関内・元町中華街

【横浜マリンタワー】一時休館。2019/4/1~2022/3/31まで改修工事。休業前に展望台へ

1961年の開業より横浜を見守り続けてきた「横浜マリンタワー」は、保全を目的とした改修工事のため、2019年3月31日をもって全館一時休館となります。

横浜マリンタワー改修工事スケジュール
2019年4月1日~2022年3月31日(2022年4月以降に再開予定となります)

横浜にいながらマリンタワーに一度ものぼったことがなかったので、2019年3月25日~31日は料金半額ということも背中を押し、初めて行ってきました。しかも1日2回も。巻き返そう感ハンパない。

横浜マリンタワー

改修工事前の横浜マリンタワー外観写真(2019年3月)

1961年1月15日に開業。
東京タワー開業(1958年12月)の約2年後ですね。

横浜マリンタワー58周年ポスター

横浜マリンタワーは、2019年1月15日で開業58周年。

とは言え、今まで一度ものぼったことがないし、施設内に足を踏み入れたことがない…。

改修工事前の横浜マリンタワー外観写真(2019年3月)

というわけで早速行ってきました!
1日に2回も…。

SPONSORED LINK

横浜マリンタワーの料金

通常はこんな料金。
大人:750円/中高生:500円/小学生:250円/幼児:200円/3歳未満:無料

横浜マリンタワーの料金表(2019年3月)

だけど一時休館直前の週は(3/25~3/31)、なんと半額に!
この情報もあったので、お昼に1回、夕方に3歳の息子連れてもう1回の計2回、1日で行っちゃいました。
2022年となると、3歳の息子も6歳になるので行くなら今でしょう。

1F受付でチケット購入

横浜マリンタワーの受付(2019年3月)

1F受付で購入し、2Fの展望台行きエレベーターから乗り込みます。


横浜マリンタワーのパンフレット(2019年3月)

横浜マリンタワーの縦長感を生かしたパンフレット。カッコいい。

横浜マリンタワーの展望台:お昼の部

横浜マリンタワーのチケット(2019年3月)

36歳の男性一人で展望台へ。

エレベーター内の新山下側。
ド派手感がないのがレトロで良い。

横はマリンタワーの展望台

展望台の高さが94m。
みなとみらいの観覧車「コスモクロック21」が全高112.5mなので、あれより少し低いくらいかな。でも揺れる観覧車よりは圧倒的に安心。

横浜マリンタワーから見えるみなとみらい地区(2019年3月)

みなとみらい21方面。
横浜北仲通の再開発もバッチリ見えます。

横浜マリンタワーから見える山下公園地区(2019年3月)

山下公園と氷川丸。

横浜マリンタワーから見える新山下地区(2019年3月)

新山下方面。
横浜ベイブリッジも見えます。

横浜マリンタワーから見える、港の見える丘公園地区(2019年3月)

港の見える丘公園方面。
ふもとにはMEGAドンキ港山下総本店が。

横浜マリンタワーから見える横浜中華街方面(2019年3月)

元町・中華街方面。

横浜マリンタワーの30Fから20Fへ降りる階段

展望台は30Fですが、29Fへも行けます。
横浜マリンタワーは「恋人の聖地」にも選ばれているので、

横浜マリンタワーの30Fから20Fへ降りる階段にあるカップルのタグ

カップルのこういうプレートが壁中に。
何組がゴールインしたのかなぁ。

横浜マリンタワーの29Fにある、ガラス張りの床

ガラス張りのヤツ。
ちょっと怖い。

そんなこんなで20分くらいの滞在ののち、マリンタワーを後にしました。

SPONSORED LINK

横浜マリンタワーの展望台:夕方の部

保育園に息子を迎えに行って、その足で横浜駅→元町・中華街駅へカムバック。
勝手知ったる雰囲気をこれ見よがしに出して息子を誘導。

チケットを2枚買います。
なんたって半額だからね。

横浜マリンタワーのチケット(2019年3月)

チケット購入したら受付のお姉さんが、流しながらの説明で「~~~~~半券があれば今日明日の再入場は100円で出来ますので、ではごゆっくりどうぞー」と。

「…ウソん?」
お姉さんの顔を二度見しましたよ。

イキって半額で2回チケット購入したけど(375円×2=750円)、再入場なら475円(375円+100円)でイケたんか!?通常料金で入場+再入場した場合と100円しか変わらんじゃん…

イキってただけに損した感が強いわ。
…マリンタワー改修工事へのご祝儀と割り切ることに。なんとか。

では、いざ展望台へ。

今回は、エレベーター内のみなとみらい側に。

横浜マリンタワーから見えるみなとみらい地区(2019年3月)

夕方の、みなとみらい21方面。
もうちょっと暗い方が、よりキレイだったかな。でもちょっとだけ幻想的で良い。お昼よりも山の稜線がハッキリ出ていた。

横浜マリンタワーから見える山下公園地区(2019年3月)

山下公園。

横浜マリンタワーから見える山下埠頭(2019年3月)

