SPONSORED LINK
みなとみらい・新港

新ホテル「インターコンチネンタル横浜Pier 8」が誕生!みなとみらいのハンマーヘッド内に

横浜みなとみらい「ハンマーヘッドプロジェクト」内にできるインターコンチネンタル横浜Pier 8(ピアエイト)

横浜みなとみらいの新港地区で、大型クルーズ客船ターミナル&商業施設の建設が進む「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT(ヨコハマ ハンマーヘッド プロジェクト)」ですが、その敷地内に新たなホテルとなる「インターコンチネンタル横浜Pier 8(ピア エイト)」を2019年11月にオープンすることが発表されました。

■追記(2019.06.12)
プロジェクトに関する詳細や施設名称、テナント、開業日も発表されました!
横浜ハンマーヘッドのイメージ写真
海の駅が横浜に誕生!?「横浜ハンマーヘッド」の全貌公開!商業施設テナントには25店2019年10月開業予定の「横浜ハンマーヘッド」内に、みなとみらいの新たな商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURANT」が誕生。ホテルの他に公園も整備され、街と陸・海・空をつなぐ海の駅「ヨコハマ ウミエキ」がコンセプトの新たな複合施設です。...
この関連記事もよく読まれています

インターコンチネンタル横浜Pier 8

横浜みなとみらいの遠景写真特徴的な形状のインターコンチネンタルホテル(右端)

インターコンチネンタルホテルズグループの日本国内運営会社であるIHG・ANA・ホテルズグループジャパンと株式会社横浜グランドインターコンチネンタルホテルが、フランチャイズ契約を締結し、開業。

新ホテルは客船ターミナル・商業・ホテルの3施設からなる複合施設の3階~5階に位置します。世界でも数少ない埠頭という立地にあり、開放的なベイビューが広がる自慢の客室は全173室。

インターコンチネンタルブランドの特徴であるワンランク上の体験を提供するクラブインターコンチネンタル(ラウンジなど)をはじめ、レストラン&バー、パーティールーム、スパ、フィットネス、インドアガーデン、そして、まるで海と空と一体化したようなルーフトップがも完備されます。

■ホテル名
インターコンチネンタル横浜Pier 8(ピア エイト)

■開業
2019年11月

住所
横浜市中区新港2丁目5-1

■客室数
173室

SPONSORED LINK

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」まとめ

「Pier 8」って何だろうと思うかもしれませんが、このヨコハマ ハンマーヘッドプロジェクトの事業予定者が「(仮称)Yokohama Pier9」という横浜のドンが集結したような連合体なので、そこに由来しているのか。となると客船ターミナル自体「ヨコハマ ハンマーヘッド Pier8」とかになったりして。

この関連記事もよく読まれています

↓ヨコハマハンマーヘッドプロジェクトについてはこちら

横浜ハンマーヘッドのイメージ写真
海の駅が横浜に誕生!?「横浜ハンマーヘッド」の全貌公開!商業施設テナントには25店2019年10月開業予定の「横浜ハンマーヘッド」内に、みなとみらいの新たな商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURANT」が誕生。ホテルの他に公園も整備され、街と陸・海・空をつなぐ海の駅「ヨコハマ ウミエキ」がコンセプトの新たな複合施設です。...
新たな客船ターミナル&商業施設「ヨコハマ ハンマーヘッド プロジェクト」がみなとみらい新港地区に!みなとみらいの新港地区に、新たな客船ターミナルが建設中です。「新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業」だったプロジェクト名も、『YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT(ヨコハマ ハンマーヘッド プロジェクト)』に決定。客船で入港してくる人たちのニーズを満たす施設ではあるものの、横浜市民のにぎわい施設としても集客を見込んでいます。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です