横浜駅直結の映画館「Tジョイ」誕生!

横浜文化体育館、2020年9月6日閉館!58年の歴史に幕。横浜ユナイテッドアリーナとして生まれ変わる[文体]

横浜市は、横浜文化体育館の施設老朽化に伴い再整備事業を実施し、2024年4月を完全開業予定とする「横浜ユナイテッドアリーナ(メインアリーナ)」と「横浜武道館(サブアリーナ)」および、民間収益事業施設を建設する計画を進めています。

横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像

2施設の計画ですが、イベント開催の空白期間をなくすためメインアリーナに先行して、サブアリーナ施設である「横浜武道館」が、2020年7月24日(金)開館。

横浜文化体育館の外観写真

横浜文化体育館(文体)

サブアリーナの完全供用開始を見届けた後、“横浜文体”の通称で親しまれてきた横浜文化体育館(2020年9月6日閉館)はメインアリーナとして生まれ変わるべく58年の歴史に幕を下ろし、解体工事に入ります。

横浜武道館外観写真横浜武道館が7月24日開館。横浜文化体育館再整備で横浜総合高校跡地に誕生[サブアリーナ]
==
■追記(2020.01.30)
横浜武道館ならびにメインアリーナの建設工事が、東京オリンピックに合わせて3ヶ月前倒しになりました。

■追記(2020.04.01)
新型コロナウィルスの影響で東京オリンピック自体が1年延期に。
==

横浜ユナイテッドアリーナについて

1962年5月11日、横浜文化体育館落成式。

1964年9月、東京オリンピックバスケットボール横浜予選大会
1964年10月、東京オリンピックバレーボール競技大会

(中略)

2020年7月24日、「横浜武道館」供用開始予定。武道館が完成次第、現横浜文化体育館の解体に入り、メインアリーナ施設の建設が始まります。

2020年9月6日、横浜文化体育館閉館予定。
翌年に解体し、着工後、2024年1月完成・4月開業予定。

スポーツやコンサート利用を見込む、大規模アリーナ施設に生まれ変わります。

SPONSORED LINK

横浜ユナイテッドアリーナ:外観イメージ

横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像

横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像

横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像

横浜ユナイテッドアリーナ:内観イメージ

横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像

スポーツ利用

横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像

コンサート利用

横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像

プレミアムラウンジ

横浜文化体育館再整備事業とは

老朽化した横浜文化体育館の建て替え、および周辺施設の整備・運営計画です。

横浜文化体育館再整備事業のイメージマップ

(引用:横浜文化体育館再整備事業公式サイト)

具体的には、この2つ。

メインアリーナ:横浜ユナイテッドアリーナ

現横浜文化体育館を解体し、跡地に大規模アリーナ施設「横浜ユナイテッドアリーナ」を建設。同敷地内には、民間収益事業としてホテル・飲食店なども予定。主導はスターツコーポレーション株式会社。

所在地:横浜市中区不老町2-7

メインアリーナ施設
・地上3階
・延床面積:15,514㎡

民間収益施設
・地上7階
・延床面積:4,158㎡
・用途:ホテル、飲食店、店舗、駐車場

※横浜文化体育館の建設工事サイトには、「横浜ユナイテッドアリーナ」ではなく「メインアリーナ」の表記しかないので、まだ仮称なのかもしれません。

 

サブアリーナ:横浜武道館

旧横浜総合高校跡地に、「横浜武道館」を建設。同敷地内には、民間収益事業として病院も予定。主導は一般社団法人日本海員掖済会。

所在地:横浜市中区翁町2-9-10

サブアリーナ施設
・1階:武道場(約500席)・多目的室
 2階:アリーナ(約3000席)
・駐車場:54台
・延床面積:14,514㎡

民間収益施設
・地上7階
・延床面積:7,600㎡
・用途:病院

※2020年10月より、誰でも気軽に参加できる各種スポーツ教室・文化系教室を開催する予定です。

イベント開催の空白期間をなくすため、「横浜武道館(サブアリーナ)」を先に開業し、2020年9月の現横浜文化体育館を閉館後、解体→メインアリーナの建設へ移行。そして2024年4月に「横浜ユナイテッドアリーナ」を開業する予定となります。