山下埠頭。
ここには再開発で何ができるのだろうか…。

横浜マリンタワーの29Fにある、ガラス張りの床

ガラス張りのヤツ。
まったく怖がっていない。

横浜マリンタワーの展望台写真

展望台からの眺めに喜んでいた3歳児。

うちの奥さんに、「今日30階のマリンタワーに一緒にのぼったっちゃがー」と自慢すると…

みなとみらいランドマークタワーの写真

「え、今週末ランドマークタワーの展望台が200円で入れるから行ってくるけど?」と。

横浜マリンタワー:30階(展望台94m)
横浜ランドマークタワー:69階(展望台272m)

マリンタワーの記憶が霞むやんけ。

横浜マリンタワーのライトアップ(2019年3月)

2019年3月撮影マリンタワーにはマリンタワーの良さがあります。

と強制的に自分を納得させて、、、2022年にまた会いましょう。

横浜マリンタワー公式サイト

横浜マリンタワー

住所〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町15
最寄駅みなとみらい線「元町・中華街駅(4番出口)」より徒歩1分
JR根岸線「石川町駅」より徒歩15分
この関連記事もよく読まれています
元町周辺おススメ情報
横浜元町商店街のトイレ・授乳・オムツ交換は「元町オアシス」へ。とてもキレイで便利な施設出かけるとき、トイレの場所を無意識に探したりしませんか?胃腸が弱い僕はトイレレーダーを常に稼働させているし、よく行く場所ならトイレ候補をいくつか持ち合わせています。ましてや乳児連れのママや家族なら、より必要不可欠な施設のはず。横浜元町ショッピングストリートは、“商店街”なので商業施設やショッピングモールとは異なり充実したベビー休憩室などが・・・あるんです。その名も『元町オアシス』。...
横浜元町ショッピングストリートでトイレに行きたいときは『元町プラザ』もいいよ出掛けた時のトイレってけっこう重要じゃないですか?僕はお腹が弱いので、よく行くエリアでは第5候補くらいまでトイレをピックアップしています。鉄壁の守り。そんな中、『元町プラザ』のトイレがフルリニューアルされて感動したので、お知らせします。...
Bio c’ Bon(ビオセボン)横浜元町店の写真
電源カフェ「ビオセボン横浜元町店」はWi-Fi完備で健康的な空間だった。多目的トイレもあります横浜元町ショッピングストリートでWi-Fiのある電源カフェって見たことなかったけれど、2018年12月に「Bio c’ Bon(ビオセボン)横浜元町店」がオープン。2F席に電源&Wi-Fiが使えるイートイン席があります。まだそこまで知名度が高いわけではないからか、比較的ゆったりと滞在できます。...
横浜元町ショッピングストリートのチャーミングセール情報2019年秋
2019秋【横浜元町チャーミングセール】9月21日~29日開催。リボンの騎士がキャラに抜擢横浜元町ショッピングストリートの2019年秋チャーミングセールは、9月21日(土)~29日(日)の日程で開催!200店舗以上がセールに参加し、周辺の石川町商店街や横浜中華街もあわせて盛り上がります!今回のキャラクターには手塚治虫氏のリボンの騎士が決定!...
横浜元町にある元町厳島神社の御朱印
元町厳島神社の御朱印は旧スタンプの方が好き。受付時間は平日のみらしい横浜元町ショッピングストリートにある神社『元町厳島神社』で御朱印をいただいてきました。なかなか行けなかった理由は、“平日しか受け付けていない”から。だから平日に行ってきました。商売繁盛、合格祈願、縁結びの神様であり、元町の発展興隆の守護神です。...
元町チャーミングセール中ですら人がいない『元町百段公園』でのランチが地味に好き「横浜元町にある公園」って聞くと、どこを連想しますか?山下公園?元町公園?アメリカ山公園?山手イタリア山庭園?港の見える丘公園?どれもステキな公園です。がしかし、もう1つ小さくて地味で人がほとんど来ない公園が元町のすぐ近くにあります。それが『元町百段公園』です。...
横浜元町ショッピングストリートのキタムラ本店にあるペットバー
困った時のペットバー。犬の水飲み場がある横浜元町ショッピングストリート。犬に優しい商店街ですペットに優しい街と言われる横浜元町ショッピングストリート。街にはペットショップや無添加ドッグフードショップ、アートギャラリーによるペット肖像画など、いろんなペット関連のお店があります。さらには、お店の軒先に犬専用の水飲み場「ペットバー(PETBAR)」もあったりするんです。愛犬同伴でショッピングに行かれる方はぜひ探してみて下さい。...
元町プラザ2F『ecomo Bakery/エコモベーカリー』のパンは創作性高くて、たまらん横浜元町界隈で、2大おいしいパン屋さんといえば「ブラフベーカリー」と、元町プラザの2Fにあるこの『ecomo Bakery』。いつもお世話になっております。藤沢にある、LOHAS事業を行う株式会社ecomoの運営。このベーカリー以外にもレストランなどの店舗を運営しています。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です