横浜駅

横浜駅アソビル「PuChu!(プチュウ)」の体験レポ。当日券や料金、口コミ評判もまとめてみた

楽しそうな遊び場を見つけたら息子と遊び倒している1201(@1201yokohama)です。

今回は横浜駅みなみ東口直通の新しい体感型エンターテイメント施設「アソビル」の4階にあるキッズパーク「PuChu!/プチュウ」に行ってきたので体験レポートしてみます。

横浜駅アソビルの遊び場「PuChu!(プチュウ)」のスライダー写真

いろんな遊び場に行ってきましたが、プチュウは「ちょっと上品な室内キッズパーク」というのが率直な印象。
まさに、えるスポット。

立地的にも、料金的にも、コンセプト的にも、ターゲット的にも、一般的な遊び場とは異なるので、実際に何度か行って遊んでいる体験談を交えながら、予約方法(当日券)から遊具の紹介、トイレやオムツ交換設備までご紹介します。

↓こちらの記事もよく読まれています。

PuChu!(プチュウ)とは?

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のフロア内

子どもたちはみんな、自分の中に小さな宇宙を持っている。
ひとりひとりの、小さな(プチ)宇宙(ウチュウ)。
それは、未来を創り、彩る、無限の可能性。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のロゴ

というわけで、プチ+ウチュウで“プチュウ”の命名。
対象年齢は0歳からで、店内は7つの星と5つのゾーン、計12個のプレイエリアで構成。

プチュウ利用者専用のキッズトイレや、授乳やオムツ交換のできるベビールームも完備しているので、乳幼児の子どもさんがいるパパママも安心です。

PuChu!(プチュウ)体験レポート

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」専用エレベーター写真1階受付奥にある専用エレベーター

アソビルには横浜駅側から入ってすぐにエレベーターがありますが、それではなく1階受付奥にあるプチュウ専用エレベーターから4階に上がります。
当日券も、4階受付で購入します。

横浜駅アソビルの遊び場「PuChu!(プチュウ)」の4階受付4階:プチュウエントランス

エレベーターを降りたら目の前にエントランスがあります。

写真右奥のところには、

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!」の写真)プチュウ専用のベビーカー置き場

プチュウ専用のベビーカー置き場や、

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!」の写真)ロック付きの傘置き場も

傘置き場も完備。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」の受付写真プチュウ受付

受付でチケットを提示、もしくは当日券を購入します。

LINEでプチュウの友だちになって「免責事項に同意」する必要があるので、事前に友だちになっておくのもオススメ。

横浜駅アソビルの遊び場「PuChu!(プチュウ)」の入口写真

ここで靴を脱ぎます。

横浜駅アソビルの遊び場「PuChu!(プチュウ)」の入口ゲート写真

かざして入場。

ちなみに退場するときは、退場用のチケットを発行してもらって、同様にかざしてゲートを抜けます。

横浜駅アソビルの遊び場「PuChu!(プチュウ)」の靴箱やロッカーの写真

靴箱(写真左)、無料ロッカー(写真右)、有料ロッカー(写真奥)が用意されています。

SPONSORED LINK

PuChu!(プチュウ)のプレイエリア

7つの星(STAR)と5つのゾーン(ZONE)のプレイエリアで構成されています。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!」の写真)DANCE STAR

まず目に飛び込んでくるのは「DANCE STAR」。回すと音が変化するターンテーブルや跳ねると音の鳴るトランポリンで、ひたすら動きまくって、ひたすら跳びまくれます。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のLIFE STARLIFE STAR

大きな野菜を植えたり引っこ抜いたり、音が鳴ったり光ったりと収穫の喜びや命あるものへの感謝を育む「LIFE STAR

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のHEART STAR写真HEART STAR

ハートで埋め尽くされたボールプールの「HEART STAR」など遊びながらにして知的好奇心をくすぐるようなプレイエリアが広がります。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!」の写真)ART STAR

こちらは「ART STAR」。
二面の壁で構成されたアート空間となり、片方ではインタラクティブなデジタルキャンバスで絵を描き、

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!」の写真)プラレールで自由な線路アートを作っていけます

