SPONSORED LINK
おすすめのサービス

横浜のレンタル自転車『ベイバイク』。住民にも、観光客にも、盛大におススメします

最近いたるところで、こういう自転車見たことありませんか?

横浜コミュニティサイクル「baybike(ベイバイク)」の駐輪風景横浜コミュニティサイクル「baybike(ベイバイク)」

全国各地で増えていて、横浜のベイエリアでは、『横浜コミュニティサイクル「baybike」』なるものがサービス展開されています。仕掛け人はドコモ。いろんなプランがありますが、当ブログではその都度利用(1回会員)について書いてみます。

横浜コミュニティサイクル「baybike(ベイバイク)」

簡単に言うと、好きなときに、好きなところで自転車を借りて、好きなところに返せるレンタル自転車です。

正確に言うと、
好きなときに=午前6:00~午後10:00の間
好きなところで借りて=好きなポートで借りて
好きなところに返却=好きなポートに返却 という注釈が付きますかね。

※ポート…指定の自転車置き場。すごい数のポートがあります。ポートマップはこちら。

baybikeのポートには自転車がすらり。
SPONSORED LINK

baybikeがなぜそんなにいいのか

  • Suica(PASMO)が会員証代わりになる。
  • 30分150円というeveryday low price。
  • 予約不要。好きなときに自転車にSuicaをピッとすれば使える。
  • 好きなポートに返せる。
  • 返すときも、鍵をしてボタンを押すだけ。
  • 使った分は、毎月クレジットカードに合算請求される。

観光客の移動手段としては、ベイエリア周遊の「あかいくつバス」やJR根岸線、みなとみらい線などありますが、ちょっと移動する場合はベイバイク最強説です。

元町で借りて、大さん橋まで移動して返却。
・遊んだ後、大さん橋で借りて、赤レンガ倉庫で返却。
・ご飯食べた後、赤レンガ倉庫で借りて、ランドマークで返却。
・ブラブラした後、ランドマークで借りて、野毛山動物園で返却。
・動物と戯れた後、野毛山動物園で借りて、アンパンマンミュージアムで返却。

なんて使い方も便利ですよ。この場合、5回借りているので、150円×5回=750円です。バスや電車よりも機動力があって、早いし安い。コスパやばい。

baybikeの利用方法

無人のレンタルサイクルなので、最初の登録を乗り越えればホント便利なサービスです。使わなくても月額料金はありません。

会員登録しよう

手元にクレジットカードをご用意の上、『baybike』公式ページを開いて下さい。スマホでもパソコンでもOK。
「会員登録/ログイン」「会員登録する/REGISTER」ボタンからお進み下さい。ユーザーIDやパスワードは自由に決めましょう。

■「会員プラン/Plan」は、「1回利用/One Trip Membership」を選択。
■「会員証登録/Membership card registration」は、「登録する/Register」を選択。

入力し終わったら、登録ボタンを押して、「お支払い情報の登録」画面で、クレジットカードを登録しましょう。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
圧倒する速さ NURO光

Suicaを紐づけるために会員証登録を申請しよう

先ほど登録した、ID・パスワードで会員サイトにログインします。

「会員情報/Membership information」
「会員情報を変更」
「会員証登録」
「決定する/SUBMIT」をクリックします。すぐに会員証登録パスワードが表示されます(同時に、登録したメールにも届きます)。

