SPONSORED LINK
電車とか

電車が今どこにいるかリアルタイムで確認。便利な『相鉄線アプリ』を使っていますか?

2018年12月13日に『相鉄線アプリ』がリニューアルし、とっても便利になりました。

リニューアルした相鉄線アプリのイメージPR画像

相鉄沿線住民ではないので相鉄線には乗りませんが、『相鉄線アプリ』を使い倒しています。

↓都心直通の開業日が決定!新型車両12000系を体験!
SPONSORED LINK

相鉄線アプリ

その名の通り、相鉄線(本線+いずみ野線)の電車情報を仔細に教えてくれる有能アプリ。相鉄バスの情報もありますよ。

リニューアルした相鉄線アプリのキャプチャー画像

『相鉄線アプリ』のデフォルト画面。

駅情報

デフォルト画面にある、丸いアイコンの1つ「駅情報」をタップして指定の駅を選択します。今回は横浜駅を選択。

リニューアルした相鉄線アプリのキャプチャー画像

そうすると、発着の電車情報が表示されます。

さらに赤丸「Station View」をタップすると、

リニューアルした相鉄線アプリのキャプチャー画像

駅のリアルタイム混雑情報が見れるんです!すげぇー
映像ではなく、混雑状況を指標で示してくれます。

SPONSORED LINK

列車走行位置

僕がこのアプリを使う理由はコレです。

リニューアルした相鉄線アプリのキャプチャー画像

電車がいまどこを走っているかがリアルタイムで分かるやつ。
左が本線で、右がいずみ野線。タブの切替で見れます。

これを見ながら3歳の息子と線路脇へ行き、「あ!次、急行が来るよ!」とか「各停だから平沼橋で止まるよ!」とかキャッキャ言いながら電車を見ています。

遅延証明書

アプリからすぐ確認できます。

リニューアルした相鉄線アプリのキャプチャー画像

当日より前7日間の遅延証明書を閲覧できるそうです。

相鉄線アプリまとめ

「京急線アプリ」も使っていますが少し複雑になるし、「JR東日本アプリ」にいたってはさらに複雑&読み込みが遅い。やはり相鉄線に比べると情報量が莫大なんだろうね。それを考えると「相鉄線アプリ」はシンプルで軽くていいと思う。

この3つで言うと、「JR東日本アプリ」が良い点は「新しい山手線車両の走行位置が分かる」ことに尽きる。これ便利(電車好きの子供がいる身としては)。

個人的なわがまま理想を言うと、相鉄線もYOKOHANA NAVYBLUE9000系リニューアルや20000系車両が今どこを走っているのか分かれば最強に便利。

京急線もBLUE SKY TRAINやYELLOW HAPPY TRAINの走行位置が分かると嬉しい。あ、でもYELLOW HAPPY TRAINは分からなくていいかな。「いつ、どこで」が不明な方が希少価値高い気がする。わがまま理想MAXですね…(*‘ω‘ *)

↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
SPONSORED LINK

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です