SPONSORED LINK
港北・都筑・青葉

キッズパークを3つハシゴ「ららぽーと横浜」が楽しすぎる!総合的に横浜最強の商業施設か!?

どうも最近キッズパーク開拓に余念がない1201(@1201yokohama)です。

今回は、かなり久しぶりに「ららぽーと横浜」へ行ってみました。がしかし、「こんな遊び施設が充実してたっけ…!?」と驚き。どうもリニューアルしたようですね。

なんだかんだで“子供連れで行く横浜の商業施設:総合部門No.1”に認定いたします(100%僕調べ&僕判断)。

「ららぽーと横浜」とは?

ららぽーと横浜の外観画像

2007年3月、横浜市都筑区のNEC横浜事業場跡地に建てられた商業施設。最寄駅はJR横浜線鴨居駅。徒歩10分弱で行ける距離だし、鴨居駅から無料シャトルバスも出ています。

大規模なリニューアル

2013年秋に133店の入れ替え、2019年4月に40店の入れ替えと13店の改装という大規模リニューアルが行われました。ガッツリちゃんと行ったのは2011年あたりが最後だったから「ららぽーとってこんなお店あったっけ感」がすごかった。

ららぽーと横浜にできたリトルプラネットの様子体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネット」

今回ららぽーと横浜に行ったのは、今年2019年4月にオープンした次世代キッズパーク「リトルプラネットららぽーと横浜」に3歳の息子と行くためでした。平日月曜日にいざ出陣…したものの、近隣小学校の運動会振替休日と重なり超混雑しており、リトルプラネットには入場制限が。じゃぁどうしようか…と悩んだ挙句、キッズパークみたいな遊び場が他にも2つあるのを見つけ、ハシゴした次第です。

SPONSORED LINK

①アドベンチャーアイランド:2F

まず一番最初に行ったのがこれ。
ららぽーと横浜にあるアドベンチャーアイランド

リトルプラネットの斜め前にある施設「アドベンチャーアイランド」。その名の通り、通路と通路の間にある離島のようなキッズパーク。

ららぽーと横浜にあるアドベンチャーアイランドの料金表※2019年6月現在

そこまで大きくないため、料金も割安。保護者無料イエーイ

ららぽーと横浜にあるアドベンチャーアイランド

右端に見えるのがすべり台の出口。

ららぽーと横浜にあるアドベンチャーアイランド

安定のボールプール。円柱の柱にボールを入れてボタンを押すと、ボールが噴出します。狂喜乱舞。他にも、短めのターザンロープや遊具もありますよ。

②ウルトラアスレチック:2F

ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」

その名の通り、ウルトラマンのアスレチック「ウルトラマンアスレチック」です。アドベンチャーアイランドと同じ2Fフロアで、ゲームセンターnamco(ナムコ)の奥にあります。

ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」の料金表

保護者無料イエーーーイ

この料金体系にしては、なかなかコスパが優れている遊び施設でしたよ。ついでにナムコでお金を落とさせる仕組みかな。
落としまくったけど、実際。

ウルトラマンアスレチックの遊具たち

ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」エアスライダー。手前のはウルトラマンのキャラ
ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」
ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」おすしやさんなどの“ごっこ”スペース
ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」砂場
ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」カート
ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」ルーキーアスレチックジム
ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」ヒーローアスレチックジム
ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」ヒーローアスレチックジムのすべり台
ららぽーと横浜にあるキッズパーク「ウルトラアスレチック」続:安定のボールプール

遊び倒したところで、本日のメインイベント「リトルプラネット」へ!

SPONSORED LINK

③リトルプラネット ららぽーと横浜:2F

ららぽーと横浜にできたリトルプラネットの正面入口2Fフードコート横にある「リトルプラネット」

まだ混んでいたので、結局フリーパスはあきらめて時間制で入りました。

ららぽーと横浜にできたリトルプラネットのイメージ画像安定のボールプール本日3つめ

未来的な驚きもたくさんあって、もう最高に楽しかった!リトルプラネットだけの記事を書いたので、そちらもぜひお読み下さい!

ららぽーと横浜にできたリトルプラネットのイメージ画像
リトルプラネットとは?ららぽーと横浜店のオススメ利用法。次世代型キッズパーク体験レポ2019年3月、遊びが学びに変わるをコンセプトにした、子どもの創造力を鍛える体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネット」が、ららぽーと横浜の2Fにオープンしました。結論から言うと、すごく斬新で、すごく未来的で、すごく楽しい施設でした。最後に、僕なりのオススメ利用方法もまとめてみたので、そちらもぜひご覧下さい。...

キッズパークは以上の3つになります。1つの商業施設の中に3つもあるのは知らなかったし、すこぶる楽しかった。ついでに番外編として楽しかったスポットを紹介します!

【番外編A】セントラルガーデンの噴水:1F

ららぽーと横浜の1Fセントラルガーデンにある噴水夏の暑い日はオススメ

噴水を見つけて行きたそうにする3歳の息子。

僕:「行きたいの?濡れるよ?着替えないし。」
子:「…濡れないよ!足だけで出して行くから濡れないんだよ!」
僕:「・・・じゃ、行っておいで。」

~息子:ウヒャヒャヒャはしゃぐ~

10分後、全身ビショ濡れで戻って来る息子。

SPONSORED LINK

【番外編B】ゲームセンター

ららぽーと横浜にあるnamco

「ウルトラマンアスレチック」があったゲーセン「ナムコ」でもいろいろ遊んだんです。でもゲームセンターとしては、正直…

ららぽーと横浜にあるゲームコーナーファンタスティックジャーニー

2Fのイトーヨーカドー内にある「ファンタスティックジャーニー」の方がオススメかも。ちょっと奥まっているから穴場的だったし、そもそも楽しかった。

【番外編C】ランチとディナー

この日は結局、ららぽーと横浜に朝10時から夜7時くらいまでいました。その間の食事は、お昼:フードコート、夜:バイキング。これがまた良かったので簡単にご紹介します。

SPONSORED LINK

特選ダイニングFOURSYUN:2F

ららぽーと横浜の2FにあるフードコートFOURSYUN

2Fにあるフードコート「特選ダイニングFOURSYUN」。

ららぽーと横浜の2FにあるフードコートFOURSYUN

各店舗ごとの支払いではなく、中央レジで購入し、準備ができたらポケベルで呼び出されるので各店舗に取りに行きます。食べ終わったら食器やトレーはそのまま放置でいいそうです。返却口はありません。

ららぽーと横浜の2FにあるフードコートFOURSYUN

涼しいときは外のテラス席もオススメですよ。

ブッフェ・エクスブルー:2F

バイキングは好きでたまに行きます。リッチでもない僕は1人2,000円台のクラスがほとんど。そして、

ららぽーと横浜の2Fにあるブッフェエクスブルー

この「ブッフェ・エクスブルー」は同価格帯の中で一番おいしかった!今までは「グランブッフェ 京急上大岡」が一番だったけれども抜きました。うれしい発見!おめでとうございます。ありがとうございます。

言ってしまえば、このエクスブルーもグランブッフェ京急上大岡も母体は同じ会社。でもブッフェブランドの中で味やサービスは微妙にいませんか?

ららぽーと横浜の2Fにあるブッフェエクスブルー

子供用の紙エプロンも、後ろをシールで留めるタイプで地味に良かったよ。外れにくいから。

SPONSORED LINK

「ららぽーと横浜」の行き方:JR鴨居駅からアクセス

無料シャトルバスで行く場合
JR横浜線鴨居駅にあるシャトルバスチケット

鴨居駅からは、毎時11分・41分に無料直行シャトルバスが出ています(始発9:41発/最終21:11発)。

  1. 改札を出てすぐの発券機で専用乗車券引換券を取ります。
  2. 南口バスターミナル2番のりばから、直行バスに乗りましょう。
  3. 乗車時に運転手から乗車券を受け取り、先ほどの専用乗車券引換券と一緒に運賃箱へ入れましょう。
  4. 乗ってたら着きます。

詳細は→ ららぽーと横浜シャトルバスご利用方法

歩いて行く場合

シャトルバスとは逆の「北口」へ降ります。そしてひたすらまっすぐ。

JR横浜線鴨居駅からららぽーと横浜へ歩いて行く道路

鶴見川を渡って、ミニストップと小さな公園のあいだを抜けて進みます。

JR横浜線鴨居駅からららぽーと横浜へ歩いて行く道路

ひたすらまっすぐ進むと見えてきます。このエスカレーターに乗って、ららぽーと横浜の2F店内へ。

「ららぽーと横浜」まとめ

久しぶりにららぽーと横浜へ行って大満足!かなり遊び倒して疲れました。というか噴水以外はすべて2Fの施設だったから…ほとんど2Fで過ごしたな…。店舗の種類がだいぶリニューアルされていたのは驚きです。

今までは勝手なイメージで「ららぽーと横浜は車がないと行けない」と思い込んでいました。でも鴨居駅から徒歩10分かからないので、また絶対に行きたいと思います!

キッズパーク3つ、フードコート、ゲームセンター、噴水…を考慮して総合的に考えると、“子供連れで行く横浜の商業施設:総合部門No.1”は「ららぽーと横浜」です!100%僕独断
キッズパーク単体で言えば、コスパとかも考えると、センター南の「ファンタジーキッズリゾート港北店」がいまだに一番かな。

PS:帽子のNEW ERAが好きで、横浜駅のビブレ店によく行きます。でも直営のららぽーと横浜店の方が断然広くて、品ぞろえも多くて、何よりスタッフさんが詳しかった。ららぽーと横浜店がオススメですよ!

ららぽーと横浜

住所:〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1
最寄駅:●JR横浜線 鴨居駅から徒歩9分
駐車場:あり(4600台・平日無料)
URL:https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/yokohama/

子供と楽しむ、おススメ遊び施設!
ららぽーと横浜にできたリトルプラネットのイメージ画像
リトルプラネットとは?ららぽーと横浜店のオススメ利用法。次世代型キッズパーク体験レポ2019年3月、遊びが学びに変わるをコンセプトにした、子どもの創造力を鍛える体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネット」が、ららぽーと横浜の2Fにオープンしました。結論から言うと、すごく斬新で、すごく未来的で、すごく楽しい施設でした。最後に、僕なりのオススメ利用方法もまとめてみたので、そちらもぜひご覧下さい。...
オービィ横浜のアニマルガーデン写真
【オービィ横浜】みなとみらいで動物とふれあえる屋内型パーク。雨や熱中症を気にせず遊び倒せます!みなとみらいで動物とこんなに触れ合える場所はここしかない!マークイズ5Fの「オービィ横浜」は、雨や雪、熱中症などの心配もなく思う存分遊べる全天候型の屋内パークです。無料招待券付きのバースデー特典もお得なので誕生日の記念にぜひ!3歳以下無料。...
センター南のコーナンに入居する「ファンタジーキッズリゾート港北」
ファンタジーキッズリゾート港北は、歴代No.1キッズパーク!全天候型のオススメ室内遊園地横浜の室内キッズパークでオススメするのがセンター南駅の「ファンタジーキッズリゾート港北」。対象は0歳からで、店内にキッズレストランも完備しています。駅から徒歩4分の好立地なので電車でも車でも交通の便は良い。料金や営業時間、アクセスも案内します。...
屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像
アソビルにできたキッズパーク「プチュウ!」の体験レポ!施設や予約方法、料金を紹介[横浜駅]横浜駅みなみ東口直通の新しい体感型エンターテイメント施設「アソビル」がオープンしてから唯一開業していなかった4Fのキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」が2019年5月1日、ついにオープン!実際に行って遊んできたので、料金や利用方法(予約方法)、アクセスについてご紹介します。...
移転後の横浜アンパンマンミュージアムの外観写真
無料エリアでも大満足!横浜アンパンマンこどもミュージアム体験記。施設もショーもパワーアップ!「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が移転新築リニューアルしたので遊びに行ってきました!結論から言うと、全体的にパワーアップしていて、無料エリアでも大満足だったし、有料エリアなら超絶大満足でした。チケットは前売りでも購入できます。...
ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店に行ってきた。遊び満載で子供満足度が高い!1日遊んでいられるイギリス最古の、体験型おもちゃ屋さん『ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店』が、横浜みなとみらい21の新港地区にオープンしました。ほんと“威風堂々の上陸”という感じ。しかも、横浜ワールドポーターズ店よりも1.5倍くらい広い「キャナルシティ博多店」も1日遅れで開業。 Yokohama World Porters-Minatomirai/Canal City Hakata-Fukuoka...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です