マイベスト10選

【体験レポ】楽しすぎる!横浜市のオススメ室内遊び場トップ3

神奈川県横浜市には、小さな子供も遊び倒せる遊び場がたくさんあり、新しいところを見つけては子供と行って遊び倒しています。

センター南のコーナンに入居する「ファンタジーキッズリゾート港北」

個人的に良かった・楽しかったと思えるキッズパーク・遊び施設を紹介します。

今回取り上げるキッズパークの定義は、横浜市内にある屋内遊び場(おもちゃで遊んだり、動き回って遊んだりができるところ)です。

トップ3までランキング形式で、4番目以降に関しては順不同です。

ではよーい、スタート。

料金や詳細情報は必ず公式サイトを確認してからご利用ください。

【第1位】ファンタジーキッズリゾート港北

センター南のコーナンに入居する「ファンタジーキッズリゾート港北」

遊びの充実度、遊び場の広さ、最寄駅からのアクセス、料金のトータルバランスで1位。個人的にダントツです。

ファンタジーキッズリゾート港北のメダルコーナー写真

無料で遊べるメダルゲームも充実。普通のゲーセンがもったいなく感じるほど。

ファンタジーキッズリゾート施設内にもご飯を食べるところがありますが、建物内にもフードコートがあるためランチには困りません。駅も近いですしね。

公式サイトでは混雑状況も確認できるので便利。
アプリ会員になるともっと便利で、お得になりますよ。

最寄駅市営地下鉄線 センター南駅から徒歩3分
住所横浜市都筑区茅ヶ崎中央53-1 ホームセンターコーナン 港北センター南店3階(Googleマップ→
基本料金平日1日遊び放題:子供1,100円、大人1,100円
※0歳児は無料
保護者の交代可(受付に言えばできます)

詳細ページ公式ページ

【第2位】リトルプラネット ららぽーと横浜

ららぽーと横浜にできたリトルプラネットのイメージ画像

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地のような知育デジタルアートを展開するリトルプラネット。

チームラボはより知育性(将来)、リトルプラネットはより遊興性(現在)が高いというのが個人的な独断と偏見。

アトラクションの対象年齢は3歳以上が推奨で、たしかに乳幼児の子にはまだ早いのかなという印象。いろんな刺激を見せてあげられるという意味では全然ありです。

ららぽーと横浜にできたリトルプラネットのアトラクション画像

チームラボにもある、自分の塗り絵をスキャンしたらスクリーンの海中を泳ぐやつもあります。

週末は特に混雑します。入場規制もあったり。

チケットを事前購入できるアプリがおすすめ。誕生月には無料クーポンあり。
あと、LINE友達になればクーポンもらえます。

ららぽーと横浜には、別の遊び施設やゲーセンも豊富なので、「ららぽーと横浜として総合的に考える」と充実度は1位かもしれない。

最寄駅JR横浜線 鴨居駅から徒歩7分
住所横浜市都筑区池辺町4035-1 ららぽーと横浜2階(Googleマップ→
営業時間[平日]10:00~18:00
[休日]10:00~20:00
基本料金平日90分:子供(〜17歳)1,800円、大人1,000円
平日1日フリーパス:子供1,800円、大人900円
※お子様2人目以降に2歳以下の子がいれば、その子は無料。それ以外は全員一律で料金が発生します。
保護者の交代不可

詳細ページ公式ページ

【第3位】ハムリーズ横浜ワールドポーターズ プレイルーム

ハムリーズ横浜ワールドポーターズ店のプレイルームの様子

イギリス発の体験型おもちゃ屋さん「ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店」の中にある遊び場、プレイルーム。
プロジェクションマップングされた滝の滑り台「ハムリーフォールズ」がオススメ。
大人は延長料金が発生しないのも魅力です。

ただ、正直このプレイルーム単体では他のキッズパークに劣ってしまいます。
それなのになぜ第3位なのかと言うと…

Hamleys/ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店の店内写真

プレイルームの外も、すこぶる充実しているから。

遊ぶたびにもらえるポイントを貯めてお菓子やおもちゃと交換できるゲームコーナーや、おもちゃのデモンストレーション、メリーゴーランド、そしてなんと言っても広大なおもちゃ売り場。

