みなとみらい・新港

横浜アンパンマンミュージアムの有料エリアで大興奮してきた!アンパンマンは無敵の集客ヒーロー

こんにちは、「アンパンマンと歴史はお金になる」が持論の1201(@1201yokohama)です。後者は特に京都を指します。出だしからゲスくてすみません♪( ´θ`)

何が言いたいかというと、アンパンマンの集客力すげぇ!ということです。
認知度、昭和だろうが令和だろうが、ゆとりだろうが悟りだろうが、全年代の“赤ちゃん”がきちんと通過し、きちんと好きになる最強のキラーコンテンツ。やなせたかし先生、すごい。

横浜アンパンマンこどもミュージアム

これだけの施設を横浜駅徒歩数分の場所に作り、来場者数もハンパない…旧アンパンマンミュージアムが横浜に誕生したのは2007年ですが、2019年、歩いて数分の場所に新設移転し、パワーアップしています。

横浜アンパンマンこどもミュージアム」は無料で遊ぶだけでも十分に楽しめますが、今回は有料のミュージアムエリアについて掘り下げてみたいと思います。旧施設より値上げしていますが、アンパン先生の集客力は健在です。

↓無料エリアについてはこっちに詳しく書いています。

関連:無料エリアでも大満足!横浜アンパンマンこどもミュージアム体験記。

横浜アンパンマンこどもミュージアム

移転後の横浜アンパンマンミュージアムのフロア構成(※クリックで拡大)©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

新しい「横浜アンパンマンこどもミュージアム」は、旧施設から徒歩10分の距離に移転新築しました。建物構成は地上3F、地下1F。

・B1=第1駐車場(128台収容可)
・1F=ショップ&フード・レストラン [無料エリア]
・2F=ミュージアム入口・チケット売場 [有料エリアの受付]
・3F=ミュージアム [有料エリア]

2・3Fのミュージアムの入場料は、1歳以上一律2,200円。前売WEBチケットが便利でオススメ。現地で当日券を購入することもできます。

↓アクセスはこちら。横浜駅からの行き方もあります。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのイメージ画像
アンパンマンミュージアムの駐車場・駐輪場・バス停案内。横浜駅からのアクセス方法も紹介します!横浜アンパンマンこどもミュージアムが新築移転。営業時間やアンパンマンミュージアムへ車や自転車で来場する人のために駐車場・駐輪場の場所、「あかいくつバス」のバス停、横浜駅東口から徒歩でアクセスするルートを紹介します。最寄駅はみなとみらい線の新高島駅です。...

横浜アンパンマンこどもミュージアムの有料エリア「ミュージアム(2・3F)」

横浜アンパンマンこどもミュージアムの外観写真

正面入口横にあるカラフルな階段を上がるとミュージアム入口があります。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの正面入口(階段下)にあるベビーカー置き場

ちなみにカラフルな階段の下にベビーカー置き場がありますし、エレベーターで2Fに上がってから2Fのベビーカー置き場を利用することもできます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのチケットカウンター2Fのチケットカウンター

当日券はタッチパネルと受付で購入することができ、空いてる方へ案内されます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの入場券写真

当日券の種類は全部で5種類あるそう。
どの券になるかはお楽しみです。

SPONSORED LINK

ミュージアム(2・3F)のアトラクションとか

横浜アンパンマンこどもミュージアムのフロアマップ写真(※クリックで拡大)

3Fミュージアム内のフロアマップ。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの内部写真

2Fでチケット購入後、カラフルな階段を上がって3Fに行くと…

横浜アンパンマンこどもミュージアムのジャムおじさんのパンこうじょう写真

アンパンマンのアニメでよく目にする、ジャムおじさんのパンこうじょうと、緑いっぱいの庭が再現されてます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのパンこうじょうでの体験写真

パンこうじょうの中では混ぜたりこねたり、パン作りの工程を体験(おもちゃです)。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのパンこうじょうでの体験写真

かまどの中には焼き上がり後の、おいしそうなパンが並べられていますね。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのひろば写真

外のひろばでは、紙芝居も行われたり。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのひろば写真

自由に遊び倒せます。
中に入って顔を出せば、バイキンマンのできあがり?

