横浜市の10万円給付は5/28~申請書順次発送

ニューオータニイン横浜プレミアムのおすすめは海側最上階!桜木町駅直結ホテルで、コレットマーレ駐車場も紹介

みなとみらい周辺に建設ラッシュが続くホテルの生き残りが心配な1201(@1201yokohama)です。いらぬ心配かもしれませんが。

横浜北仲エリアに客室数2,311室を誇るモンスター、「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」が誕生して、実際にどの客室が方向的にいいのだろうかと思い、複数回宿泊し検証もしてみたりしている今日この頃です。

桜木町駅直結のコレットマーレ

(左)コレットマーレと(右)ランドマークタワー

今回は前から気になっていた、桜木町駅直結の商業施設「コレットマーレ」の上にある「ニューオータニイン横浜プレミアム」に泊まってみました。

このホテルの客室の向きは、海側と街側がありますが、今回は景色を撮ってみたかったので…海側最上階ツインに泊まってみました!

ニューオータニイン横浜プレミアムの客室からの景色

客室からの眺め

すごい高そうに見えませんか?
繁忙期を外した平日なら、最上階ツイン海側でも1万円ちょいで泊まれる驚きよ。
1人あたり5,000円という、えげつないコスパの良さ。

関連:【自腹検証】アパホテル&リゾート横浜ベイタワー 客室の景色を比較してみた

ニューオータニイン横浜プレミアムとは

“ニューオータニイン横浜”としては二代目で、初代は京急線黄金町駅近くの横浜市中区末吉町にて1977年から営業していましたが、施設の老朽化や集客の減少などを理由に2006年2月、売却→当該施設はホテルマイステイズ横浜として現在も営業中。

それから4年、JR桜木町駅前の複合テナントビル「TOCみなとみらい」(現:ヒューリックみなとみらい)のホテル棟を賃借する形で、2010年3月から営業を開始したのが「ニューオータニイン横浜プレミアム」になります。

桜木町駅前にある商業施設コレットマーレの外観写真

コレットマーレ

JR桜木町駅前というだけで利便性という強烈な強みを持っているわけですが、複合テナントビルのヒューリックみなとみらいには、ショッピングタウン「コレットマーレ」、神奈川県下最大級のシネマコンプレックス「ブルク13」、横浜エリア最大級のフィットネスクラブ「MM Begin」などもテナントとして入っているので、ビジネス利用にしろ、観光にしろ、とても充実の周辺環境と言えます。

みなとみらいエリアも目の前ですしね。

ニューオータニイン横浜プレミアムが入る建物は「ヒューリックみなとみらいビル」ですが、便宜上「コレットマーレ」と記載しています。その方が通じると思うので(^_^)

ニューオータニイン横浜プレミアムの客室・景色

コレットマーレの建物概要図

コレットマーレのフロア

「ニューオータニイン横浜プレミアム」は、コレットマーレの建物の一部にあたります。

コレットマーレにあるニューオータニイン横浜プレミアムの客室から見た景色

ベイビュー

客室向きはシティビュー(街・富士山側)とベイビュー(海・観覧車側)の2方向あり、客室タイプはダブルorツイン(ソファベッドを入れてトリプル/4ベッドも可)の2つ。

これに加えて、桜木町駅側に一番近い各フロア端の部屋はトレインビュー(コーナーツイン)という客室向きになりますし、客室タイプはデラックスダブル・デラックスツインというグレードもあります。

全240室で、全部屋22㎡以上のゆったりとした客室。

・ダブル/デラックスダブル/ツイン…22㎡
・デラックスツイン…30㎡
・コーナーツイン…48㎡

※コーナーツインだけバス・トイレ別で、海側と桜木町駅側の2面窓。

そして最も良いフロアが最上階の19階で、僕のおすすめもこのフロアです。
何がいいかと言うと…他フロアよりもアメニティが充実していて景色もいいし、ベッドもエアウィーヴ採用だし、バスローブもある…