プレイルームを含めたハムリーズ全体として高評価です。

ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店にあるメリーゴーランド
ハムリーズ横浜でオススメ、5つの遊び。1日遊べるおもちゃ屋さん:みなとみらいワールドポーターズみなとみらいにある体験型おもちゃ屋さんの「ハムリーズ横浜ワールドポーターズ店」。メリーゴーランド(エンジョイサービス)やハムリークエスト、パレードやプレイルーム、そして新たに誕生したカーニバルコーナー(ゲームコーナー)も景品交換できてオススメです!...
最寄駅みなとみらい線 みなとみらい駅&馬車道駅から徒歩10分
住所横浜市中区新港2丁目2-1 横浜ワールドポーターズ1・2階(Googleマップ→
営業時間10:30〜21:00
基本料金30分:子供(6ヶ月〜12歳)600円、大人600円
平日1日フリーパス:子供1,500円、大人600円
※6ヶ月未満の子は無料。
保護者の交代可(受付に言えばできます)

詳細ページ公式ページ

以上が僕の中のトップ3で、以下は順不同です。

PuChu!(プチュウ) in アソビル

屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像

横浜駅直通のエンターテイメント施設「アソビル」の4階にあるキッズパーク「PuChu!(プチュウ)

対象年齢は0歳からで、店内は7つの星と5つのゾーン、計12個のプレイエリアで構成されています。

横浜駅周辺にはこういう遊び施設がないので貴重な存在。
横浜駅東口のベイクォーターに「DADWAY/ダッドウェイ」の遊び場はあります。

施設が入るアソビルの別フロアにも楽しいところがいっぱいあるので、ビル全体として楽しめると思います。

屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像ZONE/RAINBOW COSMOS

ただ「プチュウ!」の最大の弱点は……料金が高すぎるところですね。
高いのではなく、高すぎる。
唯一無二&絶対無二のキャラ“アンパンマン”みたいな強みがあれば集客もたやすいだろうけど…。

アソビル1階受付の奥にプチュウ専用エレベーターがあります。
また、WEB予約と現地購入が可能ですが、WEB予約の方が確実です。

最寄駅横浜駅みなみ東口通路から直通
住所横浜市西区高島2-14-9 アソビル4階(Googleマップ→
営業時間[平日]10:00〜18:00/最終受付16:30
[土日祝]10:00-19:30/最終受付18:00
基本料金平日90分:子供(6ヶ月〜12歳)2,000円、大人1,000円
平日1日フリーパス:子供2,500円、大人1,000円
※6ヶ月未満の子は無料。
保護者の交代不可

詳細ページ公式ページ

あそびパークPLUS みなとみらい東急スクエア店

あそびパークプラスみなとみらい東急スクエア店の様子

みなとみらいの東急スクエア①の4階にある「あそびパークPLUS」。

個人的に少し分かりにくい立地というか、だからなのか他の施設に比べて空いているかも。特に平日は。

あとお姉さんによるけど、他の施設に比べて柔らかく積極的に子供に絡んでくれる印象があります。こちらも個人的な気持ち。

最寄駅みなとみらい線 みなとみらい駅直結(約5分)
JR線・市営地下鉄 桜木町駅から徒歩8分
住所横浜市西区みなとみらい2丁目3-2 みなとみらい東急スクエア① 4階(Googleマップ→
営業時間11:00〜19:00/最終受付18:30
基本料金30分:子供(6ヶ月〜12歳)660円、大人660円
平日1日フリーパス:子供1,650円、大人660円
※6ヶ月未満の子は無料。
保護者の交代

詳細ページ公式ページ

あそびのせかい マークイズみなとみらい店

マークイズみなとみらいにあるキドキドボーネルンド「あそびのせかい」の館内写真

親子のための室内あそび場「あそびのせかい マークイズみなとみらい店」。
今回紹介する中では最も認知度が高い遊び施設かもしれません。

チェーン展開しているので大きくハズレることもなく、親子で安定して楽しめる施設です。
6ヶ月の赤ちゃんから利用でき、施設内には授乳場所もあります。
※施設内にトイレはありません。

ショッピングモールの中にあるので、食事やその他の遊び施設には困りません。フードコート(4階)も完備!
みなとみらいのど真ん中で動物と触れ合える「オービィ横浜(5階)」もオススメですよ!

最寄駅みなとみらい線みなとみらい駅直結
住所横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい3階(Googleマップ→
営業時間10:00-19:00/最終受付18:30
基本料金最初の30分:子供(6ヶ月〜12歳)600円、大人600円
平日1DAYパス:子供1,100円、大人600円
※大人(保護者)の交代ができます。
※6ヶ月未満の子は無料。
保護者の交代

詳細ページ公式ページ

横浜アンパンマンこどもミュージアム

言わずと知れた永久不滅のヒーロー、アンパンマンに会える施設横浜アンパンマンこどもミュージアム

2019年に移転新築して敷地面積も約2倍に拡大。

年間入場者数の目標も100万人設定しているほどの人気施設。しかもこれはミュージアムの入場者数なので、無料エリアを含めると数倍の来場者数にのぼります。

無料のエリアと、有料のミュージアムエリアに分かれていて、無料エリアだけでもめちゃくちゃ満足できます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのキャラクター写真

ミュージアムエリアでは、体を動かせる遊び施設もあるし、アンパンマンや仲間たちに会うことができるので子供は最高潮に喜ぶのでは。

1階アンパンマンレストランの「バースデーパック(食事代+1,000円)」もオススメ。

  1. キャンドルサービス
  2. バースデーデザート
  3. 王冠(アンパンマンのシール付)
  4. 記念写真(グリーティングカード付)

※事前予約は不要。当日アンパンマンレストランのスタッフに申し出て下さい。

ミュージアムは、1歳以上一律2,200円なので…完全に観光地価格です。でも間違いなく思い出に残りますよ。

最寄駅みなとみらい線新高島駅3番出口から徒歩3分、横浜駅東口から徒歩10分
住所横浜市西区みなとみらい6-2-9(Googleマップ→
営業時間ミュージアム 10:00〜17:00/最終入館16:00
ショップ&フード・レストラン 10:00〜18:00
基本料金ミュージアムエリア:2,200円(税込) ※1歳以上
※1階のショップ&フード・レストランは無料です。
保護者の交代不可

詳細ページ公式ページ

はまぎん こども宇宙科学館

洋光台駅「はまぎん こども宇宙科学館」の館内写真3F:惑星ジム

JR根岸線洋光台駅からすぐにある「はまぎん こども宇宙科学館」。
その名の通り、宇宙を知るための模型やおもちゃ、体験施設(プラネタリウム)があり、休憩室やカフェ、お土産ショップもあります。

そして3階の宇宙トレーニング室には、月面ジャンプや空間移動ユニットの体験設備と、惑星ジムというアスレチックジムもあるんです!

洋光台駅「はまぎん こども宇宙科学館」の館内写真

この惑星ジムだけでも子供はけっこう遊び続けます。
なので施設全体も入れれば、丸一日遊べます。

そして何と言っても劇的に安い

乳幼児のお子さんには難易度が高いので、地下2階の方がオススメです。

最寄駅JR根岸線 洋光台駅から徒歩3分(Googleマップ→
住所横浜市磯子区洋光台5-2-1
営業時間9:30-17:00/最終受付16:00
基本料金小・中学生200円、大人400円
※小学生未満の子は無料です。
※プラネタリウムは別途入場料がかかります。
保護者の交代不可

詳細ページ公式ページ

横浜市内の遊び場まとめ

それぞれにいい施設で、今回の記事は完全に個人的な体験談です。
アンパンマン好きな子なら確実にアンパンマンミュージアムが1位になるだろうし、お金を抑えたいときならはまぎん こども宇宙科学館が行きやすいだろうし…旅行的な使い方か日常的な使い方によっても変わってくると思います。

この記事には取り上げていませんが「Kid’s US.LAND ベイタウン本牧店」や横浜ベイクォーターの「ダッドウェイ プレイ スタジオ」、センター北駅のモザイクモールにある「キッズーナプラス港北店」なども楽しい遊び施設です。

今回の全8選に加えてもっと楽しいところを見つけたら随時アップしていきますのでお楽しみに。

また実際に行く際には公式サイトで正確な情報を確認してから行ってみて下さい!

↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です