チャーミングセール2021秋は10月開催 →

本牧市民プールに流れるプールやウォータースライダー、キャンプ場などが誕生!2023年7月供用開始予定

SPONSORED LINK

横浜市では、総合評価一般競争入札方式による入札公告を行っていた本牧市民プール再整備事業について、馬淵建設グループを落札者として決定しました。

2023年に供用開始予定の本牧市民プールイメージ画像
引用:横浜市記者発表資料

常設の流水プールやウォータースライダー、仮設のアトラクションプールや幼児用プールなどの市民プール機能に加え、付帯事業としてバーベキュー、キャンプ、 貸し休憩スペースも予定。

供用開始は2023年7月上旬の見込みです。

SPONSORED LINK
目次

本牧市民プール再整備の概要

2023年に供用開始予定の本牧市民プールイメージ画像
引用:横浜市記者発表資料

事業の提案内容

2021年9月下旬から設計・建設・開設準備に入り、2023年7月上旬に供用開始予定となります。

■本牧市民プール 概要(予定)
・敷地面積:21,324㎡ ※提供公園面積含む
・管理棟:地上1階 鉄骨造、延床面積1,699㎡ ※屋外トイレ、倉庫など含む
・駐車場:165 台
・遊泳施設:【常設】流水プール・ウォータースライダー、【仮設】アトラクションプール・幼児用プールなど

■付帯事業キャンプ場 概要(予定)
・敷地面積:1,708㎡
・用途:バーベキュー、キャンプ、 貸し休憩スペースなど

付帯事業 概要(予定) キャンプ場 敷地面積 1,708 ㎡ 用 途 バーベキュー、キャンプ、 貸し休憩スペース 等
引用:横浜市記者発表資料

事業概要

■事業名称
本牧市民プール再整備事業

■事業場所
横浜市中区本牧元町46-1(→Googleマップ

■事業内容
本牧市民プールの設計、建設、工事監理、維持管理、修繕および運営
事業契約締結日から2033年3月31日まで

■事業方式
BTO方式(民間事業者が施設の設計・建設・工事監理を行った後、その所有権を横浜市に移管した上で、民間事業者が施設の維持管理・保全を行います)

■落札額
25億9,342万2,768円(消費税及び地方消費税相当額を含む)

■落札企業
・代表企業:馬淵建設株式会社(総括責任者)
・構成企業:フロンティアコンストラクション&パートナーズ 株式会社、株式会社ヤマト建設、株式会社アメニティシステム
・協力企業:パシフィックコンサルタンツ株式会社、株式会社田辺設計、扶桑電機株式会社、株式会社ヒーロー

横浜市中区周辺のプール情報

※当記事に掲載の図は提案資料として提出されたものであり、実際の建物とは異なる場合があります。

SPONSORED LINK
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる