みなとみらいで動物と戯れる →

ダイエー横浜西口店跡地に「イオンモール横浜西口」2023年秋オープン!商業施設とUR賃貸住宅で構成する複合ビル

SPONSORED LINK

イオンモールは、2019年に閉店した横浜駅西口近くの「ダイエー横浜西口店」跡地について、非鉄金属加工の権田金属工業や都市再生機構(UR)と共同で、賃貸住宅と商業施設が入る複合施設を開発すると発表しました。

横浜駅西口跡地、(仮称)イオンモール横浜西口の外観イメージ写真

2023年秋に「(仮称)イオンモール横浜西口」として商業施設を開業、そして2025年1月に賃貸住宅の竣工を予定しています。

筆者:1201

横浜駅周辺も新たな店舗の誕生が多くなっていますが、歴史あるこのダイエー跡地の活性化にも期待です。

SPONSORED LINK
目次

「(仮称)イオンモール横浜西口」について

“YOKOHAMA LIFE BASE”をコンセプトに、隣接する横浜ビブレ(イオンモール関連会社の株式会社OPAが運営)と併せ、横浜駅西口エリアの商業環境のにぎわいに寄与できる施設として創造。

株式会社OPA

イオンモール株式会社の子会社で、商業施設のオーパやビブレ、横浜ワールドポーターズを運営。

権田金属工業が商業施設を、URが住宅施設を建築し、イオンモールは権田金属工業と賃貸借契約を結び商業施設を運営します。

「(仮称)イオンモール横浜西口」の計画概要

SPONSORED LINK
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる