横浜駅

【体験レポ】アソビル横浜に行ってきた!アクセスやオムツ交換場所、注意点など徹底攻略!

横浜駅東口にできた、体感型エンターテイメント施設「アソビル」は絶好調じゃないでしょうか。連日オープン前から列ができています。平日もでさえも。

横浜駅東口アソビルの外観壁画

そんな「アソビル」に行ってきたので、写真多めにバンバンご紹介します。

■追記(2019.05.24)
「プチュウ!」が期間限定で平日フリーパスを店頭販売!
アソビルにあるキッズテーマパーク「PuChu!(プチュウ!)」のイメージ写真
横浜駅のアソビル「プチュウ!」で平日フリーパスが販売開始。1日遊べるキッズテーマパークに横浜駅直通の「アソビル」4Fにある屋内キッズテーマパーク「PuChu!(プチュウ!)」では、5月21日(火)から平日のみ、店頭にて1日フリーパスを販売します。当日入場パスは、90分間の時間制限のある時間制パスと、当日であれば何度でも入退場できる平日フリーパスの2種類をご用意。...
■追記(2019.04.29)
「プチュウ!」や「うんこミュージアム」の体験レポートも是非どうぞ!
屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像
アソビルにできたキッズパーク「プチュウ!」の体験レポ!施設や予約方法、料金を紹介[横浜駅]横浜駅みなみ東口直通の新しい体感型エンターテイメント施設「アソビル」がオープンしてから唯一開業していなかった4Fのキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」が2019年5月1日、ついにオープン!実際に行って遊んできたので、料金や利用方法(予約方法)、アクセスについてご紹介します。...
うんこミュージアム YOKOHAMAの館内写真
ウンチ浴びて来た「うんこミュージアム」体験レポ。混雑するから予約がオススメ!当日券は売り切れもあり横浜駅東口にできた「アソビル」。今日は2Fエールボックス内の「うんこミュージアム YOKOHAMA」に行ってウンチにまみれて来たので体験レポートをお送りします。「うんこミュージアム YOKOHAMA」に行く上での注意点なども書いてみたので、感想とともにどうぞ。UNKO MUSEUM...

関連:【体験レポ】アソビル横浜に行ってきた!アクセスやオムツ交換場所など徹底攻略!

アソビルとは

横浜駅東口のアソビル外観写真

横浜駅直通!わくわくドキドキする体験ができる「遊べる駅近ビル」。
フロアごとに異なるコンセプトで遊ぶことができます。

■→B1F PITCH CLUB/ピッチクラブ
“上質な大人の遊び場”をコンセプトとした アミューズメントバーラウンジ

■→1F POST STREET/ポストストリート
横浜の人気飲食店が集まる 体験型グルメフロア

■→2F ALE-BOX/エールボックス
来るたびに進化する、ここにしかない エンタメ体験のセレクトショップ

■→3F MONOTORY/モノトリー
ものづくりの楽しさをすべての人に 毎日20ジャンル以上のハンドメイド体験

■→4F PuChu!/プチュウ!
親と子が一緒に「遊びながら学ぶ」 新たな世界に出会うキッズスペース
※2019年5月1日オープン予定

■→RF MULTI SPORTS COURT
フットサル、バスケットなどが出来る 横浜駅近郊のスポーツコミュニティ

SPONSORED LINK

→B1F PITCH CLUB/ピッチクラブ

アソビルに入るピッチクラブの看板

“上質な大人の遊び場”をコンセプトとしたアミューズメントバーラウンジということなので、縁がなく行けておりません。。。

横浜駅直通のエンタメビ「アソビル」B1Fにできる「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」の画像(引用:プレスリリースより)

ピッチクラブ館内。

横浜駅直通のエンタメビ「アソビル」B1Fにできる「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」の画像(引用:プレスリリースより)

大人のアソビ場な空間ですね。

「アソビル」地下1階「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」に常設される「FLASH DARTS(フラッシュダーツ)」画像(引用:プレスリリースより)