ニューオータニイン横浜プレミアムに泊まってみて

今回は電車に乗ってJR桜木町駅から向かいました。

北改札の東口から出て、

コレットマーレと動く歩道の写真

コレットマーレと動く歩道のあいだを進んで行くと、

ニューオータニイン横浜プレミアムの1階車寄せ

1階:車寄せ

車寄せがあるので、そこから入り、

ニューオータニイン横浜プレミアムのエレベーター

エレベーターで3階フロントに向かいます。

ちなみにフロントへは、

ニューオータニイン横浜プレミアムの外通路

2階:外通路

2階外通路からも、

ニューオータニイン横浜プレミアムの入口

3階:コレットマーレからの入口

コレットマーレ3階からもアプローチできます。

コレットマーレにあるニューオータニイン横浜プレミアムのラウンジ写真

ニューオータニクラブラウンジ

3階にはフロントのほか、ラウンジやレストラン「THE sea」もあります。朝食会場もここですね。

コレットマーレにあるニューオータニイン横浜プレミアムの客室通路写真

チェックインしたら部屋へGO。

建物同様、廊下も湾曲。当たり前か。

SPONSORED LINK

最上階19階・海側デラックスツイン

ニューオータニイン横浜プレミアムの最上階19階・海側デラックスツイン客室

19階・海側デラックスツイン

ニューオータニイン横浜プレミアムの最上階19階・海側デラックスツイン客室

19階・海側デラックスツイン

ニューオータニイン横浜プレミアムの最上階19階・海側デラックスツイン客室

19階・海側デラックスツイン

ニューオータニイン横浜プレミアムの最上階19階・海側デラックスツインのバスルーム

19階・海側デラックスツイン(バスルーム)

ニューオータニイン横浜プレミアムの最上階19階・海側デラックスツインのバスルーム

19階・海側デラックスツイン(バスルーム)

広々ゆったり。

何が良いって、

ニューオータニイン横浜プレミアムの最上階19階・海側デラックスツインのアメニティ

19階・海側デラックスツイン(アメニティ)

アメニティが豪華。

ニューオータニイン横浜プレミアムの最上階19階・海側デラックスツインのアメニティ

19階・海側デラックスツイン(シャンプーとか)

セレブになった気分。
全然そんな身分じゃないけど。

ニューオータニイン横浜プレミアムの最上階19階・海側デラックスツインのエアウィーヴ説明書き

ベッドがエアウィーヴ。

初エアウィーヴ。このフロアだけらしい。
寝た瞬間「うわぁ~すごーい!エアウィーヴ、すごーい!」みたいな即効性はないものの、寝ていると「あ、楽かも…」というじんわり感が良かった。

ニューオータニイン横浜プレミアムの最上階19階・海側デラックスツイン客室

ベッド脇にはUSBコンセントも。

ニューオータニイン横浜プレミアムのキッズセット

息子もいたので子供のアメニティもいただきました。

そしてなんと言っても、

コレットマーレにあるニューオータニイン横浜プレミアムの客室から見た景色

景色が素晴らしい。
海側の客室だから、開放感あります。

昼もいいし、

コレットマーレにあるニューオータニイン横浜プレミアムの客室から見た景色

夜も素晴らしい。
みなとみらいの夜景を一望。

コレットマーレにあるニューオータニイン横浜プレミアムの客室から見た景色

赤レンガ倉庫や、遠くのレインボーブリッジまで見渡せます。

そして個人的に感動したのが、カーテン開けっ放しで寝ていたときに差し込んできた、

コレットマーレにあるニューオータニイン横浜プレミアムの客室から見た景色

朝日

強烈な朝日。
これはけっこう感動した。

 →JR桜木町駅直結の好アクセスと周辺環境

桜木町駅直結のコレットマーレ

(左)コレットマーレと(右)ランドマークタワー

JR桜木町駅直結の好アクセスに加え、コレットマーレという商業施設と同じ建物にあり、ランドマークタワーなどのみなとみらいも目の前だから観光としても最高の場所。

宿泊プランに食事が付いていないとしても、3階フロントから直接行けるコレットマーレや隣のCIAL桜木町&ANNEXクロスゲートランドマークプラザ、ちょっと歩けば横浜ワールドポーターズ…食べるところには困りません。

ニュータにイン横浜プレミアムの2階にあるナチュラルローソン写真

2階外通路:ナチュラルローソン

2階の外通路には最寄りのコンビニ、NATURALナチュラル LAWSONローソンもあります。
ナチュロー(僕の中での呼称)はちょっとコンビニ感が薄くて高級チックな感覚に陥らせてくれるので、ホテル宿泊時にもおすすめ。旅感が出る。個人的感想です。

桜木町駅前広場には、2020年度末に日本初の都市型ロープウェー「YOKOHAMA AIR CABIN」の駅舎が完成するので、それも期待できますよ!

