北仲

攻めの『アパホテル』がエグい。タワーホテル6棟を同時建設中!すべて20階建て以上

北仲通地区に建設中のアパリゾートホテル※2018年11月現在

みなとみらい線「馬車道駅」に建設中の「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」がモンスター級と書きましたが、アパグループはそのモンスターと並行して他にもタワーホテルを建設中のようです。

■追記(2019.09.29)
みなとみらいに誕生したアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉。何度か宿泊した体験談を書いてみました!
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の外観写真
【自腹検証】アパホテル&リゾート横浜ベイタワー 客室の景色を比較してみた。みなとみらいを一望できるのは…?予約するときはご注意を!馬車道駅や桜木町駅からすぐ、みなとみらいを一望できる「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」が誕生。自腹で宿泊体験して、方角別の客室それぞれのオススメを調べてみました。眺望がない部屋もあるので予約にご注意。地下駐車場は2000円/泊です。...

絶好調のアパホテル

1棟で2,311室にもおよぶ日本最大級のホテル「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」を建設中というだけでもなかなかのニュースだけれど、アパグループでは“全国で20階以上となるタワーホテルを6棟・6,400室あまりを同時に建築・設計中らしい。いずれも2020年東京オリンピック前の開業を予定。
※一部は完成済みです。

そもそも西武鉄道から買い取った「幕張プリンスホテル」をリブランドしてグランドオープンさせた「アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉」は、当時1,001室だったものを1,501室に増築(年間稼働率93.4%)、その後さらに1棟を建設し3棟体制の2,007室に増築するも平均稼働率は90%を超えているという超優良物件。

それを!

「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」含め、20階以上の高層ホテルを6棟同時建設中というのは常識外(褒め言葉)。

SPONSORED LINK

攻めの6つのホテル

アパホテル&リゾート〈西新宿五丁目駅タワー〉

アパホテル&リゾート〈西新宿五丁目駅タワー〉(引用:「アパホテル」公式サイト)
名称

アパホテル&リゾート〈西新宿五丁目駅タワー〉

所在地

東京都渋谷区本町3丁目14-1

建築規模

地上20階、全710室

開業日

2018年5月

SPONSORED LINK

アパホテル〈山手大塚駅タワー〉

アパホテル〈山手大塚駅タワー〉(引用:「アパホテル」公式サイト)
名称

アパホテル〈山手大塚駅タワー〉

所在地

東京都豊島区南大塚3-31

建築規模

地上20階、全613室

開業日

2019年8月予定

アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉

アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉(引用:「アパホテル」公式サイト)
名称

アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉

所在地

大阪府大阪市中央区南本町4丁目40番5

建築規模

地上32階・地下2階、全917室

開業日

2019年9月予定

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

横浜北仲通地区に建設中のアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉外観写真(引用:「アパホテル」公式サイト)
名称

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

所在地

神奈川県横浜市中区海岸通五丁目25番3

建築規模

地上35階・地下2階、全2,311室

開業日

2019年9月20日(金)

■追記(2019.09.29)
みなとみらいに誕生したアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉。何度か宿泊した体験談を書いてみました!
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の外観写真
【自腹検証】アパホテル&リゾート横浜ベイタワー 客室の景色を比較してみた。みなとみらいを一望できるのは…?予約するときはご注意を!馬車道駅や桜木町駅からすぐ、みなとみらいを一望できる「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」が誕生。自腹で宿泊体験して、方角別の客室それぞれのオススメを調べてみました。眺望がない部屋もあるので予約にご注意。地下駐車場は2000円/泊です。...

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉(引用:「アパホテル」公式サイト)
名称

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉

所在地

東京都墨田区横網一丁目12番5号

建築規模

地上31階・地下2階、全1,111室

開業日

2020年春

アパホテル〈東新宿 歌舞伎町タワー〉

アパホテル〈東新宿 歌舞伎町タワー〉の完成イメージ(引用:「第65回新宿区景観まちづくり審議会」資料より)
名称

アパホテル〈東新宿 歌舞伎町タワー〉

所在地

東京都新宿区歌舞伎町2丁目448-2

建築規模

地上20階、全565室

開業日

2020年夏
※隣接地には2019年6月開業予定の「アパホテル〈東新宿 歌舞伎町西〉」も建設中で、合計782室になる予定。

海外展開もしているし、積極開業がハンパない。

まとめ

ちなみに「APA」の由来は「Always Pleasant Amenity」という造語らしい。

アパホテルは「客室がせまい」という印象が強いけれど、一人で泊まる時は「部屋の広さ=快適性」というより「ベッド周り=快適性」を重要視するので、結局利用してしまいます。コンセプトや宿泊の仕組み(「アパ直」とか)が分かりやすいし、社長が身近に感じられる(顔が見える安心感)というのも大きいかな。

部屋に備え付けの本について海外から抗議が来たこともありましたが、毅然とはねのけた態度で一気に好きになった。そして、泊まるとつい、あのアパホテル創業マンガを読んでしまう。

■追記(2019.09.29)
みなとみらいに誕生したアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉。何度か宿泊した体験談を書いてみました!
みなとみらいの北仲通地区にできたアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の外観写真
【自腹検証】アパホテル&リゾート横浜ベイタワー 客室の景色を比較してみた。みなとみらいを一望できるのは…?予約するときはご注意を!馬車道駅や桜木町駅からすぐ、みなとみらいを一望できる「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」が誕生。自腹で宿泊体験して、方角別の客室それぞれのオススメを調べてみました。眺望がない部屋もあるので予約にご注意。地下駐車場は2000円/泊です。...
この関連記事もよく読まれています
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です