【公開決定】動く実物大ガンダム12/19始動★ →

【入場料無料】アソビル横浜とは?営業時間やアクセスなどフロア別まとめ[徹底解説]喫煙所あります

SPONSORED LINK

横浜駅東口側、横浜中央郵便局別館がフルリノベーションされて、新感覚のエンターテインメントコンテンツを体験できる施設「アソビル」に生まれ変わります。

新しく「アソビル」として生まれ変わる横浜中央郵便局別館写真

東口にある横浜中央郵便局の裏手ですね。
1階には複数店舗からなるグルメストリート「アソビル横丁」、4階には横浜駅周辺で一番広い室内遊び場「PuChu!(プチュウ)」、屋上にはフットサル&バスケットコートが入るなど、まさに遊びの複合施設といった感じ。

どういう施設で、どういうテナントが入るのか。

体験レポを交えながらまとめてみたのでご覧下さい。

  • 1階のグルメストリートは、横浜駅みなみ東口から高島町方面へ通り抜けが可能(通り抜け可能時間7:00〜25:00/通り抜けはペット同伴可。wacca from Hokkaidoのみペット同伴の飲食可)。
  • JR南改札&みなみ東口はエレベーターがないため、ベビーカー・車椅子の方は中央改札→東口のエレベーターを使ってアプローチして下さい。
  • 事業化に支障のない期間での暫定活用として展開していく予定。
  • 入館料無料。各フロアのコンテンツは有料。
  • ベビーカー置き場は1階。オムツ交換できる化粧室もあり。
  • 喫煙所は1階外のかたびら川側にあり。
SPONSORED LINK
目次

アソビルとは?

横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のロゴ
アソビルロゴ

横浜駅直通!わくわくドキドキする体験ができる「遊べる駅近ビル」で、アソビル自体の入場料は無料です。
フロアごとに異なるコンセプトで遊ぶことができ、フロアやイベントを利用する際にのみ料金がかかります。

気軽に立ち寄れる空間で、遊びを追求した大人たちが厳選エンターテイメント体験を提供します。

横浜駅東口のアソビル外観写真

地下1階から4階、屋上も含めた6フロアには、最新テクノロジー、ものづくり、スポーツ、キッズなどそれぞれテーマの異なる体験型コンテンツが用意されています。

■→B1階 PITCH CLUB/ピッチクラブ
“上質な大人の遊び場”をコンセプトとした アミューズメントバーラウンジ

■→1階 アソビル横丁
横浜の人気飲食店が集まる 体験型グルメフロア

■→2階 ALE-BOX/エールボックス
来るたびに進化する、ここにしかない エンタメ体験のセレクトショップ

■→3階 MONOTORY/モノトリー、STAMP HALL/スタンプホール
ものづくりの楽しさをすべての人に 毎日20ジャンル以上のハンドメイド体験
アート展、展示会、イベントなどを催せる多目的イベントホール
※追記:MONOTORYは2020年9月13日に閉店しました。

■→4階 PuChu!/プチュウ
親と子が一緒に「遊びながら学ぶ」 新たな世界に出会うキッズスペース

■→RF MULTI SPORTS COURT
フットサル、バスケットなどが出来る 横浜駅近郊のスポーツコミュニティ

それでは具体的に、フロア別に紹介していきます。

アソビルをフロア別に紹介

アソビルの1階ロビー
1階ロビー

1階ロビーのインフォメーションカウンターでは、こちらの案内をしています。
・落し物、迷子のご案内
・2階体験コンテンツチケットの販売
・各フロアの当日券販売状況のご案内

アソビル1階の受付横にある授乳ボックスとベビーカー置き場
ベビーカー置き場&授乳ボックス

ロビー奥には、ベビーカー置き場と授乳ボックスがあり、さらにその奥には、

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」専用エレベーター写真
4階専用エレベーター

4階の遊び場「プチュウ!」への専用エレベーターもあります。

関連:PuChu!(プチュウ)の体験レポ。当日券や料金、口コミ評判もまとめてみた

アソビル横浜にある喫煙所写真

1階外には喫煙所も完備。
かたびら川がある方ですね。

SPONSORED LINK

ー アソビル1階:アソビル横丁(横浜駅東口ポストストリート)

~横浜の食と音楽を楽しめるグルメストリート~
開業日:2019年3月15日(金)

