SPONSORED LINK
野毛・桜木町

桜木町駅の東横線跡地がついに供用開始!紅葉坂交差点までの約140m。新たな電車スポットに!?

回遊性の向上と地域の活性化に資する貴重な地域資源として、歩行者専用道路の整備が進められてきた東急東横線の廃線区間(横浜駅~高島町駅~桜木町駅)ですが、このたび桜木町駅西口広場付近から紅葉坂交差点までの遊歩道工事が完了しました。
2019年7月16日(火)から供用開始となります。

東横線跡地(桜木町駅~紅葉坂交差点)供用概要

2019年7月16日から供用開始した東横線跡地

■供用開始区間
桜木町駅西口広場付近から紅葉坂交差点まで
(延長約140m、幅員約7m~10m)

■供用開始日時
2019年7月16日(火)12時から ※予定

事業全般の概要

事業名:東横線跡地整備事業【廃線区間】
箇所:西区高島2丁目~中区桜木町2丁目
延長:約1.8km
幅員:約7m~10m

東横線跡地(桜木町駅~紅葉坂交差点)の供用完成写真
SPONSORED LINK

供用開始後の東横線跡地(桜木町駅~紅葉坂交差点)写真

JR桜木町駅西口広場の写真
2019年7月16日から供用開始した東横線跡地の写真桜木町駅前広場から見たところ
2019年7月16日から供用開始した東横線跡地の写真

東横線の線路が走っていた高架。これを上から見ると、

2019年7月16日から供用開始した東横線跡地の写真遊歩道から桜木町駅側をみたところ

こんな感じ。このまま残しなのかな?

2019年7月16日から供用開始した東横線跡地の写真横浜駅方面を見たところ

きれいに整備されました。晴れの日ならもっと開放感あると思う。

2019年7月16日から供用開始した東横線跡地の写真紅葉坂方面を見たところ

この下はちょうど紅葉坂交差点です。

2019年7月16日から供用開始した東横線跡地の写真

今回供用開始となった遊歩道の終点。右側を横浜駅方面の電車が近距離で通過します。電車好きのお子さんには新たなスポットかも。

そして左側にある黒い柵の向こうは、手つかずの東横線廃線区間。遊歩道工事はここで寸断されています。横浜駅までの道のりはいつになることやら…。

SPONSORED LINK



紅葉坂交差点から見た図

2019年7月16日から供用開始した東横線跡地の写真

紅葉坂交差点から桜木町駅を見たところ。この高架2F相当部分が遊歩道になりました。

2019年7月16日から供用開始した東横線跡地の写真

遊歩道は、この紅葉坂交差点を橋で渡るところまでつながっています。約140mだからあっという間。

2019年7月16日から供用開始した東横線跡地の写真

駅から来て紅葉坂交差点を渡ったところがこの階段。

供用開始前の東横線跡地(桜木町駅~紅葉坂交差点)写真

JR桜木町駅西口広場から見た東横線跡地の様子※2018年12月撮影
JR桜木町駅西口広場から見た東横線跡地の様子※2018年12月撮影
JR桜木町駅西口広場から見た東横線跡地の様子※2018年12月撮影
まだ残る東急東横線桜木町駅からの線路跡※2018年12月撮影
JR桜木町駅西口広場から見た東横線跡地の様子※2018年12月撮影

東横線(横浜駅⇔桜木町駅)跡地はまだ残っていて、

東急東横線高島町駅の現在(2018年8月)廃止された東急東横線「高島町駅」のホーム跡

2004年の閉鎖から15年経った今も、東急東横線「高島町駅」跡は残っています。

詳しくはこちらをどうぞ↓

【横浜の遺構】二代目横浜駅はこんなところにあった!そして今なお残る東横線高島町駅跡地今ある横浜駅は“三代目”で、初代横浜駅は、現在の桜木町駅の場所にあったというのは有名な話。では、“二代目”はどこにあるのか…ということで行ってみた。市営地下鉄ブルーライン線「高島町駅」近くの『高島町交差点』すぐそば。...

東横線跡地(桜木町駅~紅葉坂交差点)まとめ

現状、利便性はほぼ上がっていないかな。高島町方面へ行く人は信号待ちが1個減るという利点はありますね。雨の日は従来の高架下を通る方がいい。
良い点としては、広々としている、電車を間近で見れる、傾斜を楽しめる…くらいかな。最後は無理筋。

いずれにせよ、早く“完成”して欲しいとは思いつつ、「東横線跡地の歴史」も残って欲しい…という複雑な感情です。

■当記事内の文章・画像引用
横浜市記者発表資料[2019年7月12日付]:東横線跡地(桜木町駅~紅葉坂交差点)の供用を開始します!
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です