みなとみらい・新港

アパホテル横浜ベイタワーのレストラン「ラ ベランダ」で食べて来た!みなとみらいの新たなビュッフェとして期待

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の客室から見える景色はどんなものなのかを知るために、ちょこちょこ宿泊している1201(@1201yokohama)です。

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の外観写真
【自腹検証】アパホテル&リゾート横浜ベイタワー 客室の景色を比較してみた。みなとみらいを一望できるのは…?予約するときはご注意を!馬車道駅や桜木町駅からすぐ、みなとみらいを一望できる「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」が誕生。自腹で宿泊体験して、方角別の客室それぞれのオススメを調べてみました。眺望がない部屋もあるので予約にご注意。地下駐車場は2000円/泊です。...

2,311室もの客室がある当ホテル。
周辺にはワールドポーターズや赤レンガ倉庫、横浜ハンマーヘッドなどの施設があふれているものの、ホテル内にもそれなりに食事処がないと成り立たない。

というわけで、ホテル内レストランの1つであるビュッフェレストラン「LA VERANDA/ラ・ベランダ」に行って食べ倒してきました!

ビュッフェレストラン「LA VERANDA/ラ・ベランダ」とは

アパホテル〈横浜ベイタワー〉内には、こちらの5つのレストラン・カフェがあります。

  1. 創作和食レストラン「和膳」1階
  2. ハイショップカフェ」1階
  3. ブルワリーレストラン「レボ・ブルーイング」1階
  4. ビュッフェレストラン「ラ・ベランダ」3階
  5. 奥村直樹氏監修の横浜洋食「キッチン メイン」35階

今回利用した「ラ・ベランダ」は朝食会場にも使われる場所(僕が宿泊した際はすべて大宴会場だったけれど)。

ランチはシェフ自慢のビュッフェ、ディナーは地域の食材を使用したビュッフェやアラカルトのメニューを楽しむことができます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」の外観写真中央あたりの黄色く輝いているところがレストラン

3階なので、高層階からの夜景ではありませんが、みなとみらいの景色を見渡せるガラス張りのビュッフェレストランです。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」の内観写真

レストランから見える景色はこんな感じ↓

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」から見える景色写真撮りづらかったので外から撮ったイメージ写真

みなとみらい側はもちろん、

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」から見える景色写真

ワールドポーターズ側も見えます。
特に窓際はキレイですよ。

ビュッフェレストラン「ラ・ベランダ」の料理

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」の内観写真

フェアをやっていたりするので料理内容は変更になります。

今回は、「ドルチェポルコイタリア産長期肥育豚のコンフィ~肉弾戦タックルのように~」とか、ラグビーワールドカップ開幕応援フェアメニューもありました。

個人的においしかったのは、「揚げ焼売と茄子のベシャメルソース~中華モルネー風~」と「ぷりぷり海老と白見魚のフリッター~淡雪仕立て~」かな。特に前者は、知らずに食べたけれど、初めて食べるような感覚でおいしかった。開業記念フェアなので今だけしかないのかも。

他にも、おでんや、お味噌汁、サラダなど一般的なメニューも豊富にあります。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」の料理写真

このパンのコーナーもおもしろかった。

ハチミツが用意されているんだけれど、

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」の料理写真

リアルなヤツ。
ハチの巣から右下のお皿に溜まっていきます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」の料理写真

産地証明書も。
この“体験”も加味されて、いつもよりおいしく感じました。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」の内観写真

シェフの実演コーナーではお肉などを味わえます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」の内観写真

お客さんが少ないと陳列されていることが少ないので、声を掛ければ作ってくれます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」のアパ社長カレー写真

安定のアパ社長カレー

ギャグじゃなくて、個人的にこのカレーはすごく好きです。
最初はギャグなのかと思ったけれど。

ホテル内の4階ファミリーマートに、アパ社長カレーが売っているのでお土産に是非。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」のデザートコーナー写真

デザートコーナー。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」のデザートコーナー写真

定番のソフトクリームもおいしいけれど、いろんなトッピングできるヨーグルトやマロンクリームスティック刻みパイも良かった。

ビュッフェレストラン「ラ・ベランダ」の料金

■ランチ
平 日/大人 1,800円、子供 1,100円
土日祝/大人 2,400円、子供 1,500円
(営業時間)11:30~14:30

■ディナー
大人 3,500円、子供 2,100円
(営業時間)17:30~21:30

※幼児(3歳以下)は無料です
※子供は4~11歳
※サービス料・消費税込み
※全席禁煙

 

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のバイキングレストラン「ラ・ベランダ」のドリンクバー写真

今回のディナーでは、ソフトドリンクバーは料金に含まれていました。

ビュッフェレストラン「ラ・ベランダ」のまとめ

立地、景色、雰囲気、料理の見た目はすごく良くてテンションが上がりました。

ただ料理名も高級な雰囲気があり、見た目も派手さがあったものの、食べてみたらそんなに…という料理が多い気がしました。

僕ごときのすごい生意気な意見で言い換えると、名前負けしている料理が多い印象。
楽しみだった実演のお肉も、、、、、、。

あとはオープンしたばかりなのでしょうがないでしょうが、行った時間にお客さんが少なかったのものあり、スタッフの方が多く、立って見ている視線が心地良くないというのもあったかな。見ているわけじゃないんだろうけど、見られている感は出るもので。これは時間が解決してくれる…ことを信じて。

SPONSORED LINK

どうしても“他のバイキングレストランに劣る点が”1つ。

3歳以下が無料なのは、よくあるので分かります。
がしかし、子供(4〜11歳)は2,100円て…未就学児が2,100円なのは絶対に高すぎる

2,311室もあるホテルだから、宿泊客だけでもけっこうな集客が見込めるから強気なのかな。

書き始めたらネガティブなことが多くなって自分でも驚いています。
がしかし、オープンしたてなので、ちょっと経って落ち着いたらまた行ってみようかとも思います!

みなとみらいエリアの新たなビュッフェレストランとして期待ですね。

食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14075881/

みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の外観写真
【自腹検証】アパホテル&リゾート横浜ベイタワー 客室の景色を比較してみた。みなとみらいを一望できるのは…?予約するときはご注意を!馬車道駅や桜木町駅からすぐ、みなとみらいを一望できる「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」が誕生。自腹で宿泊体験して、方角別の客室それぞれのオススメを調べてみました。眺望がない部屋もあるので予約にご注意。地下駐車場は2000円/泊です。...
横浜ベイホテル東急のビュッフェ『カフェ トスカ』でウルトラ大満足ディナー。子供も喜ぶバイキングバイキング形式のレストランが大好きな我が家(僕、妻、息子)。行ったとしても1人2,000円くらいのバイキングがほとんど。そんな我が家で七五三のお祝いを大義名分に、1人6,800円のホテルビュッフェを一大決心。みなとみらいの横浜ベイホテル東急2Fにある『カフェ トスカ』のディナービュッフェに行ってきました。...
この関連記事もよく読まれています
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です