アソビル1Fのポストストリートにあるポスト
POST STREET内にあるポストのモニュメント

この建物自体が、横浜中央郵便局別館なので、1階のグルメ街の名称に“ポストストリート”と名残がありつつ、ポストと手紙のオブジェもあります。

紙の封筒が舞っていると思うかもしれませんが、すべて固い鉄製?です。
これもアート。

■追記==
当地が横浜中央郵便局別館の建物であることから「横浜駅東口POST STREET」の名称でしたが、「アソビル横丁」に名称が変更したようです。
==
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリート
ダイゴミバーガー

関連:チーズが主役のチーズバーガー店「DAIGOMI BURGER」が誕生!

横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリート
野毛焼きそばセンターまるき 横浜店
横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」のグルメストリート
海鮮とせんべろ 呑りすけ

関連:1000円で最大7杯飲めるお店「海鮮とせんべろ 呑りすけ」

「DUMBO Doughnuts and Coffee (ダンボ ドーナツアンドコーヒー) アソビル店」の外観写真
DUMBO Doughnuts and Coffee アソビル店

関連:アメリカンな甘さの「ダンボドーナツ」をテイクアウトしてきた

話題性の高い店舗が集結します。

また、フロアの一角にはパフォーマンスを行えるステージが用意され、利用者は音楽ライブなどを楽しみながら食事できます。

アソビル横丁のテナント一覧
(※クリックで拡大)2020年3月の店舗構成

アソビル横丁は、横浜駅みなみ通路から東口市街地へ続く通り道としても活用できます(通り抜け可能時間7:00〜23:00)。

  1. 出汁のまるきん商店
  2. もうやんカレー横浜
  3. おでんと肴 だいきち
  4. 横濱ノ貫(へちかん)
  5. 韓兵衛 横浜東口店
  6. 野毛焼きそばセンターまるき 横浜店
  7. 焼き鳥 五tsubo
  8. 立食い鮨 鈴な凛(すずなり)
  9. 牛寿司 牛味蔵(ぎゅうみくら)
  10. 海鮮とせんべろ 呑りすけ
  11. DUMBO Doughnuts and Coffee アソビル店
  12. ゆうや 裏横
  13. DAIGOMI BURGER
  14. Laneige(ラネージュ)
  15. ASOBUILD CAFE
  16. wacca from Hokkaido(ワッカ)
  17. カメヤ食堂キッチンカー ※屋外

一般的な商業施設と異なり、営業時間は各店舗で異なります
※最新の情報は公式サイトをご確認ください。

参考:アソビル横丁公式ページ

あわせて読みたい
アソビル横丁:横浜駅東口ポストストリート!ダイゴミバーガーや丿貫新店舗など、美味しい店が勢ぞろい!
アソビル横丁:横浜駅東口ポストストリート!ダイゴミバーガーや丿貫新店舗など、美味しい店が勢ぞろい!横浜駅の、みなみ東口通路が工事で慌ただしいです。中央郵便局の裏にある別館の工事ですね。建物をフルリノベーションし、複合型エンタメビル「アソビル」が2019年3月15...

ー アソビル2階:ALE-BOX(エールボックス)

厳選されたエンタメ体験のセレクトショップ
開業日:2019年3月15日(金)

当記事内のイベントは、アソビル開業時のイベントです。現在開催中のイベントについては公式サイトでご確認下さい。

アソビル2Fのうんこミュージアムに並ぶ人たち
「うんこミュージアム」開催時の混雑

「アソビル」でしか体験できない最新のテクノロジーや、斬新なアイデアを活かしたコンテンツが楽しめる“厳選されたエンタメ体験のセレクトショップ”。

ALE-BOX(エールボックス)では、定期的にコンテンツが入れ替わることで、新鮮な体験と驚きを味わえます。

2019年3月オープン時のコンテンツ

アソビル2Fのうんこミュージアムの写真
「うんこミュージアム」の様子
(1)うんこミュージアム

開催期間:2019年3月15日(金)~7月15日(月) → 延長9月30日(月) ※終了しました。
うんこを見て、触って、撮って、遊んで、究極の“ウンターテイメント”を楽しむ、うんこをテーマにしたミュージアム。

