マークイズに「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」誕生!公園を活用した屋外席は横浜美術館の休憩にもおすすめ?

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社は、 ブルーボトルコーヒーとして横浜エリア2号店となる「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」を、商業施設マークイズみなとみらい内に 2020年9月25日(金)にオープンします。

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェの外観写真
ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ

横浜美術館の目の前に位置し、カフェ前のスペースにはブルーボトルコーヒージャパン初の公園を活用した屋外シーティングが広がるみなとみらいカフェ。

丁寧にハンドドリップしたコーヒーやエスプレッソドリンクはもちろん、ドラフトにて楽しめる「ブルーボトルコーヒー ペールエール」、そして注文を受けてから焼き上げる「リエージュ ワッフル」やブランチにもぴったりなオープンサンドなどの軽食もご用意。

お出かけのひと休みに、ショッピングの休憩に、横浜美術館でのアート体験の休憩に、広々とした屋外シーティングや心地よいカフェ空間でおいしいコーヒーを楽しめるスポットが誕生です。

SPONSORED LINK
目次

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェの外観写真

店内の中央に位置する円形のカウンターからチェアに至るまで、店内で使用する家具はみなとみらいカフェのコンセプトに合わせてデザインされたカリモク家具によるオリジナル。

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェの外観写真
※2020年9月21日撮影

ランドスケープ、カフェの空間設計、そして家具のディティールに至るまでを一つの体験と考えるデザインアプローチを取ることにより、周囲の景観とのハーモニーを奏でるカフェと家具のデザインに仕上がりました。またカフェのオープン時には一部の家具の予約販売も予定。

コーヒーキャンプマグ バイ ツバメ(3,200円)
ものづくりの町、新潟県燕市で作られている「不変で不偏」をコンセプトにオリジナルのプロダクトを開発している「GLOCAL STANDARD PRODUCTS」の、“TSUBAME”シリーズとコラボレートした琺瑯(ほーろー)マグカップ。

ブルーボトル ゴー ボトル(5,400円)実用容量:355ml
「RevoMax」とコラボレートした「ブルーボトル ゴー ボトル」は、長時間の保温保冷性能を持ち、コーヒーをフレッシュな状態で持ち運べるほか、炭酸の内圧を逃す仕組みを採用することで、コーヒーペールエールなど炭酸のドリンクの持ち運びにも適したボトルです。

SPONSORED LINK

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ施設概要

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
SPONSORED LINK
目次