横浜アンパンマンこどもミュージアムのボールパーク写真

キャラクターたちの大きくてやわらかいボールがたくさんあるボールパーク

横浜アンパンマンこどもミュージアムのボールパーク写真

親子でキャッチボールのように投げ合ったり、坂道から転がしたり、とっても楽しいです。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのボールパーク写真

このボールパークが息子一番のお気に入りスポットとのこと。

中に戻ってパンこうじょうの奥に進むと、

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンごう写真

大きなアンパンマンごうが!

横浜アンパンマンこどもミュージアムのアンパンマンごうの内部写真

アンパンマンごうの内部はスイッチだらけ!
一心不乱に押しまくる子供たち。

ジャムおじさん、使いこなせてるのか疑問だな…。

SPONSORED LINK

横浜アンパンマンこどもミュージアムのみんなのまち写真

ここはアンパンマンに登場する街を再現したみんなのまち

横浜アンパンマンこどもミュージアムのみんなのまち写真

窓からのぞけばキャラクター達のいろんな表情が見られ、ボタンを押せばさまざまな仕掛けが楽しめます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのおかしの家

カラフルなお菓子でお店屋さんごっこをしたり、壁のケーキにデコレーションしたり、子供たちに大人気のおかしのいえや、

横浜アンパンマンこどもミュージアムのカバお君の家

コンロのつまみを回すと本物みたいに赤く光ってリアルな、カバオくんの家などあってかなり楽しめます(子供は)。

あと、人気なのが、

横浜アンパンマンこどもミュージアムのわんぱくアイランド写真

のぼったりすべったり、体を使って遊べる遊具があるわんぱくアイランド

横浜アンパンマンこどもミュージアムのわんぱくアイランド写真

ここには、子供に鉄板のボールプールもあります。

岩山に囲まれた海のようになっていて、どことなく冒険心がくすぐられる感じでした。
ボールをかき分けると何かのキャラクターが見つかるかも?

横浜アンパンマンこどもミュージアムのわんぱくアイランド写真

右手に見えるのはちょっとした高台に登れるネット遊具。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのわんぱくアイランド写真

ネット下にボールが敷き詰められて弾力があるので、トランポリンのようにジャンプして遊べます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのわんぱくアイランド写真

寄りかかったり乗ったりするとしぼんで、離れるとまた膨らむ不思議な遊具。

空気が抜けて徐々に沈んでいくのがなぜか癖になるらしい(息子談)。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのわんぱくアイランド写真

ロープを使って登ったりすべったり。決して大きくない遊び場ですが、子供たちはみんな一所懸命遊んでいます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのわんぱくアイランド写真

くじらのクータン。
わんぱくアイランドは青い海と空、砂浜をイメージしたエリアになっていて、そのシンボルのごとく鎮座しています。

SPONSORED LINK

ミュージアム(2・3F)のイベントとか

横浜アンパンマンこどもミュージアムのがっこう写真

みみせんせいのがっこうでは工作教室が行われていて、この時はアンパンマンのお面づくりをしていました。

のりで貼ったり目や口を書き足したり、オリジナルのお面は良い思い出になるのでは。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの赤ちゃんが遊べる広場写真

隣のスペースにはベビーエリアがあって、小さい赤ちゃんも遊べます。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのひろば写真

(最初の方に出てきた)パンこうじょう前にあるひろばでは、メインステージなどのイベントが毎日行われており、アンパンマンや仲間たちに会えるイベントなので、週末はかなりの混みようです。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのひろばにあるメインステージ

アニメの世界が目の前で繰り広げらるメインステージ

アンパンマンがステージを降りてくるシーンがあるので、最前列にいればかなりの至近距離で楽しめますよ。

旧施設では無料エリアでもアンパンマンに会えましたが、この新しい施設では有料のミュージアムにしかいないのでアンパンマンの価値アップです。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのわいわいパーク写真

また他にも、残念ながら今回は行けなかったのですが、わいわいパークでは、うたのステージやワークショップなど楽しいイベントが行われてるようです。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのわいわいパークタイムスケジュール写真

ミュージアム内のタイムスケジュールは階段上がってすぐのインフォメーション横に掲示されてます。
公式サイトでも見れるので、最新の情報はそちらからご確認下さい。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのイベント確認はこちらから↓
https://www.yokohama-anpanman.jp/event/

※興味のあるイベントをクリックして「イベントスケジュール(PDF)」をクリックすれば最新の情報が見れます。時期により、時間や回数が変更になるのでご注意下さい。

ちなみに有料のミュージアムエリアでは、

横浜アンパンマンこどもミュージアムのキャラクター写真

アンパンマンと仲間たちが突然遊びに来ることも。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのキャラクター写真

握手したり写真撮ったり、テレビとかで見ているキャラクターと実際に触れ合えるのは嬉しいですね。

SPONSORED LINK

ミュージアム(2・3F)の設備とか

横浜アンパンマンこどもミュージアムのトイレやオムツ交換・授乳設備

小さな子供がいると必須の施設「トイレ」ですが、2Fに1ヶ所、3Fのミュージアム内に2ヶ所あります。

横浜アンパンマンこどもミュージアムのトイレやオムツ交換・授乳設備

3Fミュージアム内には、オムツ交換ができる設備や、

横浜アンパンマンこどもミュージアムのトイレやオムツ交換・授乳設備

調乳用給湯器や授乳室もあるので安心。

横浜アンパンマンこどもミュージアムにあるウォーターサーバー

ウォーターサーバーも完備しています。
わんぱくアイランドやボールパークで遊び倒したお子さんは、室内とは言え水分補給をお忘れなく!

横浜アンパンマンこどもミュージアムの無料エリア「ショップ&フード・レストラン(1F)」

有料のミュージアムエリアだけでいうと、そこまで大きな遊び施設とは言えませんが、1Fにはショップやレストランなどのお店があふれているので総合的にみると大満足できます。
ちなみに1Fでも無料のショーをやっています(アンパンマンは出演しません)。

1Fの無料エリア「ショップ&フード・レストラン」についても別記事にみっちり書いているので、ぜひご覧下さい!

↓無料エリアについてはこちら

移転後の横浜アンパンマンミュージアムの外観写真
無料エリアでも大満足!横浜アンパンマンこどもミュージアム体験記。施設もショーもパワーアップ!「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が移転新築リニューアルしたので遊びに行ってきました!結論から言うと、全体的にパワーアップしていて、無料エリアでも大満足だったし、有料エリアなら超絶大満足でした。チケットは前売りでも購入できます。...
↓駐車場・駐輪場・アクセス方法やバースデープランはこちらをどうぞ!
横浜アンパンマンこどもミュージアムのイメージ画像
アンパンマンミュージアムの駐車場・駐輪場・バス停案内。横浜駅からのアクセス方法も紹介します!横浜アンパンマンこどもミュージアムが新築移転。営業時間やアンパンマンミュージアムへ車や自転車で来場する人のために駐車場・駐輪場の場所、「あかいくつバス」のバス停、横浜駅東口から徒歩でアクセスするルートを紹介します。最寄駅はみなとみらい線の新高島駅です。...
横浜アンパンマンこどもミュージアムにあるアンパンマンレストランのバースデーパック写真
横浜 アンパンマンレストランで誕生日プランを頼んでみた。バースデーは2種類あってオススメみなとみらいにある横浜アンパンマンこどもミュージアムで子供の誕生日をお祝いするなら、お食事代+1,000円で利用できる、アンパンマンレストランで大人気のバースデーパックがオススメです!...
横浜アンパンマンこどもミュージアム