当時の開催イベントの中ではダントツ人気でした。
2ヶ月延長したし…。

あわせて読みたい
ウンチ浴びて来た「うんこミュージアム」体験レポ。混雑するから予約がオススメ!当日券は売り切れもあり
ウンチ浴びて来た「うんこミュージアム」体験レポ。混雑するから予約がオススメ!当日券は売り切れもあり横浜駅東口(みなみ東口直通)にできた「アソビル」。今日は2Fエールボックス内の「うんこミュージアム YOKOHAMA」に行って“ウンチにまみれて来た”ので体験レポートをお...
(2)ESCAPE from The NINE ROOMS

開催期間:2019年3月15日(金)~ ※終了しました
400万人が熱狂したリアル脱出ゲームの進化版!謎を解いて連続する9つの部屋を次々に脱出し、すべての部屋からの脱出を目指す体験型ゲーム・イベント。
チケット情報など、詳細は 9rooms公式サイト まで。

(3)ハートの女王からの脱出

開催期間:2019年3月15日(金)~ ※終了しました
すべての謎を解き明かし、アリスと一緒に不思議の国から脱出せよ!
1~4名の好きな人数で行うスタンディングタイプのリアル脱出ゲーム。

(4)体験型ショートシネマギャラリー「THE STORY HOTEL」

開催期間:2019年3月15日(金)~ ※終了しました
ショートフィルムや小説のストーリーを、ゲストのアクションと組み合わせて完結させる新しいストーリー体験コンテンツ。
手紙の指示に従ってページをめくるなどのアクションを取りながら小説やショートフィルムが楽しめる体験コンテンツとなっています。
関連:鑑賞から体験へ。国内初ショートフィルムギャラリー「THE STORY HOTEL」

(5)大人気絵本の世界に入り込む「えんとつ町のプペルVR」

開催期間:2019年3月15日(金)~9月14日予定 ※終了しました
キングコング西野亮廣さん著書「えんとつ町のプペル」がVR体験となって登場。
参加者自身がアバターとなって絵本の世界に入り込み、光り輝く美しい街並みを堪能することができます。
関連:横浜駅東口のアソビルに「えんとつ町のプペルVR」が期間限定で登場!

参考:ALE-BOX公式サイト

SPONSORED LINK

ー アソビル3階:MONOTORY、STAMP HALL

MONOTORY日本最大級のものづくりワークショップスペース
 開業日:2019年3月15日(金)
STAMP HALL:イベントホール

→【追記】MONOTORYは2020年9月13日に閉店しました。

アソビル3FのMONOTORY写真

MONOTORYは、陶芸、アクセサリー、革小物、キャンドル作りなどの「ものづくりワークショップ」が毎日行われる国内最大級のハンドメイド体験フロア。

いろんなワークショップできるように、12ヶ所ものブースが設置。
→【追記】フロアが縮小されブースも減少、イベントスペース「STAMP HALL」へとレイアウト変更しています。

アソビル3FのMONOTORY写真

3Dプリンターみたいなゴツイのも何個かありました。

アソビル3FのMONOTORY写真
ワークショップスペース、モノトリーショップスペース

ワークショップスペースがあったり、おもしろい小物や個性的なものも販売されています。

アソビル3FのMONOTORY写真

疲れたらこちらラウンジでゆっくり座れます。

アソビル3FのMONOTORYラウンジ写真

このラウンジ or アソビル館内で購入した商品のみ飲食可能。

関連:国内最大級のものづくり体験マーケット「モノトリー」が誕生!

参考:MONOTORY公式サイト

ー アソビル4階:PuChu!(プチュウ)

新時代の子どものための屋内キッズパーク
開業日:2019年5月1日(水・祝)

横浜駅アソビルの遊び場「PuChu!(プチュウ)」のスライダー写真

PuChu!(プチュウ)」は、新時代の子どものための屋内キッズパーク。ポストAI時代に必須の「センス」「感性」「知性」を遊びながらに学べる、をコンセプトに設計されています。

旅するように自由に、好奇心のおもむくままに遊んでいくことで、自然と脳・体・心が刺激され、子どもたちの小さな(プチ)宇宙(ウチュウ) ~無限の可能性や創造力~ が花開いていきます。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のフロア内

宇宙をイメージしたキッズパークは、テーマの異なる7つの星と4つのゾーンの計11個のプレイエリアで構成されています。

横浜駅のアソビル4Fにできたキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」のトイレ写真
施設内プチュウ専用トイレ

また施設内には、トイレやオムツ交換&授乳スペースもあるので小さい子を連れていても安心です。
粉ミルクの販売もしています(プチュウ利用者に限ります)。

あわせて読みたい
横浜駅アソビル「PuChu!(プチュウ)」の体験レポ。当日券や料金、口コミ評判もまとめてみた
横浜駅アソビル「PuChu!(プチュウ)」の体験レポ。当日券や料金、口コミ評判もまとめてみた楽しそうな遊び場を見つけたら息子と遊び倒している1201(@1201yokohama)です。今回は横浜駅みなみ東口直通の新しい体感型エンターテイメント施設「アソビル」の4階に...