横浜みなとみらいにロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」が誕生!桜木町駅前に2021年春開業

SPONSORED LINK

 →基本12:00の遅めのチェックアウト

チェックイン15:00〜 チェックアウト〜12:00

宿泊プランによって違いがあるものの、基本チェックアウト時間は12:00という比較的遅めの時間。

早い時間にホテルをチェックアウトする人に関係ないかもしれませんが、後ろが遅いとそれだけ選択肢が増えるのでありがたいですね。

 →無料貸し出しスマートフォン「handy」

こんなのがありました。

ニューオータニイン横浜プレミアムの無料貸出スマートフォン

部屋に備え付けの無料貸し出しスマートフォン「handyハンディ」。

ニューオータニイン横浜プレミアムの無料貸出スマートフォン

別の部屋への館内通話もできるし、普通の電話として発信・受信も当然できる。

ニューオータニイン横浜プレミアムの無料貸出スマートフォン

Googleマップも使える。

土地勘のない観光客、特に外国人とかには最強にありがたいサービスですね。

なんてったって、電話もネットもできる上に、

ニューオータニイン横浜プレミアムの無料貸出スマートフォン

この「handy」がポケットWi-Fiにもなるんだから。
時間の制限はあるけれど自分の端末を外でネットに接続できるのはありがたい。

ニューオータニイン横浜プレミアムの無料貸出スマートフォン

GoogleマップやGoogle Chromeクロームブラウザが入っています。

自分のGoogleアカウントでログインもできるのでメールも当然できるし、チェックアウトの後に自動でデータ消去されるようです。

これを唯一の通信手段として考えるのはリスクあるけれど、自分の端末のサブとしてなら最強に心強い。

旅先ツールに、無料で通話やネットやポケットWi-Fi機能が付いているんだからね。

ニューオータニイン横浜プレミアムのレストラン

ニュータにイン横浜プレミアムに入るレストラン「THE sea(ザ・シー)」の入口

THE seaの入口

ホテル内レストランは、3階フロント横にある「下町DINING & CAFE THE sea」です。

朝食のバイキング会場もここ。

ニュータにイン横浜プレミアムに入るレストラン「THE sea(ザ・シー)」の店内写真

店内奥から入口を見たところ

宿泊者はルームキーを見せれば会計から10%OFFになります。

ニュータにイン横浜プレミアムに入るレストラン「THE sea(ザ・シー)」の店内写真

店内からの景色

コレットマーレ3階に位置していて、窓側はすべてガラス張りとなっていて景色もすこぶるきれい。

ニュータにイン横浜プレミアムに入るレストラン「THE sea(ザ・シー)」のメニュー写真

ホテル内レストラン価格という感じ。

ニュータにイン横浜プレミアムに入るレストラン「THE sea(ザ・シー)」のメニュー写真

今回は僕と妻と4歳の3人で奮発しました。
※金額はサービス料・税込み価格です。

ニュータにイン横浜プレミアムに入るレストラン「THE sea(ザ・シー)」の店内写真

バラちらし(味噌汁・香の物付)

妻(が一番高い)。2,450円。

ニュータにイン横浜プレミアムに入るレストラン「THE sea(ザ・シー)」の店内写真

海老カレー

僕。1,900円。

ニュータにイン横浜プレミアムに入るレストラン「THE sea(ザ・シー)」のキッズプレート写真

キッズプレート

息子のキッズプレート。1,900円。

「これで1,900円かぁ…」と一瞬思ってしまった。
貧乏性ですみません…。

が、息子の食後に、

スタッフの人:「デザートをお持ちしてもよろしいでしょうか?」

僕:「あぁ…(プリンかバニラアイスとかかな)…はい、お願いします」

というやり取りの後、持ってこられたのが、

ニュータにイン横浜プレミアムに入るレストラン「THE sea(ザ・シー)」のキッズプレート写真

これ。

「……すごっ!」と思わず漏れました。
1,900円、全然高くないっす!
「これで1,900円かぁ…」と一瞬でも思ってごめんなさい!

いろんなこと書かせていただいていますが、料理はすごく美味しかった!これだけは言っておかないとね。

ホテルのこの雰囲気あるレストランで、この景色で、この美味しさなら大満足です。
宿泊者はルームキーを見せれば会計から10%OFFだしね。

 

「もっとカジュアルに食べたい…」という人もご安心を!
コレットマーレ直結だから、

ニューオータニイン横浜プレミアムのまとめ

みなとみらいの景色を見れるホテルでおすすめと言われたら、70階を誇る横浜ロイヤルパークホテルや帆の形をしたヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル横浜ベイホテル東急アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の名前が上がると思います。

確かにどのホテルもキレイです。

でも、みなとみらいの景色を見たいなら「みなとみらい外に泊まる」のがベストだと言っています。
この中で“みなとみらいの景色を客観的”に見れるホテルと強いて言えば、このニューオータニイン横浜プレミアムですよ。
 
駅前だけれど、ホテル内・客室内はとても静かだし、部屋タイプはダブル以上しかないので全室ゆったりとした滞在時間を味わえるのでおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です