住所:〒220-0012 横浜市西区みなとみらい6-2-9(Googleマップで見る
最寄駅:●みなとみらい線 新高島駅3番出口から徒歩3分/●横浜駅東口から徒歩10分
駐車場:あり(第1:128台、第2:188台/富士ゼロックス1F)駐車場割引はありません
営業時間:ミュージアム10:00〜17:00※最終入館16:00ショップ&フード・レストラン10:00〜18:00
入場料金:1歳以上2,200円(税込)、1Fショップ&フード・レストランは入場無料
URL:http://www.yokohama-anpanman.jp

子供と楽しむ、おススメ遊び施設!
センター南のコーナンに入居する「ファンタジーキッズリゾート港北」
【体験レポ】楽しすぎる!横浜市のオススメ室内遊び場トップ3神奈川県横浜市で、子供と実際に遊びに行って楽しかったオススメの遊び場・キッズパークをご紹介。場所やアクセス方法、料金なども。公園とは違って室内で体を動かせる施設に限っています。0歳から小学生まで遊べる施設もあるので参考にどうぞ!...
ららぽーと横浜にできたリトルプラネットのイメージ画像
リトルプラネットとは?ららぽーと横浜店のオススメ利用法。次世代型キッズパーク体験レポ遊びが学びに変わるをコンセプトにした、子どもの創造力を鍛える体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネットららぽーと横浜」。すごく斬新で、未来的で楽しい施設でした。僕なりのオススメ利用方法やクーポン情報もあるので、ぜひご覧下さい。...
オービィ横浜のアニマルガーデン写真
【オービィ横浜】みなとみらいで動物とふれあえる屋内型パーク。雨や熱中症を気にせず遊び倒せます!みなとみらいで動物とこんなに触れ合える場所はここしかない!マークイズ5Fの「オービィ横浜」は、雨や雪、熱中症などの心配もなく思う存分遊べる全天候型の屋内パークです。無料招待券付きのバースデー特典もお得なので誕生日の記念にぜひ!3歳以下無料。...
センター南のコーナンに入居する「ファンタジーキッズリゾート港北」
ファンタジーキッズリゾート港北は、歴代No.1キッズパーク!全天候型のオススメ室内遊園地横浜の室内キッズパークでオススメするのがセンター南駅の「ファンタジーキッズリゾート港北」。対象は0歳からで、店内にキッズレストランも完備しています。駅から徒歩4分の好立地なので電車でも車でも交通の便は良い。料金や営業時間、アクセスも案内します。...
屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像
楽しかった横浜駅アソビルのキッズパーク「プチュウ!」を紹介。施設や予約方法、料金、口コミ評判もまとめてみた横浜駅みなみ東口直通の新しい体感型エンターテイメント施設「アソビル」4Fのキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」。実際に行って遊んできたので、料金や利用方法(予約方法)、アクセスについてご紹介します。口コミ評判も満足いくものが多かったよ!...
移転後の横浜アンパンマンミュージアムの外観写真
無料エリアでも大満足!横浜アンパンマンこどもミュージアム体験記。施設もショーもパワーアップ!「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が移転新築リニューアルしたので遊びに行ってきました!結論から言うと、全体的にパワーアップしていて、無料エリアでも大満足だったし、有料エリアなら超絶大満足でした。チケットは前売りでも購入できます。...
ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店は子供満足度が高い!遊び満載で1日遊んでいられる体験型おもちゃ屋さん「ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店」が、横浜みなとみらい21の新港地区にオープン。メリーゴーランドがあったり、おもちゃ・お菓子交換できるゲームコーナーやカフェ、プレイルームもあり1日遊んでいられる満足度の高い施設です! Yokohama World Porters-Minatomirai/Canal City Hakata-Fukuoka...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です