SPONSORED LINK
みなとみらい・新港

みなとみらい53街区の事業者が決定!オフィス・商業施設・ホテルで2棟建設!ゲントヨコハマ跡地

ゲームセンターや109シネマズが入居していた「ゲントヨコハマ」跡地で、これまで3回の公募においても事業者が決まらなかった、みなとみらい21エリアの重要街区「53街区」の事業予定者がついに決定しました!

関連:みなとみらい最後の大物「53街区:ゲントヨコハマ跡地」は何ができる?

みなとみらい21中央地区53街区みなとみらい21 中央地区 53街区

WEST棟とEAST棟に分かれ、オフィス、商業施設、にぎわい施設、オープンイノベーションスペース、ホテルなどが新設されます。

この関連記事もよく読まれています

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発事業

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発事業の外観イメージ

高品質なオフィスを中心に、商業施設、ホテル、にぎわい施設、オープンイノベーションスペースなど多様な空間を有した2棟のビル(WEST棟・EAST棟)で構成する大規模複合ビル(延べ面積約18万㎡、総投資額約1,100億円)を開発します。

計画概要

名称

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発事業

事業予定者

(仮称)みなとみらい21 中央地区 53街区開発事業者 共同企業体
→代表企業:株式会社大林組
→構成企業:ヤマハ株式会社 、京浜急行電鉄株式会社 、新日鉄興和不動産株式会社

所在地

横浜市西区みなとみらい5丁目1番1ほか

敷地面積

20,620.33m²

提案内容

オフィス、商業施設、にぎわい施設、オープンイノベーションスペース、ホテルなど

工期

2020年12月~2023年11月(予定)

SPONSORED LINK

建物概要

WEST棟EAST棟
延べ面積182,825m²
フロア[1F]駐車場、店舗、オープンアトリウム
[2F]店舗、オープンアトリウム
[3F]カンファレンス、小ホールなど、にぎわい施設
[4F]全体共用
[5F~8F]自社オフィス
[9F~24F]賃貸オフィス
[25F~28F]ホテル
[1F]駐車場、店舗
[2F]店舗
[3F]オープンイノベーションスペース、オフィス、店舗
[4F~15F]オフィス
階数・高さ地上28F・塔屋2F(153m)地上15F・塔屋2F(約85.5m)

隣には、清水建設が施工&事業主体となる「横浜グランゲート」があります。

SPONSORED LINK

みなとみらい21中央地区53街区 完成イメージ

みなとみらい21中央地区53街区 完成イメージみなとみらい21中央地区53街区 完成イメージ
みなとみらい21中央地区53街区 完成イメージみなとみらい21中央地区53街区 完成イメージ

みなとみらい21中央地区53街区

53街区は、みなとみらい線新高島駅の至近に位置し、ターミナルの横浜駅から徒歩7分、羽田空港までは京急線で約30分と高い交通利便性を有しています。

また、歩行者ネットワークとしてみなとみらい21中央地区の拠点となる駅や施設を結び、人々の多様な遊歩空間を形成している「グランモール軸」と「キング軸」が交差する結節点に位置するなど、みなとみらい21中央地区の活性化に向けた新たな核となる街区です。

みなとみらい21中央地区53街区周辺のイメージ

加えて、横浜駅からのペデストリアンデッキを「グランモール軸」まで延伸させる形で一体的に整備し、新たな人々の流れを創出するとともに、周辺に整備するコモンスペースでは各種多彩なイベントを開催するなど、周辺街区を含めたエリア全体のにぎわいの創出により新たな価値を生み出し、その魅力とブランドを国内・世界へ発信していきます。

今回、提案が2件あったものの、当事業が採択された理由はこちらです。

事業主体は大型複合施設の開発実績があり、財務面でも十分な事業基盤を有しています。

事業・運営計画に関しては、企業グループを構成する各企業が、オフィス利用を中心に、オープンイノベーションスペース、商業施設やホテルなどを運営する計画であり、ヤマハ株式会社のオフィスのほか、テナントについても多数の企業の LOI(関心表明書)を取得するなど、実現の可能性が高いと評価できます。また、商業施設やホテルなどについても、構成企業が自ら行うものが中心となっており、具体的かつ確実性の高い計画となっています。

たしかに実績や財務の観点から見ても安心でしょうね。

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発事業まとめ

ようやく53街区の事業内容・事業予定者が決定しました。
内容としては、予想通りというかいい意味での裏切りはナシ。そしてまさかの…また「ホテル」。
採択理由に、“商業施設やホテルなどについても、構成企業が自ら行うものが中心~~”とあったので、ホテルは京急系列とか?分かり次第また続報を。

しかし、みなとみらい・横浜北仲通地区だけで新規ホテルが何棟できるのだろうか…2020年の東京オリンピック以降も、パシフィコノースKアリーナぴあアリーナMMなど大型施設利用で宿泊需要は継続できると思いますが、さすがに多い気もします。ホテルの共喰いにならなければいいけれど…

今回の53街区の代表企業は、大林組。
隣接する54街区「横浜グランゲート」の清水建設のように、建設会社が施工も事業も執り行うというのは一般的なのかな?そこら辺ちょっと詳しくないので分かりませんが、「建設会社が事業主体として進出するんだ…」というのが素朴な感想。53街区の当ビルには、ヤマハ株式会社のオフィスが入るそうです。またみなとみらいの就労人口が跳ね上がりそう。

そして、斜め向かいの56街区には京急本社ビルが建ちます。横浜新市庁舎の商業施設運営事業者にも京浜急行電鉄株式会社が選ばれているし、みなとみらいを制圧でもするのかな。

 

ちなみに、53街区公募に対して提案は2件ありました。
内容次第ではもう1件の方がワクワクするかも…と思ってみてみたところ、
「複合施設(オフィス、ホテル、オープンイノベーション施設、商業施設)の新設」という内容。
まったく一緒じゃん。

“事業収支や施設・動線計画など、さらなる計画熟度の向上が望まれる”というのが不採択理由のようです。やはり先のある事業性となると、こういうコンテンツになってしまうのか…。とは言え横浜市としては嬉しいことでもあるからいいのでしょうが。

みなとみらい53街区の写真(2019年3月現在)
みなとみらい最後の大物「53街区:ゲントヨコハマ跡地」は何ができる?4度目の公募結果はもうすぐ!みなとみらい21地区の再開発事業が決まり、空き地がどんどんなくなってきています。再開発事業がどんどん決まる中、開発事業者の公募を3回行うも、決定に至らなかった街区があります。2015年まで「GENTO YOKOHAMA(ゲントヨコハマ)」として109シネマズや横浜BLITZ、ゲームセンター、結婚式場が入っていた「53街区」です。...
この関連記事もよく読まれています
■当記事内の文章・画像引用
・横浜市記者発表資料[2019年3月28日付]:みなとみらい21中央地区53街区の事業予定者を決定しました
・京浜急行電鉄株式会社[2019年3月28日付]:「みなとみらい21中央地区53街区」の事業予定者に選定
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です