SPONSORED LINK
おすすめのサービス

『ベイバイク』が本牧エリアに本格展開!登録者数も9万人を突破で、利用回数も1日約1500回

2018年18月から本牧・新山下エリアにサイクルポートの設置を進めている横浜市のシェアサイクル『ベイバイク』。2月にはイオン本牧店前にも設置が完了し、本牧方面での事業が本格的に展開されています。

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を見据えて、事業期間を2022年3月31日まで3年間延長することも決まりました。

横浜のシェア自転車「ベイバイク」。Suicaでピッとレンタルできてオススメですよ横浜のベイエリアでは、『横浜コミュニティサイクル「baybike」』なるものがサービス展開されています。仕掛け人はドコモ。月額プランや法人会員プラン、観光客向けの1日利用プラン(30くりパス)などありますが、当ブログではその都度利用(1回会員)について書いてみます。...
SPONSORED LINK

本牧方面のサイクルポートマップ

新たに本牧方面に追加されたベイバイクのサイクルポート

マップ上の赤印が、2月に新たに設置されたイオン本牧店前のサイクルポート。

【83】NTT本牧ビル
中区新山下3-13-6(5台)

【84】美濃屋あられ製造本舗
中区小港町1-6(4台)

【85】MEGAドン・キホーテ港山下総本店
中区新山下1-2-8(9台)

【86】HONMOKU BASE
中区本牧町1-9(4台)

【87】本牧神社
中区本牧和田19(6台)

【89】イオン本牧店前 NEW
中区本牧原7-1 地先(10台)

ベイバイク:イオン本牧店前

新たに本牧方面に追加されたベイバイクのサイクルポート

10台分のポートが設置されたようです。
2月時点でサイクルポート番号が「92」まで作られているので、だいぶ拡大しましたね!僕が知ったころは50番台くらいまでしかなかった記憶。

ベイバイク利用状況

2014年の本格実施開始から5年が経ち、事業規模・利用回数・会員登録者数ともに大幅増加しています。

2014年4月2019年12月
ポート数34ヶ所74ヶ所
エリア約2.7㎢約6.8㎢
自転車数400台770台
利用回数約500回/日約1500回/日
登録者数約2万人約9万人

なお、この「ベイバイク」事業については、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を見据えて、事業期間を2022年3月31日まで3年間延長し、引き続き、ポートの増設などさらなるサービスの向上を図っていきます。

SPONSORED LINK

まとめ

本牧方面への移動手段増は純粋に嬉しい。
でもこのベイバイクが期間限定事業だったことを初めて知りました。そうだったのか。2022年まで延長になったものの、順調ならさらに延長されるのかな。

とても便利でよく使っています。
唯一の難点は“夜10時までしか使えない”こと。もっと遅くまで使えればなぁ…と思うことも幾度かあり。夜中の対応となると難しいのかなぁ。

公式サイト→ 横浜コミュニティサイクル baybike[ベイバイク]

横浜のシェア自転車「ベイバイク」。Suicaでピッとレンタルできてオススメですよ横浜のベイエリアでは、『横浜コミュニティサイクル「baybike」』なるものがサービス展開されています。仕掛け人はドコモ。月額プランや法人会員プラン、観光客向けの1日利用プラン(30くりパス)などありますが、当ブログではその都度利用(1回会員)について書いてみます。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です