みなとみらい・新港

無人の自動運転タクシーサービスは実現したらスゴイ!みなとみらいで実証実験が始まる

Easy Rideのサンプル画像

ちょっと前に乗り合い型タクシー「AI運行バス」という実証実験がみなとみらいで行われていましたが、今度は無人車両による『Easy Ride』なる実証実験が行われるようです。

※一般利用できるオープンな実験ではなくて、モニター募集してのクローズドな実験です。

SPONSORED LINK

Easy Ride

どういうサービスかを端的に言うと、

Easy Rideのサンプル画像

アプリ配車したら無人車両が来るから、乗るだけ。
勝手に目的地まで連れて行ってくれるから、着いたら降りる。

タクシーとしての利用もそうですが、ハイヤーのような使い方もできるのがすごい。

  • 外国人観光客が日本に到着して、空港からアプリ配車をし、行きたいところやおススメスポットを車内の端末に話しかけると自動運転で連れて行ってくれる。
  • 老人夫婦が、天気がいいから海にドライブしたいときに自動運転で連れて行ってくれる。
  • 会社から帰りながらおススメのスイーツショップをAIに探してもらい帰宅し、翌朝の8時に迎車予約をする。

などなど。
こんな使い方が実現したら交通手段はガラりと変わるかもしれませんね。自動運転技術やビッグデータ、AI開発、利用料金など、いくつもの高い壁が立ちはだかっているかもしれないけれど、すごい夢はあると思う。

Easy Rideのサンプル画像

「AI運行バス」は、docomoや横浜市、経済産業省などが推進していましたが、『Easy Ride』は日産とDeNAが共同開発。2020年代早期の本格サービス開始を目指しています。

いま大変なときだけれど日産、応援しています!!DeNAも、DeNAパレットでは問題をいろいろ起こしたけれど「横浜DeNAベイスターズ」の復活や「タクベル」「MOV」などのタクシー配車サービスでおもしろいことを推進しているので応援しています!

公式サイト→ 「Easy Ride」の詳細はこちらから

乗ってみた:「AI運行バスは便利」横浜みなとみらいの新しい観光移動手段?乗り合いバス実証実験中横浜市と民間事業者による実証実験が行われている、みなとみらい周辺を移動できる相乗り型バス『Ai運行バス』に乗ってきました。みなとみらい、関内、馬車道、日本大通、横浜中華街、元町ショッピングストリートを巡ります。...
みなとみらいに誕生するロープウェー「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」のルートマップ
横浜市が発表。2020年、みなとみらいに新交通「ロープウェー」登場!桜木町~ワールドポーターズを結ぶロープウェーの設置が正式決定したと発表がありましたのでご紹介します。その名も「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」。36基の8人乗りゴンドラがみなとみらいの新交通手段として、オリンピック・パラリンピック前に開業を予定しています。...
この関連記事もよく読まれています
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/
ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です