もう一方ではプラレールを用いて床と壁に自由な線路アートを組み立てることができます。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!」の写真)MUSIC STAR

音が変わる不思議なパイプで歌ったり、吊るされたパイプを叩いたり、LEDの音符に触れたり、子どもたちのアクションにあわせてデジタルエフェクトがかかり、みんなで音楽を奏で創る喜びを育む「MUSIC STAR」。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のBOOK STAR写真BOOK STAR

壁一面に絵本がぎっしり飾ってあり、その下で寝そべったり、座ってゆっくりと絵本に没頭できる八角形の洞窟型図書館「BOOK STAR」。

屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像RAINBOW COSMOS

ここが一番テンション上がるプレイエリア「RAINBOW COSMOS」。うちの子に限って言えば。

屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像RAINBOW COSMOS

映像が映し出される大きなすべり台から、虹色のボールプールに飛び込んだりとにかくはしゃぎまくり。

ボールプール周辺は、登ったり滑ったりできるコースになっていて、走り回って汗をかくほどで運動になります。

やっぱり動き盛りの子どもにボールプールは鉄板。

横浜駅アソビルの遊び場「PuChu!(プチュウ)」のスライダー写真RAINBOW COSMOS

ボールプールは、ゴムで安心だし、

屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像RAINBOW COSMOS

星もまざっていて“銀河”を表現。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のWARP ZONEWARP ZONE

他にもUFOのターザンロープで、パークの端から端まで一気にワープできる「WARP ZONE」や、

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のMAZE写真MAZE

秘密の迷路エリア「MAZE」など楽しい遊びが満載。
このMAZEの途中にはボタンが何個かあり、押すと風が出たり音がでたり床が振動したり。

もっと小さい子専用のエリアもあります。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のBABY PARK写真BABY PARK

0歳~18ヶ月の子ども専用エリア「BABY PARK」。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!」の写真)MAMA TERRACE

遊び疲れたら、この「MAMA TERRACE」のベンチでくつろいだり、足を投げ出して大きなクッションにもたれかかってくつろいだり、、、大人にすごくありがたいエリアでした。

あと、個人的に好きだったのが、

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」の身長測定機身長測定機

0歳から利用できる身長測定機

床の線に立って、赤ボタンを押すとスキャンして身長を測定してくれます。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」の身長測定機

外に計測後の写真が映し出されて、QRコードを読み取れば写真をダウンロードできますよ。

ただ、この身長測定の正確性は…ご愛嬌。

PuChu!(プチュウ)のベビールーム・トイレ

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のトイレ写真

水色=男性用トイレ、ピンク=女性用トイレ、オレンジ=ベビールーム、緑=キッズトイレ・多目的トイレがあります。

プチュウ店内にあるので、プチュウ利用者しか使えません。

以下の写真は妻が撮影しています。

充実のベビールーム

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ)」の写真)オムツ交換台(3台)
横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ)」の写真)オムツ専用ダストボックス
横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ)」の写真)調乳専用浄水給湯器
横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ)」の写真)授乳室(2部屋)
SPONSORED LINK

トイレ(キッズトイレ完備)

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)のトイレ写真)女性用トイレ
横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ)」のトイレ写真)キッズトイレ

キッズトイレ併設の大人用個室トイレもあります。

SPONSORED LINK

PuChu!(プチュウ)の評判や口コミは?

子供がプチュウに遊びに行って「楽しくなかった…」という声は今のところ聞いたことありません。

これだけの施設、ましてやキレイでオシャレな施設なら親子ともども満足のはず。
ネットの感想を拾ってみました。

みなさん可愛い写真を撮られていますね。
冒頭にも言いましたが、映える写真が撮れるキッズパークですよ。

PuChu!(プチュウ)の料金と利用方法

料金表

※2020年4月時点の料金です。

■平日
【60分パス】こども1,500円、おとな500円
【90分パス】こども2,000円、おとな500円
【平日フリーパス】こども2,500円、おとな500円

■土日祝
【60分パス】こども1,500円、おとな1,000円
【90分パス】こども2,000円、おとな1,000円
【土日祝フリーパス】こども2,500円、おとな1,000円

※税別表記です。
※保護者(扶養者、または20才以上のそれに準ずる方)が必ずお子様(小学生以下)と一緒にご入館ください。
※おとな1名につき、こども3名まで入場可能です。
※中学生以上の方のみでのご入場はできません。
※こども料金は、0歳6か月~12歳のお子様に適用されます
※5ヶ月以下のお子様は入場無料です。
予約方法(当日券)
横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!」の写真)※クリックで予約ページに飛びます(引用:プチュウ!WEB予約画面)

公式サイトから、カレンダーの空きがある日を選択して予約に進みます。

基本的にはスマホで予約画面を見せるオンラインチケット制(スマホがない方は画面のプリントアウトで可)。

参考:プチュウ公式サイト:予約スケジュール

ポイントまとめ
  • 予約方法:完全WEB予約制(WEB会員登録必須)。電話やメールは不可。
    →WEB予約に空きがある場合のみ、現地当日販売を開始しました。
  • チケット支払い:クレジットカードのみ。
  • キャンセル:利用日当日の朝7時まで。それ以降は返金なし。
  • ゲスト用Wi-Fi:なし
  • 領収書:発行可
  • 離乳食:PuChu!内の「MAMA STAND」にて、離乳食や子ども用おやつを販売。館内は蓋付きの飲料(ペットボトル等)以外は持ち込み禁止。
  • 飲食可能場所:「MAMA TERRACE」、「トイレ前の休憩スペース」
  • 再入場:不可
  • 保護者の交代:不可
  • 対象年齢:0~12歳(推奨年齢は0歳から8歳)

また、予約で完売しない限り当日券の販売もしています。
料金は同じ。

当日券は、アソビル1階の総合受付ではなく、4階のプチュウ受付にて購入できます。

PuChu!(プチュウ)のまとめ

「プチ+ウチュウ」というメインコンセプトがしっかりしているので、その世界観に沿って統一されたデザイン設計がなされています。
色合いもかわいくてオシャレだから視覚的にも楽しめるし、ここにしかない刺激を味わうことができると思う。

ネックになる点と言えば料金じゃないかな。
地元民が使うとしたら、最初の1回と遠方から友人・親戚が来たときに連れて行くとか、子どもの誕生日とかイベント性があるときに限定される…のかな個人的には。

パパママ&子供の3人で、平日60分2,500円と考えると…うちの家計にはちょっとキツイ。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!」の写真)

それと入場料金も安くはないのに、荷物を預けるロッカーが有料(200円〜400円)というのは、論外。
無料ロッカーもいくつかあるものの、混雑時には争奪戦に。

子供の飲み物やタオルなどを途中で出し入れすることも考えると…ましてやミルクを飲む年齢の子なら、オムツ交換とかもあるし、荷物の出し入れは必須だと思うんです。

しかもこの前行ったときは、無料のロッカーはすべてロックされていて使えなかった。
僕の家族以外3組しかいない、すごくガラガラの日だったのに。
 

そういう点から言うと、ターゲットは観光客なのかもしれませんね。
これは僕の超独断と偏見ですが、「プチュウ!」の設備投資回収と「うんこミュージアム」の大成功でこの強気の価格設定なのか・・・と邪推しちゃう。

■追記==
オープン当初の料金から値下げされ営業時間も短くなりました。大丈夫かな…。
==

 
ただ、行ってみれば、遊び施設として間違いなく満足できます!
それくらい充実しているし、スタッフの方も子供に積極的に絡んでくれるのですごく良かったです。他のキッズパークよりも優しく元気に(いい意味で)グイグイ来てくれますね。

徒歩数分圏内の横浜駅周辺において、こうやって遊べるキッズパーク施設はプチュウしかなく貴重な施設であることは間違いなし。

横浜駅のみなみ東口から雨に濡れずアクセスできるのもありがたい。
プチュウひいてはアソビル全体、ひいては横浜駅の活性化につながってくれるのを期待しています。2020年には横浜駅西口にJR横浜タワーなどが誕生しますしね。

