SPONSORED LINK
みなとみらい・新港

横浜・みなとみらいの観光に!京急が2階建てオープントップバスを開始

京浜急行電鉄株式会社は、横浜・みなとみらい地区の都心臨海部を周遊する2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS横浜」の運行を、2019年4月20日(土)より開始。

これはみなとみらいのロープウェイ構想や連節バス導入と同様に、横浜都心臨海部において「まちを楽しむ多彩な交通」の導入を進めていくことを目的に、横浜市が民間事業者へ提案企画の公募を実施し、その中で採択された企画の1つです。

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」とは

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」車両イメージ

このバスは、2階席の屋根がなく開放的な空間と普段では味わえない高さ約3.5mから見る景観を通して、横浜・みなとみらい地区を楽しむことができます。

バスガイドが同乗し、運行ルートの見どころをご案内。また訪日外国人向けの「多言語音声ガイドシステム」などの導入も予定しています。

SPONSORED LINK

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」運行概要

運行開始日

2019年4月20日(土)

運行日

土・日・祝日のみ運行
※雨天・荒天時は運休

旅客定員

各便42名
※4歳未満のお子さまはご乗車できません。

乗車料金

大人1,800円(小児・幼児900円)

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」運行ルート

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」の運行ルートマップ(※クリックで拡大)
【パノラマコース(往復コース)】

横浜駅~大黒埠頭折り返しコース(所要時間:約80分)
主要観光スポットの間近を通るルート

横浜駅(YCAT)⇒ みなとみらい ⇒ 横浜ベイブリッジ ⇒ 山下公園 ⇒ 横浜駅(YCAT)

【きらめきコース(周遊コース)】

横浜駅~臨海部周遊コース(所要時間:約60分)
横浜ならではの工場夜景やみなとみらい21地区の夜景を楽しめるルート

横浜駅(YCAT)⇒ みなとみらい ⇒ 横浜ベイブリッジ⇒ 工場夜景 ⇒ 横浜駅(YCAT)

運行スケジュール・のりば

【パノラマコース(往復コース)】
・第1便 11:00発
・第2便 13:00発
・第3便 15:00発
のりば:YCAT 5番のりば

【きらめきコース(周遊コース)】
・第4便 18:30発
のりば:YCAT 6番のりば

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」のりばマップ
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
圧倒する速さ NURO光

利用方法

■事前予約の場合
KEIKYU OPEN TOP BUS特設サイト、および京急高速バス座席センターで予約受付。
出発日の1ヶ月前の午前9:00からご利用便の出発15分前まで予約できます。
特設サイト→ https://www.keikyu.co.jp/information/otb/index.html
京急高速バス座席センター:TEL 03-3743-0022
※4月8日(月)から予約販売開始。

■当日発売の場合
「京浜急行バス 横浜駅東口バスターミナル案内所」で乗車券購入

「ヨコハマ都心臨海部の まちを楽しむ多彩な交通」とは

横浜市記者発表資料[2018年5月24日付]:まちを楽しむ多彩な交通[PDF]まちを楽しむ多彩な交通(クリックで拡大)

横浜都心臨海部において、移動自体が楽しく感じられる多彩な交通サービスの導入を進めていくため、民間事業者から募集したさまざまな提案を選定し、まとめたもの。11事業者からの応募・提案から9つを選定。導入が決まっている連節バスなど、いろんな交通サービスの提案が載っています。

新たに導入が決まったのはこちら↓
横浜みなとみらいのロープウェイ案「YOKOHAMA AIR CABIN」のイメージ図
[画像あり]みなとみらいロープウェイ案、YOKOHAMA AIR CABIN。2020年を目標横浜市会の中で取り上げられた、みなとみらい(桜木町ーワールドポーターズ)における新たな交通サービス案のロープウェイ『YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)』。どこにどのように設置されるのか、デザイン案をもとにご紹介します。 参考:横浜市が発表。2020年、みなとみらいに新交通「ロープウェー」登場!...
BAYSIDE BLUE/ベイサイドブルーのイメージ写真
連節バス『BAYSIDE BLUE/ベイサイドブルー』横浜臨海部に誕生!2020年運行開始みなとみらいには国際会議場や展示場として期待される「パシフィコ横浜ノース」もできるし、間違いなく人の流れが増える横浜駅-山下埠頭の水際線沿いに新しい交通手段を!とあいなり、2020年の運行開始を目指して連節バスを活用した「高度化バスシステム」が導入されます。その名も『BAYSIDE BLUE』。連結バス。...

そもそも“横浜都心臨海部”って何よ?

1859年の横浜開港以来、港とともに発展を遂げてきたエリア。2050年に向け「世界が注目し、横浜が目的地となる新しい都心」となるべく、まちづくり戦略が練られているエリアでもあります。具体的には、こちらの5地区。

横浜都心臨海部のマップ(引用:横浜市 都心臨海部再生マスタープラン(仮称))
  1. 横浜駅周辺地区
  2. みなとみらい21地区
  3. 関内・関外地区
  4. 山下ふ頭周辺地区
  5. 東神奈川臨海部周辺地区

この地区内を移動できる新たな交通サービスの提案ということですね。

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」まとめ

2019年には、みなとみらいへ本社移転を予定している京急電鉄。その他にもみなとみらい界隈で存在感を増してきています。

水陸両用観光バス「スカイダック」もいいですが、いかんせん料金が高いのがネック。上手く共存できるといいですね。

横浜みなとみらいのロープウェイ案「YOKOHAMA AIR CABIN」のイメージ図
[画像あり]みなとみらいロープウェイ案、YOKOHAMA AIR CABIN。2020年を目標横浜市会の中で取り上げられた、みなとみらい(桜木町ーワールドポーターズ)における新たな交通サービス案のロープウェイ『YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)』。どこにどのように設置されるのか、デザイン案をもとにご紹介します。 参考:横浜市が発表。2020年、みなとみらいに新交通「ロープウェー」登場!...
この関連記事もよく読まれています
■当記事内の文章・画像引用
京浜急行電鉄株式会社ニュースリリース[2019年4月8日付]:「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」4月20日運行開始
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/
人気ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です