実際にSuicaを会員証として紐づけしよう

ポートに停めてある自転車の操作パネルで紐づけします。どのポートのどの自転車でもOK。

自転車操作パネルで、
「START」
「ENTER」
の順に押し、先ほどのパスワードを入力します。
カードリーダーにSuicaをかざして登録完了。超早い。

Suica以外にも、PASMOやおサイフケータイ機能付きスマホも登録できます。専用ICカードが欲しい人は、ベイバイク運営事務所へ。カード代は500円(税抜)。

そのまま乗っちゃえ

せっかくポートに来て会員証を紐づけしたので、そのまま試し乗りをしてみては?30分150円だし。

操作パネルで「START」を押して、Suicaをかざします。

baybike(ベイバイク)の利用方法を説明している画像

「認証中…」が表示され、

baybike(ベイバイク)の利用方法を説明している画像

「開錠」になると、電子錠がバチン!と開きます。あとは乗るだけ。そして返すだけ。

返却方法

返却するポートに着いてラックに自転車を置きましたか?どのラックに停めてもOK。

baybike(ベイバイク)の利用方法を説明している画像

手動で施錠します。

baybike(ベイバイク)の利用方法を説明している画像

「ENTER」ボタンを押します。ENTERの文字を隠してスマン。

baybike(ベイバイク)の利用方法を説明している画像

見えにくいですが「返却」表示がされればOK。それでも本当に返却されたか不安ですよね?

baybike(ベイバイク)の利用方法を説明している画像

すぐに施錠確認メールと返却完了メールが来るので安心。これが来なかったら問い合わせてみよう。

一時駐輪の時はどうするの?

一時駐輪も簡単。コンビニに停める場合を例に挙げてみましょう。どこでもいいですが、ファミマに停めたとします。

ファミマに停めてから、手動で施錠→すぐに施錠確認メールが来ます。
ファミチキを買ってから、自転車に戻り、操作パネルで「START」を押し、Suicaをかざせば即、再開。

おススメの観光ルート

横浜駅でbaybikeを借りる。

baybikeを借りて→返すを繰り返しながら、みなとみらい、コスモワールド、赤レンガ倉庫、象の鼻パーク、大さん橋、横浜中華街、元町ショッピングストリート、山手の方面に進む。

最後は、山下公園に返却。

山下公園から「シーバス」に乗って、みなとみらいを海から眺めながら横浜駅に帰還。夜(特に冬)の船上から見えるみなとみらいの夜景はすさまじい破壊力です。

もし観光客の方がこれをガチでやるなら、会員登録不要で1回30分以内の利用を当日のあいだ何度でも繰り返して使える「現金プラン(30くりパス)1,500円」をおススメします。

まとめ

ちょっとした時に、予約もなしにSuicaをピッとするだけで乗れるので、ものすごく便利です。使わなければ費用も発生しないので、登録してSuicaを紐づけるところまでしておいても損はないと思います。

最後に、これまで使い倒して来て、自転車を借りる際に気づいた点をご紹介します。せっかくなのでハズレ自転車をひかないようにしよう。

  • タイヤの空気がしっかり入っている自転車
  • バッテリーの充電がしっかりある自転車(ハンドルのところにある電源を押して確認)
  • (調節すればいいだけの話だけど)サドルの高さが自分に合う自転車
  • ハンドルがヌルヌルしていない自転車

詳細は→ 分からないことは『baybike』公式サイトでチェック
詳細は→ 自転車が置いてあるポートマップはこちら

↓横浜中華街には、『baybike』の運営事務所もあるので、詳しく知りたい方は直接行ってみるのもいいかもしれません。専用ICカードや30くりパスも販売しています。

ベイバイク運営事務所

住所 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町240‐1
最寄駅 JR根岸線『石川町駅(中華街口/北口)』から徒歩4分
みなとみらい線『日本大通り駅(3出口)』から徒歩8分
みなとみらい線『元町・中華街駅(2出口)』から徒歩8分
営業時間 (平日)10:30~18:00
(土日祝)9:30~18:00
定休日 火曜日
新たに本牧方面に追加されたベイバイクのサイクルポート
『ベイバイク』が本牧エリアに本格展開!登録者数も9万人を突破で、利用回数も1日約1500回2018年18月から本牧・新山下エリアにサイクルポートの設置を進めている横浜市のシェアサイクル『ベイバイク』。2月にはイオン本牧店前にも設置が完了し、本牧方面での事業が本格的に展開されています。東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を見据えて、事業期間を2022年3月31日まで3年間延長することも決まりました。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です