜・みなとみらい地区の都心臨海部を周遊する2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS横浜」の運行を、2019年4月20日(土)より開始。

これはみなとみらいのロープウェイ構想や連節バス導入と同様に、横浜都心臨海部において「まちを楽しむ多彩な交通」の導入を進めていくことを目的に、横浜市が民間事業者へ提案企画の公募を実施し、その中で採択された企画の1つです。

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」とは

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」車両イメージ

このバスは、2階席の屋根がなく開放的な空間と普段では味わえない高さ約3.5mから見る景観を通して、横浜・みなとみらい地区を楽しむことができます。

バスガイドが同乗し、運行ルートの見どころをご案内。また訪日外国人向けの「多言語音声ガイドシステム」などの導入も予定しています。

SPONSORED LINK

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」運行概要

運行開始日

2019年4月20日(土)

運行日

土・日・祝日のみ運行
※雨天・荒天時は運休

旅客定員

各便42名
※4歳未満のお子さまはご乗車できません。

乗車料金

大人1,800円(小児・幼児900円)

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」運行ルート

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」の運行ルートマップ(※クリックで拡大)
【パノラマコース(往復コース)】

横浜駅~大黒埠頭折り返しコース(所要時間:約80分)
主要観光スポットの間近を通るルート

横浜駅(YCAT)⇒ みなとみらい ⇒ 横浜ベイブリッジ ⇒ 山下公園 ⇒ 横浜駅(YCAT)

【きらめきコース(周遊コース)】

横浜駅~臨海部周遊コース(所要時間:約60分)
横浜ならではの工場夜景やみなとみらい21地区の夜景を楽しめるルート

横浜駅(YCAT)⇒ みなとみらい ⇒ 横浜ベイブリッジ⇒ 工場夜景 ⇒ 横浜駅(YCAT)

SPONSORED LINK

運行スケジュール・のりば

【パノラマコース(往復コース)】
・第1便 11:00発
・第2便 13:00発
・第3便 15:00発
のりば:YCAT 5番のりば

【きらめきコース(周遊コース)】
・第4便 18:30発
のりば:YCAT 6番のりば

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」のりばマップ

利用方法

■事前予約の場合
KEIKYU OPEN TOP BUS特設サイト、および京急高速バス座席センターで予約受付。
出発日の1ヶ月前の午前9:00からご利用便の出発15分前まで予約できます。
特設サイト→ https://www.keikyu.co.jp/information/otb/index.html
京急高速バス座席センター:TEL 03-3743-0022
※4月8日(月)から予約販売開始。

■当日発売の場合
「京浜急行バス 横浜駅東口バスターミナル案内所」で乗車券購入

「ヨコハマ都心臨海部の まちを楽しむ多彩な交通」とは

横浜市記者発表資料[2018年5月24日付]:まちを楽しむ多彩な交通[PDF]まちを楽しむ多彩な交通(クリックで拡大)

横浜都心臨海部において、移動自体が楽しく感じられる多彩な交通サービスの導入を進めていくため、民間事業者から募集したさまざまな提案を選定し、まとめたもの。11事業者からの応募・提案から9つを選定。導入が決まっている連節バスなど、いろんな交通サービスの提案が載っています。

新たに導入が決まったのはこちら↓
横浜みなとみらいのロープウェイ案「YOKOHAMA AIR CABIN」のイメージ図
[画像あり]みなとみらいロープウェイ案、YOKOHAMA AIR CABIN。2020年を目標 横浜市会の中で取り上げられた、みなとみらいにおける新たな交通サービス案のロープウェイ『YOKOHAMA AIR CABIN(仮称...
BAYSIDE BLUE/ベイサイドブルーのイメージ写真
連節バス『BAYSIDE BLUE/ベイサイドブルー』横浜臨海部に誕生!2020年運行開始特定都市再生緊急整備地域に指定された「横浜都心・臨海地域」の再開発がエゲツない。平たく言うと、より国際的な街づくりを目指して横浜駅周辺地...
SPONSORED LINK
NURO光120x60
NURO光お得なキャッシュバックキャンペーン!

そもそも“横浜都心臨海部”って何よ?

1859年の横浜開港以来、港とともに発展を遂げてきたエリア。2050年に向け「世界が注目し、横浜が目的地となる新しい都心」となるべく、まちづくり戦略が練られているエリアでもあります。具体的には、こちらの5地区。

横浜都心臨海部のマップ(引用:横浜市 都心臨海部再生マスタープラン(仮称))
  1. 横浜駅周辺地区
  2. みなとみらい21地区
  3. 関内・関外地区
  4. 山下ふ頭周辺地区
  5. 東神奈川臨海部周辺地区

この地区内を移動できる新たな交通サービスの提案ということですね。

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」まとめ

2019年には、みなとみらいへ本社移転を予定している京急電鉄。その他にもみなとみらい界隈で存在感を増してきています。

水陸両用観光バス「スカイダック」もいいですが、いかんせん料金が高いのがネック。上手く共存できるといいですね。

横浜みなとみらいのロープウェイ案「YOKOHAMA AIR CABIN」のイメージ図
[画像あり]みなとみらいロープウェイ案、YOKOHAMA AIR CABIN。2020年を目標 横浜市会の中で取り上げられた、みなとみらいにおける新たな交通サービス案のロープウェイ『YOKOHAMA AIR CABIN(仮称...
みなとみらいに誕生するロープウェー「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」のルートマップ
横浜市が発表。2020年、みなとみらいに新交通「ロープウェー」登場!2018年5月に横浜市が発表した、「ヨコハマ都心臨海部の まちを楽しむ多彩な交通」。横浜都心臨海部において、移動自体が楽しく感じられる多...
BAYSIDE BLUE/ベイサイドブルーのイメージ写真
連節バス『BAYSIDE BLUE/ベイサイドブルー』横浜臨海部に誕生!2020年運行開始特定都市再生緊急整備地域に指定された「横浜都心・臨海地域」の再開発がエゲツない。平たく言うと、より国際的な街づくりを目指して横浜駅周辺地...
乗ってみた:「AI運行バスは便利」横浜みなとみらいの新しい観光移動手段?乗り合いバス実証実験中■追記(2018.12.10) 2018年12月10日(月)をもって、AI運行バスの実証実験が終了しました。実用化を待ちましょう! ...
GUNDAM FACTORY YOKOHAMAプロジェクトのイメージ画像
[18mの実物大]動くガンダム、横浜の山下埠頭に登場!2020年夏、1年間限定で公開予定一般社団法人ガンダムGLOBAL CHALLENGEは、2019年にTVシリーズ放映開始40周年を迎える『機動戦士ガンダム』のさらなる飛...
■当記事内の文章・画像引用
京浜急行電鉄株式会社ニュースリリース[2019年4月8日付]:「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」4月20日運行開始
横浜駅・みなとみらい・北仲通地区の再開発マップはコチラ
みなとみらいの再開発写真一覧
【横浜駅・みなとみらい・北仲通地区】再開発一覧マップ最終更新日:2019.04.18 宿泊施設、オフィスビル、商業施設、コンサートホールを中心に、さまざまな再開発事業がいたるところで行わ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です