関内駅周辺地区エリアコンセプトプラン

関内駅周辺地区エリアコンセプトプランのイメージ
特定都市再生緊急整備地域に指定されている、横浜駅・みなとみらい・北仲通地区の再開発を横に、関内エリアでは、関内駅周辺地区の新たなまちづくりの⽅向性を⽰した「関内駅周辺地区エリアコンセプトブック」が策定され「国際的な産学連携」「観光・集客」機能を誘導し、⼈々の賑わいにあふれる地区となることを⽬指していきます。  
旧横浜市庁舎街区活用事業
横浜市庁舎街区活用事業
関内駅前の超一等地にあった横浜市役所。 その跡地として、「MINATO-MACHI LIVE」をコンセプトにした地上30階の高層複合施設および行政棟を保存活用した、星野リゾートによる横浜探訪の拠点「レガシーホテル」などが予定されています。 関内駅前の現市庁舎街区に建設予定の商業施設イメージ関内の横浜市役所跡地に商業施設!星野リゾートによるレガシーホテルも。再開発で関内駅前が活性化します!  
教育文化センター跡地活用事業
教育文化センター跡地に入る関東学院大学の複合施設
関内駅南口、大通公園入口のところにあった教育文化センターの跡地には「関東学院大学 関内キャンパス」が決定。 一般市民も利用できる知の交流拠点「オープンナレッジポート」も創設し、市民に開放されたスペースを目指します。 関内駅の教育文化センター跡地「関東学院大学 関内キャンパス」には市民利用可能な複合施設も誕生  
横浜文化体育館再整備事業
横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像
施設の老朽化に伴い、58年の歴史に幕を下ろす「横浜文化体育館(文体)」の再整備事業。 メインアリーナと民間収益施設のホテルに加え、横浜総合高校跡地にはサブアリーナ「横浜武道館」も整備されます。 横浜文化体育館再整備事業にて建設を予定されているメインアリーナ施設のイメージ画像横浜文化体育館、2020年9月6日閉館!58年の歴史に幕。横浜ユナイテッドアリーナとして生まれ変わる[文体] 横浜武道館外観写真横浜武道館が7月24日開館。横浜文化体育館再整備で横浜総合高校跡地に誕生[サブアリーナ]  
関内駅前港町地区市街地再開発
関内駅前港町地区市街地再開発の完成イメージ
関内駅前、旧横浜市庁舎の隣接地に地上31階の高層ビルが建設予定。 グローバル企業の本社や研究開発拠点となり、高層階には展望施設のスカイラウンジのほか、最高級グレードの賃貸マンションが入居する見込みです。 関内駅前港町地区市街地再開発の完成イメージ地上31階「関内駅前港町地区再開発」で最高級賃貸住宅や商業施設が開業。旧横浜市庁舎街区と合わせて2棟の超高層ビル  
その他、以下の各取り組みが行われています。
 
・旧横浜市庁舎街区と横浜公園を接続する歩行者デッキ整備
・みなと⼤通り及び横浜⽂化体育館周辺道路の再整備
・公共空間の活性化
・関内駅周辺地区駐車場整備ルール

横浜ユナイテッドアリーナができるまで[写真あり]

メインアリーナの着工から完成までの様子を不定期に更新していきます。

SPONSORED LINK

2020年7月の様子

横浜文化体育館の外観写真

閉館まで残り2ヶ月!

横浜文化体育館の外観写真

横浜文化体育館の外観写真

横浜文化体育館の外観写真

横浜ユナイテッドアリーナまとめ

“横浜文体”と聞くと、プロレスなどのスポーツを思い返しますが、真っ先に頭に浮かぶのは1987年のBOOWYライブ。当時5歳で、しかも宮崎に住んでいたのでリアルタイムでは微塵も知らないんだけれど。
歴史を残すって、むずかしいですね。

競技会場としては無理でも、2回の“東京オリンピック”を経験して欲しかったですが、老朽化とウィルス相手ではどうしようもない…。

横浜武道館外観写真横浜武道館が7月24日開館。横浜文化体育館再整備で横浜総合高校跡地に誕生[サブアリーナ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です