参考:PuChu!公式サイト

ー アソビル屋上:MULTI SPORTS COURT(マルチスポーツコート)

フットサル、バスケットのコートがそれぞれ1面ずつとれるビル屋上のスポーツコート
開業日:2019年3月15日(金)

屋上の「マルチスポーツコート」は、フットサル、バスケットのコートがそれぞれ1面ずつとれるビル屋上のスポーツコート。

アソビルの屋上、MULTI SPORTS COURT
フットサルコート

元プロ野球選手が教える野球教室をはじめ、一流アスリートによるスクールやイベントを積極的に開催。

アソビルの屋上、MULTI SPORTS COURT
バスケットコート

その他、コートの貸切利用や、バブルサッカーやアーチェリーハントなどのファンスポーツイベントも開催予定。

コートの左側には「かけっこエリア」もあります。

アソビルの屋上から見える横浜駅

横浜駅が丸見え。
景色もいい。

  1. バスケットコート
  2. フットサルコート
  3. かけっこエリア
  4. 観戦エリア
  5. 待機エリア

かけっこエリアが地味に気になる。

HERO’S ACADEMY

野球・フットボール・バスケットなど様々なスポーツを、現役の一流アスリートや元プロの選手などで行うスクールブランド。

コート利用

バスケットコートや、フットボールコートの利用もでき、バブルサッカーやアーチェリーハントなどの最新アクティビティも楽しめます。

個人参加

いつでも簡単に参加できる個人参加型プログラム。
その場に集まった人達でチームに分かれ、試合を楽しむ形になっています。
個人参加の個サルと3on3のチーム参加型バスケットの2つのプランをご用意。

ただしこの屋上、

アソビル4Fの施設写真

古い建物の構造上、4階までエレベーターで行って、そこからは階段でしか上がれません。

参考:MULTI SPORTS COURT公式サイト

ー アソビル地下1階:PITCH CLUB(ピッチクラブ)

“上質な大人の遊び場”をコンセプトとしたアミューズメントバーラウンジ
開業日:2019年4月5日(金)
※プレオープン期間:2019年3月15日(金)〜4月4日(木)

横浜駅直通のエンタメビ「アソビル」B1Fにできる「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」の画像
(引用:プレスリリースより)

“上質な大人の遊び場”をコンセプトとしたアミューズメントバーラウンジ。

横浜駅直通のエンタメビ「アソビル」B1Fにできる「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」の画像
(引用:プレスリリースより)

様々なアートが飾られたラグジュアリーな空間で、日本屈指のバーテンダーが監修したカクテルや、横浜で造られたワインなどを楽しめます。

横浜駅直通のエンタメビ「アソビル」B1Fにできる「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」の画像
(引用:プレスリリースより)

国内唯一の特注“ピンク”ビリヤード台。

横浜駅直通のエンタメビ「アソビル」B1Fにできる「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」の画像
(引用:プレスリリースより)

欧州で話題沸騰の水タバコ「SHISHA BUCKS」。

大人が楽しめるハイセンスなアソビを通して、同行者とより親密なコミュニケーションをとることができます。

  1. ステージ
  2. スタンディングエリア
  3. バーカウンター
  4. 個室
  5. ソファー席

関連:アソビルB1F「ピッチクラブ」誕生!大人のアミューズメントバーラウンジ

オムツ交換できる多目的トイレ(1F)