自社開発したプロジェクションマッピングのダーツゲーム「Dlash Darts」。

横浜駅直通のエンタメビ「アソビル」B1Fにできる「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」の画像(引用:プレスリリースより)

国内唯一の特注“ピンク”ビリヤード台。

横浜駅直通のエンタメビ「アソビル」B1Fにできる「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」の画像(引用:プレスリリースより)

欧州で話題沸騰の水タバコ「SHISHA BUCKS」。

多彩なゲームとお酒を楽しめる空間になっています。

→1F POST STREET/ポストストリート

横浜駅東口ポストストリート」はグルメ街ですが、その前にアソビルの中枢とも言える場所を先にご紹介。ロビーですね。同じ1Fにあります。

1F:ロビー(当日券販売所)

アソビルの当日券を販売している1Fロビー当日券を販売している1Fロビー

1Fのロビー。
ここで当日券の販売も行っています。分からないことがあれば、こちらで何でも聞きましょう。

アソビル1Fの施設写真

ロビー隣には、ベビーカー置き場がゆったりと取られています。

オープン前に並ぶ場合
横浜駅東口アソビルの外観壁画

↑当日券を持っている人が並ぶところ

横浜駅東口アソビルの外観壁画

↑当日券を持っていない人は、ポストストリート入ってすぐ右のところに並びます。万里橋側の入口から入る場合は、入ってひたすら直進すれば着きます。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
圧倒する速さ NURO光

1F:グルメストリート

アソビル1FのポストストリートにあるポストPOST STREET内にあるポストのモニュメント

この建物自体が、横浜中央郵便局別館なので、1Fのグルメ街の名称に“ポストストリート”と名残がありつつ、ポストと手紙のオブジェもあります。紙の封筒が舞っていると思うかもしれませんが、すべて固い鉄製?です。

横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリート(※クリックで拡大)2019年3月の店舗構成

一部店舗はまだオープンしていません。

関連:アソビル1F:横浜駅東口ポストストリート!崎陽軒シウマイBAR、丿貫新店舗など18店舗!

横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリート

いつも人気の「DAIGOMI BURGER」。他にもたくさんのお店がひしめき合っています。

関連:アソビル1F『ダイゴミ バーガー』チーズが主役のチーズバーガー店

横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリート野毛焼きそばセンターまるき 横浜店
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリート韓兵衛 横浜東口店
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリート肉寿司の牛右衛門
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリートSpinx
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリート海鮮とせんべろ 呑りすけ
■追記(2019.04.10)
↓一度で二度おいしい丼を満喫してきました!
「海鮮とせんべろ 呑りすけ」の丼メニュー
酒飲まずとも満足「海鮮とせんべろ 呑りすけ」1000円で最大7杯飲めるお店[アソビル1F]横浜駅に新しい遊び施設「アソビル」が完成したものの、1Fのグルメストリートは利用したことがなかったので行ってみました。夕方早めの時間帯ということもあり開いてないお店もあったので、こちらの「海鮮とせんべろ 呑りすけ」にしました。このお店、“1,000円で4杯、ガチャが当たれば最大7杯飲める”というように、コスパがすこぶる高いお店!...
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリートラーメン壱六家

18種類もの飲食店が展開しているグルメストリート。好みに合うお店が見つかるのでは!
※一部店舗は未オープン。

→2F ALE-BOX/エールボックス

2Fの「ALE-BOX(エールボックス)」では、“厳選されたエンタメ体験のセレクトショップ”をコンセプトに、選び抜かれた体験型の遊びコンテンツが開催されています。

2019年3月〜開催のイベントは、

アソビル2F「ALE-BOX(エールボックス)」のイベント

リアル脱出ゲーム「ハートの女王からの脱出」「Escape from The NINE ROOMS」。

関連:【アソビル横浜】横浜駅直通エンタメ施設に、リアル脱出ゲームも登場

横浜駅東口にできるアソビル2階「THE STORY HOTEL」

体験型ショートシネマギャラリー「THE STORY HOTEL」。
ホテルの従業員や手紙の語る物語に誘導され、ゲスト自身が物語の世界を体験できる展示です。

関連:「鑑賞」から「体験」へ。国内初ショートフィルムギャラリー『THE STORY HOTEL』誕生

アソビル2F「ALE-BOX(エールボックス)」のイベント

西野亮廣さんの絵本、プペルの世界に入り込める「えんとつ町のプペルVR」などがあります。

関連:横浜駅東口のアソビルに「えんとつ町のプペルVR」が期間限定で登場!

 

2Fでダントツ人気を誇るのが、「うんこミュージアム」。

アソビル2Fのうんこミュージアムの写真

そうです、“うんこ”のミュージアム。

うんこミュージアムの館内画像MY UNKOはみんな持って帰れます

比喩でもなんでもなく、あの茶色いアイツ。

スタッフもコンテンツもすべてうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこに統一されている、特異な空間。

アソビル2Fのうんこミュージアムに並ぶ人たち

混雑もえげつない。

→3F MONOTORY/モノトリー

アソビル3FのMONOTORY写真レセプション。館内中央あたりにあります。

3Fの「MONOTORY」は、陶芸、アクセサリー、革小物、キャンドル作りなどの「ものづくりワークショップ」が毎日行われる国内最大級のハンドメイド体験フロア。事前予約もできますが、MONOTORYに行ってみて、開催されているワークショップの中から「あ、これおもしろそう、参加しよう」的な楽しみ方もできます。

ワークショップエリア

アソビル3FのMONOTORY写真

いろんなワークショップできるように、12ヶ所ものブースが設置。

アソビル3FのMONOTORY写真
亜アソビル3F「MONOTORY」にある機械
亜アソビル3F「MONOTORY」にある機械

3Dプリンターみたいなゴツイのも何個かありました。

MONOTORY Shop

おもしろい小物や個性的なものが販売されています。

アソビル3FのMONOTORY写真 アソビル3FのMONOTORY写真 アソビル3FのMONOTORY写真 アソビル3FのMONOTORY写真 アソビル3FのMONOTORY写真 亜アソビル3F「MONOTORY」にあるショップエリア アソビル3FのMONOTORY写真

DIY関連商品も。

Lounge Gallery

アソビル3FのMONOTORY写真

疲れたらこちらでゆっくり座れます。

アソビル3FのMONOTORYラウンジ写真

このラウンジ or アソビル館内で購入した商品のみ飲食可能。

アソビル3FのMONOTORY写真

電源も完備。
Wi-Fiはありません。

SPONSORED LINK



→4F PuChu!/プチュウ!

4Fには、“ポストAI時代に必須の「知性」と「感性」を遊びながらに学べる”をコンセプトにしたキッズパーク「PuChu!(プチュウ)」が、2019年5月1日(水・祝)に誕生します。

■追記(2019.05.01)
プレオープンに当たったので行ってきました!こちらからどうぞ↓
屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像
アソビルにできたキッズパーク「プチュウ!」の体験レポ!施設や予約方法、料金を紹介[横浜駅]横浜駅みなみ東口直通の新しい体感型エンターテイメント施設「アソビル」がオープンしてから唯一開業していなかった4Fのキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」が2019年5月1日、ついにオープン!実際に行って遊んできたので、料金や利用方法(予約方法)、アクセスについてご紹介します。...
アソビル4Fの施設写真

