みなとみらい・新港

みなとみらいの無料遊園地、コスモワールドが一部リニューアル!地上4階建てにパワーアップ

時計付きの観覧車「コスモクロック」で有名な横浜みなとみらいの無料遊園地「よこはまコスモワールド」ですが、かねて噂されていた施設再整備が本格的に始まります。

といっても東京オリンピック・パラリンピック後の2020年12月から着工開始。
地上4階建ての施設(遊戯場・飲食店舗・事務所)として、2022年3月に竣工予定です。

よこはまコスモワールド

よこはまコスモワールドは、みなとみらいのエリアでいうと観覧車がある側の15街区と日本丸メモリアルパークがある側の23街区から成り立っています。珍しい入園料無料の遊園地。
乗り物はお金がかかります。フリーパスがないのは痛い。

もともと1989年の横浜博覧会で設営された観覧車がその後も存続されることになったのが今のコスモワールド。
(当初、観覧車は23街区側にあり、後にいまのワールドポーターズ横に移設されました)

みなとみらいにあるよこはまコスモワールドのリニューアル予定場所の地図青い丸のところがリニューアル予定地:ブラーノストリート・ゾーンの一部

そして両街区とも敷地の所有者は横浜市で、運営者である大阪の泉陽興業株式会社が契約を結び経営している暫定施設。定期借家みたいなやつですね。みなとみらいではよくある話。

なので契約が満了を迎えたら横浜市に返還されて一帯を再整備…みたいな話もありましたが、結局のところ契約は今も継続し、さらには今回のリニューアル強化へとつながります。

SPONSORED LINK

よこはまコスモワールド日本丸地区リニューアル工事

みなとみらいのよこはまコスモワールドリニューアル予定看板標識の写真※2019年11月時点

■名称
よこはまコスモワールド日本丸地区リニューアル工事

■所在地
横浜市西区みなとみらい2-1

■事業者
泉陽興業株式会社

■建築規模
地上4階・地下1階
敷地面積:5,571.98㎡、延床面積:7,080.16㎡

■建築用途
遊戯場、飲食店、事務所

■完成時期
2022年3月20日予定
※2020年12月20日着工予定

よこはまコスモワールドのリニューアル工事まとめ

このリニューアルが行われるブラーノストリート・ゾーンは老朽化が見て取れるのでリニューアルはいいかもしれませんね。

あと、その隣にあるキッズカーニバル・ゾーンのゲームコーナーとかも、観覧車側のワンダーアミューズ・ゾーンに比べるとけっこうすたれた印象を受けるので…もうちょっと何とかした方がいいかもと個人的に思います。
人のお金なので勝手なことを言ってますが…。

ちなみに事業者の泉陽興業株式会社は、よこはまコスモワールドを運営しているわけですが、これからみなとみらいに設置されるロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(桜木町駅⇔ワールドポーターズ)」運営者でもあります。

横浜みなとみらいのロープウェイ案「YOKOHAMA AIR CABIN」のイメージ図
[画像あり]みなとみらいロープウェイ案、YOKOHAMA AIR CABIN。2020年度末に開業予定横浜市会の中で取り上げられた、みなとみらい(桜木町ーワールドポーターズ)における新たな交通サービス案のロープウェイ『YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)』。どこにどのように設置されるのか、デザイン案をもとにご紹介します。 参考:横浜市が発表。2020年、みなとみらいに新交通「ロープウェー」登場!...

税金を使わず民間の資金でロープウェイを開業・運営するということで、もう決定事項であるなら反対しても意味ないので完成後に楽しみたいです。

この関連記事もよく読まれています
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です