PuChu!(プチュウ)

住所:神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル4階(Googleマップ→
最寄駅:●各線 横浜駅みなみ東口通路から直通/●各線 横浜駅東口から徒歩2分
営業時間:10:00-17:30(最終受付は16:00)
駐車場:なし
URL:https://pu-chu.com/

↓こちらの記事もよく読まれています。

横浜駅東口アソビルの外観壁画
横浜駅からアソビルの行き方。ベビーカーや車椅子のアクセス方法も3月のオープン以来、連日の人気が続く横浜駅の新しい体験型エンタメ施設「アソビル」ですが、横浜駅からのアクセスについて何度か問い合わせとかをいただいたのでアクセスページを独立させてみました。入口は2ヶ所で、横浜駅みなみ東口通路 or 高島町側(万里橋・帷子川)になります。...
横浜アソビルで開催中の「バンクシー展 天才か反逆者か」のオープニングムービー写真
横浜駅アソビルの「バンクシー展」がカッコ良かった!イヤホン持参がおすすめ【写真撮影可】横浜駅東口のアソビルで開催の「BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?/バンクシー展 天才か反逆者か」に行ってきました。アート素人の僕でもカッコ良かった。バンクシー展 横浜では写真撮影も可能で、音声解説を聞くためにイヤホン&スマホ持参がおすすめです。...
横浜駅直通アソビル1F「横浜POST STREET」のイメージ画像
アソビル横丁:横浜駅東口ポストストリート!ダイゴミバーガーや丿貫新店舗など、美味しい店が勢ぞろい!横浜駅の、みなみ東口通路が工事で慌ただしいです。中央郵便局の裏にある別館。複合型エンタメビル「ASOBUILD(アソビル)」が2019年3月15日(金)、オープンするそうな。大人も子供も楽しめる施設になる様子で、1Fには『横浜駅東口 POST STREET』という飲食店街(18店舗予定)ができます。そしてこのたび、飲食テナント一覧が発表されたので紹介します。...
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のロゴ
【体験レポ】アソビル横浜を徹底攻略!アクセスやオムツ交換場所、口コミなど一挙紹介横浜駅東口にできた、体感型エンターテイメント施設「アソビル」は絶好調じゃないでしょうか。連日オープン前から列ができています。平日もでさえも。営業時間前(オープン前)に並ぶ場所とかもご案内。当日券を持っている人と当日券売り場に並ぶ人(当日券を持っていない人)が並ぶ場所は異なります。...
横浜駅周辺おススメ情報
JR横浜タワーの外観イメージ
横浜駅「JR横浜タワー」2020年5月30日誕生!NEWoManやCIAL、映画館T・JOYもすべて開業します!横浜駅西口の商業施設「JR横浜タワー」が2020年5月30日に誕生。CIAL横浜(シャル)やNEWoMan YOKOHAMA(ニュウマン)、映画館のT-JOYなどが入居。横浜駅に誕生する巨大複合施設です。JR横浜鶴屋町ビルは6月5日開業予定。...
JR横浜タワーに誕生するNEWoMan横浜のロゴ
ニュウマン横浜が2020年5月30日オープン!全116店舗のテナント。ルミネの新商業施設NEWoManが横浜駅に上陸2020年5月30日(土)、JR横浜駅西口に誕生するJR横浜タワーの1階~10階に、商業施設「NEWoMan YOKOHAMA/ニュウマン横浜」がオープン。ニュウマンラボやニュウマンラウンジを含むテナント116店舗で、CIAL横浜と西口を盛り上げます。求人情報もリンク!...
JR鶴屋町ビルのイメージ写真
横浜駅西口に「シャル横浜」復活!鶴屋町には別館も。飲食店など入居テナント61店舗【JR横浜タワー】2020年5月30日(土)に開業するJR横浜駅西口直結JR横浜タワー内の地下1階から地下3階に「CIAL/シャル横浜」が復活誕生します。そして6月5日(金)に同時期開業する、JR横浜タワーからデッキで接続された「JR横浜鶴屋町ビル」内には「CIAL横浜ANNEX(アネックス)」がオープンします。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です