SPONSORED LINK
横浜の歴史

【2019年1月情報】横浜市の人口推移。少子化なのに増え続ける人口

横浜の人口2019のアイキャッチ画像

政令指定都市でもあり、全国の市町村の中で最も人口が多いと言われている神奈川県横浜市。日本全体で少子化の印象が強く人口も微減していますが、横浜市では微増だけれど人口が増えています。

横浜市の人口:2019年1月時点

人口数の順番に並んでいます。

  1. 港北区・・・351,448人
  2. 青葉区・・・309,893人
  3. 鶴見区・・・291,191人
  4. 戸塚区・・・279,219人
  5. 旭区・・・245,727人
  6. 神奈川区・・・243,324人
  7. 港南区・・・213,891人
  8. 都筑区・・・211,550人
  9. 保土ケ谷区・・・205,577人
  10. 金沢区・・・199,034人
  11. 南区・・・195,342人
  12. 緑区・・・181,582人
  13. 磯子区・・・166,607人
  14. 泉区・・・152,296人
  15. 中区・・・149,168人
  16. 瀬谷区・・・122,647人
  17. 栄区・・・120,048人
  18. 西区・・・102,400人
  19. 横浜市合計・・・3,740,944人

やはり住宅街が強いですね。

SPONSORED LINK

横浜市の人口:昨年との比較

2018年1月 世帯数:1,674,601人口総数:3,733,084
2019年1月 世帯数:1,692,610(+18,009)、人口総数:3,740,944人(+7,860人)

1年間で7,860人も増えたって単純に考えるとすごいな。
ちなみに区で言うと、一番増えたのは+2,711人の港北区、一番減ったのは-999人の金沢区。

横浜市の人口:過去の推移

横浜市の人口推移グラフ(※クリックで拡大)
  • 1920年・・・422,938人
  • 1930年・・・620,306人
  • 1940年・・・968,091人
  • 1950年・・・951,189人
  • 1960年・・・1,375,710人
  • 1970年・・・2,238,264人
  • 1980年・・・2,773,674人
  • 1990年・・・3,220,350人
  • 2000年・・・3,426,056人
  • 2010年・・・3,691,693人
  • 2019年・・・3,740,944人

横浜市の人口:まとめ

2019年~2021年は、みなとみらいの再開発ラッシュがどんどん完成して各企業が動き始めます。それにつれて他県から引っ越してくる人も多いと思うので、少なくとも2021年あたりまでは増え続けるんじゃないかなぁ。

あと相鉄・JR直通線&相鉄・東急直通線の影響で、沿線居住者が増える可能性も。特に羽沢横浜国大駅が新設される羽沢エリアは注目ですね。

世帯数と人口は、平成27年国勢調査結果(確定値)を基礎とし、住民基本台帳法及び戸籍法の定める届出等の増減を加減して推計しています。

参考:横浜市統計ポータルサイト

横浜駅・みなとみらい・北仲通地区の再開発マップはコチラ
みなとみらいの再開発写真一覧
横浜みなとみらい周辺の再開発マップ[横浜駅・北仲通・みなとみらい]横浜駅・みなとみらい21地区・横浜北仲通地区周辺では、宿泊施設、オフィスビル、商業施設、コンサートホールを中心に、さまざまな再開発事業がいたるところで行われています。そんな新店・再開発状況を地図で分かりやすくエリア分けしてみました。...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です