GoToイート神奈川版がスタート →

シェアNo.1のスマホ充電「チャージスポット」料金や使い方を紹介。返却方法も一瞬のモバイルバッテリーレンタル

SPONSORED LINK

外出先で「スマホの充電がヤバい!」ってなった経験はありませんか?

僕はあります。
何回も。

だからモバイルバッテリーを購入しました。

が、持ち歩くのを忘れたときは未だに「スマホの充電がヤバい!」というのがあります。

そんなときに重宝しているのが、

レンタル充電器の「ChargeSPOT(チャージスポット)」写真
ChargeSPOT

スマホ充電器のシェアリングサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」です。

街のいたるところに設置されている充電スポット、どこで借りて&どこで返してもOKなので便利。

特にスマホ充電器を必要とするときは急を要するときなので…すこぶるありがたい存在です。

関連:モバイルバッテリーレンタルの「充レン」は便利だった!

SPONSORED LINK
目次

チャージスポットとは

「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに、いろんなところに充電スタンドが設置されています。

レンタカーで言うところの「乗り捨て」みたいな感じですかね。

レンタル充電器の「ChargeSPOT(チャージスポット)」写真
充電スタンド

駅など大型施設に設置されるスタンドタイプと、小規模店に設置される卓上タイプがあります。

「充レン」など、似たようなシェアリングサービスはありますが、「チャージスポット」の最大の特徴は、設置数日本No.1を誇る充電器設置場所の多さ。

A駅で借りて電車に乗ってB駅で降りるときに返却するとか、飲食店にも設置されているので、食べたりしているあいだに充電して会計時に返却みたいな使い方もできます。コンビニにも置いてたりしますよ。

利用料金も想像以上の安さ。窮地を救ってくれると考えたら激安ですよ。

SPONSORED LINK

チャージスポットの料金

最初の1時間未満で150円、その後48時間まで300円でレンタルできる、お手頃価格です。

  • 〜1時間未満…150円
  • 1〜48時間…300円
  • 〜3日間(72時間)…450円
  • 〜4日間(96時間)…600円
  • 〜5日間(120時間)…750円
  • 〜6日間(144時間)…900円
  • 〜7日間(168日間)…1,050円

※金額表記はすべて税抜価格です。
※レンタル開始後168時間(7日間)を超えた場合は、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)の支払い義務が発生します。

チャージスポットの使い方

スマートフォンのアプリで借りて、返却するときはスロットに挿すだけ。

すこぶる簡単です。

STEP
アプリをインストールして、ログインする

「チャージスポット」で検索し、アプリをインストールする。
※LINE版ChargeSPOTもあります。

→Apple StoreでChargeSPOTを探す
→Google PlayでChargeSPOTを探す

インストールが終わったら携帯番号を入力して認証コードを受け取り、ログインします。

STEP
充電器を借りる

バッテリースタンドに表示されているQRを読み取り、お支払い方法を選択する。

どこに「チャージスポット」があるか、貸出or返却可能かは、アプリで見ることができます。

STEP
充電器を返却する

バッテリースタンドをアプリで検索し、空いているスロットに差し込んで返却完了。

SPONSORED LINK

チャージスポットを実際に使ってみた[アプリの場合]

すでにアプリや支払い方法を設定済みの場合です

ちょっと充電がヤバい…ということで、急きょ「チャージスポット」を検索。

レンタル充電器の「ChargeSPOT(チャージスポット)」のスマホ画面

今回は東京の、しかも初めて行った場所だったので土地勘ゼロでしたが、周辺の「チャージスポット」を地図表示してくれるのでメチャクチャ楽です。

借りる方法

レンタル充電器の「ChargeSPOT(チャージスポット)」写真

地下鉄の宝町駅にあった「チャージスポット」を発見。

アプリで「チャージスポット」に表示されているQRコードを読み取ります。あとは画面に沿って進むだけ。

レンタル充電器の「ChargeSPOT(チャージスポット)」写真

受付完了すれば対象の充電器がバコッと飛び出てきます。

レンタル充電器の「ChargeSPOT(チャージスポット)」のスマホ画面

レンタル中になると、アプリの表示も黄色に。

レンタル充電器の「ChargeSPOT(チャージスポット)」写真

USB-C・iOS・Micro USB、3タイプのケーブルが内蔵されているので、ほぼすべてのスマートフォンに対応しています。

この充電器自体の充電がなくなってきた場合は、別途Micro USBにて再充電が可能です。
※再充電用Micro USBは自身で用意する必要があります。

SPONSORED LINK

返却する方法

借りるとき同様、返却が可能なスポットを探します。

レンタル充電器の「ChargeSPOT(チャージスポット)」写真

「チャージスポット」が見つかれば、あとは空きスロットに充電器を挿すだけ。

カチッと奥まで挿しましょう。

※ケーブルはきちんと収納してから返却しましょう。
※スロットに挿すときの向きに気を付けましょう。
※チャージスポットに空きスロットがないと返却できません。

チャージスポットを使ってみた感想・まとめ

今回は用事の前に約30分だけ急速充電して返却しました。

レンタル充電器の「ChargeSPOT(チャージスポット)」のスマホ画面

150円+税の165円なり。

いざという時の充電切れを165円で回避できるなら全然アリ。300円+税を払えば48時間までレンタルできるのも嬉しいです。

最近こういうスマホのレンタル充電器が増えていますが、やはりネックとなるのは料金と充電スタンドの場所。

その点、日本設置数シェアNo.1を誇る「チャージスポット」なら、街のいたるところに充電スタンドが点在していて大変に便利です。

あと飲食店などを経営している人は、自分のお店に充電スタンドを設置するのも集客導線の1つとしていいかもしれませんよ。月額費用がかかるわけでもないし、充電スタンド設置初期費用も、キャンペーン適用時には無料ですから。

→ChargeSPOT公式サイト

SPONSORED LINK
目次
閉じる