子育てハック

保育園・幼稚園申請の申し込み前に、区役所で漏れチェックをしてもらおうー横浜市編ー

保育園・幼稚園の申請は「郵送申し込み」が原則で、2019年4月入園の申請は明日9日(金)の消印までが締め切りとなりますが、この表題の件はずっと有効的だと思ったので書いてみました。

SPONSORED LINK

横浜市中区役所へ

申請する中でも第一希望の保育園・幼稚園を管轄する区役所へ。

横浜市中区役所の外観

(僕の場合は)横浜市中区役所。雨がシトシト。

横浜市中区役所のフロアマップ

写真じゃ分かりづらいですね。

横浜市中区役所のフロアマップ

5Fの「54番 こども家庭支援課」です。

窓口で書類チェック

保育園・幼稚園の申請は、「郵送のみ受け付け」なので不足書類を提出しないよう事前にチェックを受けましょう。

マイナンバーカードや運転免許証、「利用申請書」の不備ならすぐ対応できると思うけれど、両親の「就業(予定)証明書」「在園証明書」の場合、相手がいることなのですぐに対応するのは難しいと思います。だからキッチリ郵送提出をするなら、利用申請が始まったら早めに記入&書類用意→区役所窓口でチェックのフローを確立しよう。

相談内容にもよりますが、10分ほどで終了。
ちょっとした不備も見つかり感謝です。

SPONSORED LINK

行政サービスコーナー

平成31年度横浜市の保育園・幼稚園利用申請書配布状況

申請書類は当然のことながら区役所にもあります。他にも横浜駅の行政サービスコーナーなどでも入手できます。これは保育園・幼稚園の利用申請書に限らず、住民票の写しや印鑑登録証明書だったり、いろんな書類発行ができる行政サービスコーナーはとても便利です。

横浜駅でいうと、地下1Fみなみ通路にある行政サービスコーナーにいつも助けられています。

詳細は→ 横浜市 行政サービスコーナーのご案内パンフレット[PDF]
詳細は→ 「横浜市行政サービスコーナー」公式ページ

小児医療証を紛失したら窓口で再発行してもらおうー横浜市編ー0歳から中学校卒業まで子どもの医療費を助成してくれる、とてつもなくありがたい小児医療費助成制度。その医療証は有効期限が決められていて、定期的に新しいものが送られてきます。だがしかし、小児医療証をなくしてしまいました。ごめんなさい、横浜市。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です