音楽

ガツン!と来る、不可思議/wonderboyの「Pellicule」。いろんな意味で。

いいなぁと思った曲は、リピート再生して聴く癖が。それこそエンドレスに。ちょっと前からリピート再生している曲がコレ。

Pellicule(ペリキュール)」 by 不可思議/wonderboy

Pellicule

“Pellicule”って、weblioには「薄い透明な布;(植物などの)薄皮」という意味と書いてあった。深読みすればいろんな意味に取れるね。

イントロからしびれます。
“ポエトリーリーディング”なるものを初めて知る。
そして、もう亡くなっているということに、二度目のしびれ。

時間てやつは止まったりしない2011年6月23日 最後のTwitterがリアル。

 

「必ず売れるんで」ってすごいサムい。
でもよく考えると、高校卒業してこれから海外に出る!っていう18歳の頃の僕とまったく同じ気持ちで、それを今「サムいなぁ。青いなぁ。青春だなぁ。」と感じた自分は、あの頃の“なんにでもなれる気がしてた自分”とは別個体になったんだな…と痛感させられる。

頑張れば何にでもなれたんだろうし、当時の未来にいま立っていない自分は努力が“全然”足りていなかったんだ…とコレ聴くたびに言われている感じ。環境を整えてくれた親に感謝&期待に応えられていない現状を親に謝罪。そして初心に返らせてくれるこの曲に感謝。

この曲を作った人も、数年後、横浜にいる35歳の男が、夜中3時に聴きながら自分を顧みているはず…なんて考えもつかないよね?ゼッタイ。

人生、「青い春」の次は、「朱(赤)い夏」が来るそうです。

■追記(2019.09.10)
と仲の良かったラッパー神門さんによる、カバー。というかアンサーソング。鳥肌ものです。

作った人(歌っている人)は亡くなったけれど、曲を書いた人はもちろん今も健在。ブログが好きでいつも見ています。大阪のキムチ取り寄せたけれどおいしかった。
mozlog→ https://kannnonn.com/

青春時代には次がある!朱夏・白秋・玄冬とは?そもそも青春って、いつからいつまで?しゅか【朱夏】夏の異称。青春:誕生~25歳頃まで朱夏:25歳頃~60歳頃まで白秋:60歳頃~75歳頃まで玄冬:75歳頃~。玄冬の時期を穏やかに迎えられるかは、他の時期の中でも特に「朱夏」をどうプラスに過ごすかで変わってくるそうです。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です