現在はまだ入れず、屋上のスポーツコート受付・更衣室だけが利用できます。

屋上へは、ここから上がります。

アソビル4Fの施設写真

古い建物の構造上、階段でしか上がれません。

→RF MULTI SPORTS COURT

屋上の「マルチスポーツコート」は、フットサル、バスケットのコートがそれぞれ1面ずつとれるビル屋上のスポーツコート。

アソビルの屋上、MULTI SPORTS COURT フットサルコート

元プロ野球選手が教える野球教室をはじめ、一流アスリートによるスクールやイベントを積極的に開催。

アソビルの屋上、MULTI SPORTS COURT バスケットコート

その他、コートの貸切利用や、バブルサッカーやアーチェリーハントなどのファンスポーツイベントも開催予定。

コートの左側には「かけっこエリア」もあります。

アソビルの屋上、MULTI SPORTS COURT 待機エリア

ゆっくり休憩も。

アソビルの屋上から見える横浜駅

横浜駅が丸見え。
景色もいい。

SPONSORED LINK



オムツ交換できる多目的トイレ(1F)

トイレは各フロアにありますが(2Fと屋上を除く)、オムツ交換ができる多目的トイレは1Fになります。

アソビル1Fの施設写真写真でいうと右奥がさっきのロビー

1Fロビー奥へ進むと、男女トイレと多目的トイレがあります。

アソビル1Fの施設写真

オムツ交換台もオムツごみ箱も完備しています。
すぐ横に水道があるのはありがたい。

アソビル1Fの施設写真

トイレもどんどん進化する。と実感。

アソビル横浜の営業時間

全館営業時間: 10:00-22:00(フロアによって異なります)
RF: 7:00-23:00
4F: 10:00-19:30
3F: 10:00-22:00
2F: 10:00-22:00
1F飲食店フロア営業時間: 11:00-24:00 ※
1Fインフォメーション営業時間: 10:00-21:00
B1F: 18:00-24:00(金、土、祝前日は4:00まで)※

※営業時間/ラストオーダーは店舗により異なります。
※1F通路の通り抜け可能時間は7:00-23:00です。

アソビル横浜へのアクセス

横浜駅東口アソビルのアクセス郵便局裏の駐車場にある標識
■追記(2019.04.02)
アクセスのページを作りました。こちらからどうぞ!
横浜駅東口アソビルの外観壁画
横浜駅からアソビルへのアクセス方法。ベビーカーや車椅子での行き方も3月のオープン以来、連日の人気が続く横浜駅の新しい体験型エンタメ施設「アソビル」ですが、横浜駅からのアクセスについて何度か問い合わせとかをいただいたのでアクセスページを独立させてみました。入口は2ヶ所で、横浜駅みなみ東口通路 or 高島町側(万里橋・帷子川)になります。...

アソビル横浜の注意点やおススメ

オープン直後という時期的なこともありますが、平日であってもすごく混雑しています(3FのMONOTORYは比較的ゆったり)。
もともと横浜駅東口中央郵便局別館という古い建物をフルリノベーションしているので、内装は新しいけれど構造的に狭かったり古かったり階段が急だったりという面もあります(しょうがないですけれどね)。広いわけじゃないので混雑感がより増します。

春休み、ゴールデンウィーク、夏休みになるともっと混雑してくるはず。人気コンテンツは、当日券が早い段階で売り切れたりもするので、事前予約できるものは事前予約しましょう。

↓こちらの記事もよく読まれています。

横浜駅のアソビル「プチュウ!」で平日フリーパスが販売開始

アソビルにできたキッズパーク「プチュウ!」の体験レポ!

お金払ってウンチ浴びて来た「うんこミュージアム」体験レポ。

横浜駅からアソビルへのアクセス方法。ベビーカーや車椅子での行き方も

横浜駅東口ポストストリート!崎陽軒シウマイBARなど18店舗!

【体験レポ】アソビル横浜に行ってきた!アクセスやオムツ交換場所など徹底攻略!

アソビル

住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9 アソビル
Googleマップで見る
最寄駅:●各線 横浜駅みなみ東口通路から直通/●各線 横浜駅東口から徒歩2分
駐車場:なし
URL:https://asobuild.com/

↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/
ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です