自由に使えるトイレは1階と3階のみ。
(4階トイレは「プチュウ」入場者のみ利用できます)。

そしてオムツ交換ができる多目的トイレは1階にあります。

アソビル1Fの施設写真
1階ロビーの奥

1階ロビー奥へ進むと、男女トイレと多目的トイレがあります。

アソビル1Fの施設写真

オムツ交換台もオムツごみ箱も完備しています。
すぐ横に水道があるのはありがたい。

アソビル1Fの施設写真

トイレもどんどん進化する。と実感。

授乳施設は、1階ロビー横に完全個室型の授乳ボックスがあります。

アソビルのアクセス・営業時間

アソビル施設自体への入館は無料です。
各フロアのコンテンツを利用する際にお金がかかります。

アソビルのアクセスマップ
(引用:アソビル公式サイト)

入口は2ヶ所。
横浜駅みなみ東口&東口から、通路を通ってアクセス。
万里橋方面から帷子川(かたびらがわ)沿い入口からアクセス。

横浜駅方面から車椅子・ベビーカーで行く方は、みなみ東口は階段になっているので、東口のエレベーターをお使い下さい。
(ベビーカーをかつぐぜ!という方なら大丈夫です)

あわせて読みたい
横浜駅からアソビルの行き方。ベビーカーや車椅子のアクセス方法も
横浜駅からアソビルの行き方。ベビーカーや車椅子のアクセス方法も3月のオープン以来、連日の人気が続く横浜駅の新しい体験型エンタメ施設「アソビル」ですが、横浜駅からのアクセスについて何度か問い合わせとかをいただいたのでアクセ...
SPONSORED LINK

アソビルの営業時間

全館営業時間: 10:00-22:00(フロアによって異なります)

RF営業時間: 7:00-23:00
4F営業時間: 全日10:00-17:30 ※最終受付:全日16:00まで
3F営業時間: 10:00-19:00(土、日、祝日は21:00まで) ※
2F営業時間: 10:00-22:00
1F飲食店フロア営業時間: 11:00-24:00 ※
1Fインフォメーション営業時間: 10:00-20:00
B1F
●Cafe営業時間
14:00~17:00 (土)
※長期休暇(夏休み等)については、平日カフェ稼働する場合があります
●BAR営業時間
18:00 – 00:00 (金・土)
フロア貸切・個室のご予約 | 毎日

※営業時間/ラストオーダーは店舗により異なります。詳細についてはSHOPSをご覧ください。
※1F通路の通り抜け可能時間は7:00-25:00です。
※3Fは事前予約者に限り、10時開催のワークショップに9:50から入場可能。また、終了時間も予約したワークショップに準じます。

アソビルまとめ

もともと横浜駅東口中央郵便局別館という古い建物をフルリノベーションしているので、内装は新しいけれど構造的に狭かったり古かったり階段が急だったりという面もあります(しょうがないですけれどね)。広いわけじゃないので混雑感がより増します。

春休み、ゴールデンウィーク、夏休みになるともっと混雑します。
特に2階イベントの中で人気コンテンツは、当日券が早い段階で売り切れたりもするので、可能な限り事前予約がおすすめです。
 

ちなみにアソビル1階外には喫煙所がありますが、

横浜駅東口の喫煙スペース
写真左側の囲いがあるところが喫煙所

横浜駅東口外の1階(郵便局正面の向かい)にも喫煙スペースがあります。

最近は本当に喫煙できる場所が減りましたよね。
元喫煙者なだけにお気持ちお察しします…。

アソビルの求人情報

アソビルの施設全体で募集をしている求人サイトのリンクです。 新規募集があればクリックした先に一覧表示されます。

アソビルの求人を見る【タウンワーク】

アソビル
住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9 アソビル(Googleマップで見る
最寄駅:●各線 横浜駅みなみ東口通路から直通/●各線 横浜駅東口から徒歩2分
駐車場:なし
URL:https://asobuild.com/
SPONSORED LINK

コメント

コメント一覧 (3件)

  • ペット同伴可とはどこまでOKなのでしょうか?
    入れない所もあるのでしょうか?

    • 1Fのポストストリートのみペット同伴可と書いてあったので、各飲食店舗内を除く通路と勝手に思っていました(;^ω^)
      たしかにどこまでOKなのか…ですね。
      疑問に思ったので問い合わせてみました。また返答があれば追記します(*´ω`*)

      盲導犬や介助犬に関しては、他フロアも可能なようです。

    • こんにちは!
      ペット同伴では、1Fの通り抜けが可能ということでした。
      またwacca from Hokkaidoというお店のみ、ペット同伴での飲食もOKだそうです!

1201 へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる