横浜駅

横浜駅に光の海!?「光の深海展 オーシャン バイ ネイキッド」アソビルで期間限定開催

横浜駅みなみ東口通路直通のエンターテイメント施設「アソビル」の2階、エールボックスにて「OCEAN BY NAKED/オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」が2019年10月11日(金)より期間限定開催。

うんこがあったところですね。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」の写真

体験できる没入型デジタルアート展で、日本に先駆けて開催された中国・上海では、連日行列ができるほどの人気ぶり。

早速4歳の息子を連れて行ってきました。
小学生未満は無料なので、小さいお子さんを連れて行くのも新しい刺激になりますよ!

↓こちらの記事もよく読まれています。

「オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」について

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」の写真

アソビルの2階、厳選されたエンタメ体験のセレクトショップALE-BOX(エールボックス)にあります。

前任者は爆発的な人気を誇った「うんこミュージアムYOKOHAMA」。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」の写真

会場内には全8つのエリアがあり、進むごとに海の奥深くへ潜り、最後には波の中をくぐり抜け浅瀬に打ち上げられる構成となっています。

海の中を歩いているような錯覚を覚える海中トンネルや、カラフルなクラゲのアート演出、光の魚群が織りなすスペクタクルショーなど、海の世界が広がります。

SPONSORED LINK

「オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」の8つのエリア

入口からいきなり水の音が。
音の演出かと思いきや、

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」の写真

リアルな水が流れていて、しょっぱなから引き込まれます。

この時点で2つのエリアらしいのですが、「1つじゃないの…?」といまだによく分からず。分かる人いたら教えてください。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のフルイドクラゲの住処ゾーン

歩いて行くと、液体の流れを可視化するフルイドアート「Fluid Wall/フルイドクラゲの住処」エリア。

クラゲの美しさをフルイド(=液体)の美しさに重ね、たゆたうような幻想的な世界を作り出すそうです。

ちなみに、映像が映し出される画面をさわるとクラゲが現れます。

iPhone Xのプロモ動画みたい。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のShoal of Shadows写真

奥に進むと、地球上最大の魚群が織りなす海中の奇跡「Shoal of Shadows/影の魚群」エリア。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のShoal of Shadows写真

床には、踏んだら逃げる魚影が映し出されたり、壁に自分を映すと自分の影が魚化し、魚群の一部になったりも。

巨大な魚群が動き出す瞬間のダイナミズムを魚影のインタラクションで体感できます。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のPARADISE写真

メインイベントともいえる、深海の神秘的な空間「PARADISE/深海のパラダイス」エリア。

壁やフロア一面にプロジェクションマッピングが投影される幻想的な世界です。

壁をタッチすると魚が出現したり、床には巨大な魚が泳いでいたり。
広大な海の世界に没入し、見るものすべてがキレイ!

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のPARADISEの砂場写真

そして一画にある、海中の砂場を表現するためのリアルな砂場には、

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のPARADISEの砂場写真

生き物が投影されています。

砂場の光に触れると、そこに生息する生物があらわれます。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のPARADISE写真

そしてこのエリアでは、定期的にショーがスタート。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のPARADISE写真

途中でマリンスノーみたいな雪も降ってきたり、匂いなどと加えて深海を演出。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のPARADISE写真 横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のPARADISE写真 横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のPARADISE写真

特に後半は圧巻です。

横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のSURF ‘N’ REEF写真

出口にある「SURF ‘N’ REEF/波の生み出す奇跡の造形」エリアでは、チューブライディングの圧倒的なイマーシブ体験をバーチャルで表現。

“夢から目覚めるように波の中を通り抜け、海の世界から陸上へとあがっていく。”そうです。

他にも、PARADISEエリアの前後には、光の届かない深海世界にあふれる生命の輝きを映し出す「Into the Deep/水深6500Mの世界」や、深海から浅瀬へといざなう海中トンネル「Deep Sea Tunnel/深海のトンネル」もあります。

「オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」料金や営業時間

​■イベント名
OCEAN BY NAKED(オーシャン バイ ネイキッド)光の深海展

■開催日時
2019年10月11日(金)~2020年1月27日(月)
10:00~21:00(最終入場20:30)
※会期中無休。12/31~1/2は除く。

■会場
横浜駅直通 アソビル2F ALE-BOX(エールボックス)
神奈川県横浜市西区高島2-14-9

■URL
公式サイト:https://ocean.naked.works/
チケット購入:https://eplus.jp/sf/word/0000136861

■入場料金【前売販売】
<平日デイパス/入場時間10:00〜17:30>
大人1,600円、高校・大学生1,400円、小学・中学生1,000円

<平日ナイトパス/入場時間18:00〜20:30>
大人1,400円、高校・大学生1,200円、小学・中学生1,000円

<土日祝ホリデーパス/入場時間10:00〜20:30>
大人1,900円、高校・大学生1,700円、小学・中学生1,000円

空きがあれば当日販売も行っています。
小学・中学生は前売りと同じ金額ですが、高校生以上の当日券は前売りよりも100円高い。


※小学生未満無料。

※チケットは全て税込価格です。
※前売販売は入場前日23:59まで、当日販売は当日0:00から開始いたします。
※空き状況次第ではアソビルで当日販売いたします。
※入れ替え制ではございません。
※各パスに表記された入場時間にご入場ください。

 

「オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」体験まとめ

事前の広告を見て、個人的に期待し過ぎた感じはあります。

プロジェクションマッピング「PARADISE」の後にある2つのエリアは、秒殺で通過しました。

特に期待していた1番最後のチューブライディングのところは「え…これ?」という感じ。
プロジェクションマッピングのショーが良すぎたっていうのもあるのかも。

とは言え、小学生未満は無料ですし、入口から興味を刺激する水の演出が出迎えてくれるので、過度な期待はせずにご来館ください。
そうすればおもしろいし、もっと楽しめると思います。

体験できる没入型デジタルアート展ということで、小さい子にも刺激になるし、、、でも逆に小さい子は生まれたときからデジタルが刷り込み化されているので大人の方が没入するかも。
デートにもいいと思いますよ。

↓こちらの記事もよく読まれています。

横浜駅東口アソビルの外観壁画
横浜駅からアソビルの行き方。ベビーカーや車椅子のアクセス方法も3月のオープン以来、連日の人気が続く横浜駅の新しい体験型エンタメ施設「アソビル」ですが、横浜駅からのアクセスについて何度か問い合わせとかをいただいたのでアクセスページを独立させてみました。入口は2ヶ所で、横浜駅みなみ東口通路 or 高島町側(万里橋・帷子川)になります。...
横浜駅東口直通のエンタメビル「アソビル」に期間限定で開催されている「光の深海展 OCEAN BY NAKED」のPARADISE写真
横浜駅に光の海!?「光の深海展 オーシャン バイ ネイキッド」アソビルで期間限定開催横浜駅みなみ東口通路直通のアソビルにて体験できる没入型デジタルアート展「OCEAN BY NAKED/オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」が2019年10月11日(金)より期間限定開催。小学生未満は無料なので、新しい刺激になりますよ!...
屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像
楽しかった横浜駅アソビルのキッズパーク「プチュウ!」を紹介。施設や予約方法、料金、口コミ評判もまとめてみた横浜駅みなみ東口直通の新しい体感型エンターテイメント施設「アソビル」4Fのキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」。実際に行って遊んできたので、料金や利用方法(予約方法)、アクセスについてご紹介します。口コミ評判も満足いくものが多かったよ!...
横浜駅直通アソビル1F「横浜POST STREET」のイメージ画像
アソビル1F:横浜駅東口ポストストリート!崎陽軒シウマイBAR、丿貫新店舗など18店舗!横浜駅の、みなみ東口通路が工事で慌ただしいです。中央郵便局の裏にある別館。複合型エンタメビル「ASOBUILD(アソビル)」が2019年3月15日(金)、オープンするそうな。大人も子供も楽しめる施設になる様子で、1Fには『横浜駅東口 POST STREET』という飲食店街(18店舗予定)ができます。そしてこのたび、飲食テナント一覧が発表されたので紹介します。...
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のロゴ
【体験レポ】アソビル横浜に行ってきた!アクセスやオムツ交換場所、注意点など徹底攻略!横浜駅東口にできた、体感型エンターテイメント施設「アソビル」は絶好調じゃないでしょうか。連日オープン前から列ができています。平日もでさえも。営業時間前(オープン前)に並ぶ場所とかもご案内。当日券を持っている人と当日券売り場に並ぶ人(当日券を持っていない人)が並ぶ場所は異なります。...
アソビル

住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9 アソビル(Googleマップで見る
最寄駅:●各線 横浜駅みなみ東口通路から直通/●各線 横浜駅東口から徒歩2分
駐車場:なし
URL:https://asobuild.com/

横浜駅周辺おススメ情報
横浜駅東口ベイクォーターに入るDADWAY PLAY STUDIOの写真
横浜駅東口「DADWAY/ダッドウェイ」は0歳児から楽しめるスローな遊び場だった息子の保育園で「DADWAY PLAY STUDIO(ダッドウェイ プレイ スタジオ)」の保護者が無料になる優待券をもらったので行ってきました。横浜ベイクォーターのレストランにはキッズメニューを置いているので、遊んだ後にご飯へ繰り出すのもオススメですよ。...
JR横浜タワーの外観イメージ
横浜駅西口『JR横浜タワー』2020年開業!NEWoMan・映画館・CIAL横浜・JR横浜鶴屋町ビルも横浜駅の新たなランドマークになるべく、「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」が絶賛進行中ですが、このたび建設中2棟の建物名が正式に決まりました。その名もズバリ、「JR横浜タワー(駅前棟)」と「JR横浜鶴屋町ビル(鶴屋町棟)」!率直に、キャ~、ダサーい!...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です